2012年04月27日

蔓延する遺族脳の恐怖

京都10人死傷事故 教頭が被害者の携帯番号教える


 京都府亀岡市で集団登校中の児童らの列に軽乗用車が突っ込み10人が死傷した事故で、亀岡市教育委員会は26日、事故で亡くなった松村幸姫さん(26)の携帯電話番号を、児童が通っていた安詳小の教頭が容疑者の少年(18)=自動車運転過失致死傷容疑などで送検=の親族に伝えていたことを明らかにした。教頭は「私の大変なミスでご迷惑をお掛けした。被害者の方につらい思いをさせ反省している」と謝罪した。



 被害者全員分の住所や名前などは、亀岡署員が少年の父親らに書面で渡していたが、松村さんの自宅や携帯の電話番号はなかった。これまで父親らは、警察ではない人物から携帯番号を聞いたと説明していた。



 市教委によると、教頭の教え子の保護者に少年の親族がいた。親族から葬儀の日程や連絡先を教えてほしいと頼まれた教頭は、松村さんの女児が入学前に提出した書類にあった携帯番号を教えた。少年の父親は取材に応じ、警察などから連絡先を聞き、遺族に電話したことを謝罪。父親は「遺族の気持ちに配慮を欠いた行動で申し訳ない」と述べた。

2012年4月27日 スポニチ


まあ、世間では遺族に対する謝罪の大切さについて強調されるのが常ですが、謝罪は素早い対処が鉄則です。しかし考えてみればこのような場合には被害者の個人情報について誰かに教えてもらわなければ謝りにいくことすら出来ないわけですから、聞けば教えてくれるだろうと思った親父さんの判断はある意味で的確であったと言うことが出来るでしょう。謝罪すると遺族としては取りあえず怒るに決まっていますから、この親父さんのように二重の謝罪をするのもお決まりです。

しかしだからといってオマワリさんやセンセイ様が、実際に教えてしまって良いことにはなりません。どうもこの人たちはお役人様としての自覚に欠ける様です。お役人様は世間のバカ共と同じことを考えていてはいけません。

実際にはこのような場合の「謝罪」は不可能なのです。不可能なことが要求されているように見えますが、それは不可能なことをしなかったことで闇雲に相手を避難しようという趣旨です。アタマがスポンジ状に軽快な人はそれですっかり騙されてしまい、「厳罰化」を叫んだりするわけですが、それは愚かなパンピーに対する仕掛けなんですから、お役人様が一緒になって「親父さんは謝罪に赴くべきであり、それは良いことなんだから協力すべきだ」などと考える必要はないのです。

まあ考えてみれば、上層部がマスゴミ屋なんかを使って仕掛けをするとして、それをお役人様の下々まで一々通知し、周知徹底をはかるというワケにもいきません。オマワリさんやセンセイ様については、知らされていなかったんですから「常識で判断した」としても仕方がないことで、連中を批判するのもどうかと思われます。

もっとも、謝罪だ反省だと喚き立てる「世間」はどうもオカシイんじゃないか、と考える「常識」を具備しているのがまともな人間である、とお考えになる向きもいらっしゃるでしょうし、そこから言えばオマワリさんやセンセイ様のやったことはやはり適正な判断を欠いたものであって、そんな事をした人は批判されるべきだということになるでしょう。しかしオマワリさんや教頭にまで出世したセンセイ様にそんな「まとも」な判断を求めるのは、それこそ「不可能な要求」です。


posted by 珍風 at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。