2012年05月28日

日本人は日本から出て行け

will1206.jpg


ネトウヨコンテクストに依存している、てゆーかこっちが本家なんじゃないかという気もしないではありません。自民党の起死回生の一手であると申し上げて良いでしょう。城内さんもそろそろ復帰なさるご様子です。

勿論この手が通じる環境というものがあって、それも主に自民党が作り出して来たものですから、ここまで最初から考えてやっていたと言うのであれば大したものですが、それはどうだか分からないとはいえ、2006年以降、遅くとも2009年には自民党は「ネトウヨ」で行く、という方針が見えていた様です。これは自民党が「ネトウヨ」レベルにまで堕落したわけではなかったわけです。ビンボー人が自民党レベルまでバカになっただけです。

可哀想なのは例によって民主党のお人好し諸君でありまして、またもや自民党のケツ拭きです。「扶養義務」がどうたらこうたらと言っている様ですが、そんな「義務」を果たすことが可能な人がそもそもいません。それこそ芸能人などの例外を除けば、生活保護の受給を申請するような人の親戚はどうせビンボーなのですから、実際のところ「扶養義務」などはお題目に過ぎなかったところ、最近では自民党の政治の御陰さまをもちまして下々のお金はとっくに吸い上げてしまった後なのです。

したがって仮に「在日」を全員追い出したところで生活保護に使うべき税金は増え続けることになるわけですが、ビンボー人に喰わせるタンメンはねぇ、というのが自民党でも民主党でも大連立でも何でも政府の一貫した態度です。出来ることといえば申請をしにくくすることによって餓え死にする前に自殺してもらう、というくらいのことなのです。

お金持ちの方からもう少し税金を頂くことにしてはどうかという意見もありますが、そういうことをすると富裕層は国外に去っていくそうです。都合のいい時だけ日本にいる、都合が悪くなったら出て行くということなら、そういう連中の方がよっぽど「在日」でありましょう。今のところ彼等は「在日」という状態にあるというだけなんです。というわけで、「在日」が悪い、「在日」のせいだ、「在日」を追い出せ、「在日」を頃そう、という御意見も、「在日日本人」に関してはさほど間違ってはいないのかも知れません。


posted by 珍風 at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。