2012年05月31日

限定核戦争における暫定的死亡

大飯再稼働を事実上容認 関西広域連合、慎重姿勢を軌道修正


 関西広域連合は30日、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働について、条件付きで政府に最終判断を委ねる声明を発表、これまでの慎重姿勢を軌道修正し再稼働を目指す政府方針を事実上容認した。

 鳥取県伯耆町で開いた会合後、連合長の井戸敏三兵庫県知事は記者団に「政府が出した判断は受け止める。再稼働を期間限定にするかは政府の判断だ」と表明した。

 これを受け政府は、再稼働をめぐる野田佳彦首相と関係3閣僚による協議を同日夜、首相官邸で開催した。これに先立ち、藤村修官房長官は記者会見で、同連合の理解を得られつつあるとの認識を示した。

 福井県の西川一誠知事は「首相が国民に明確な責任ある見解を述べることが重要だ」とするコメントを出した。おおい町の時岡忍町長は「何も聞いていないのでコメントできない」と述べた。

 関西広域連合の声明は、原子力規制庁など新たな規制機関が発足しておらず、政府の安全基準も暫定的だと指摘した上で「政府の安全判断が暫定的だということを前提に、限定的なものとして適切な判断をするよう強く求める」と明記。大飯原発の立地県である福井県がこれまで安全管理組織などを設置してきたことにも触れ「関西の現在の発展は、こうした取り組みがなければあり得なかった」と評価した。

2012年5月30日 中国新聞


「関西連合」というなんだかおっかなそうな人たちは、電力需要の多い時に「限定的」に核発電を稼働することを認めた様です。もちろん「安全基準」は「暫定的」なので、仮に「限定」しているその時に何かがあった場合にはあらえっさっさであります。

まあ個別には「そんなつもりはない」とか言っている様ですが、後で批判されることを怖れて言い訳をしているだけでしょう。もちろん何もなければ言い訳も必要でしょうが、何かあったら言い訳をする人がいなかったり、言い訳を聞く人がいなかったりするんですから、要するにどっちにしろ安心です。結果オーライ、結果が悪くてもそれなりにオーライです。

「安全基準」が「暫定的」なのに電力需要によって「限定的」に稼働するとするならば、電力需要が多い時には地震が起こる可能性が低い、ということでなければなりません。僕なんかには全然わかんないのですが、多分そうなんでしょう。夏の暑い時には地震が起きないのです。起こりっこありません。金輪際全くそんな事は微塵も全然これっぽっちもないのです。

そうでなければ「限定」する意味がないんですから、恐らくそういうことになっているものと思われます。核物理学は神秘の領域です。ミクロとマクロが照応し、東洋と西洋の知性が出会い、デタラメといい加減が幅を利かせるこの「世界」の有りようを見極めるには、外側から傍観していたのでは何も理解することは出来ないのです。むしろ深いコミットメントが必要なのであり、お金を貰ったりするようにしてその世界に参入することが不可欠であるといえましょう。幸いにして僕などはそのような世界への参入を認められていないようですが。

そこへいくと細野さんなどは残念ながら近代主義に捕らわれていると言わざるを得ません。「この原子力の安全ということに関しては、もはやですね、万全というのはあり得ないと。常に、新しい知見に基づいて、新しいさまざまな対応をし、常に高いレベルを目指していく」んだそうです。気をつけなければならないのは「新しい知見」のたびに人が死んだりするということなんですが、そーゆーことを気にしていては科学は進歩しないのです。まったくこんな人とオマンコしていたなんて、山本モナさんは何を考えていたのか知りませんが、それは「古い知見」なんでどうかひとつお見逃しを頂きたいものであります。

まあどっちがどっちにとって「古い知見」なのか知りませんが、そういうわけで「関西連合」は「安全基準が暫定的であることを前提に」リスクの顕在化を「前提」としつつも、もし事故が起こった時には、それは「限定」を超えてしまっていたからだ、と言えるような、そんな都合の良い立場を確保しようとしています。無責任といえば無責任ですが、人が無責任になりうるのは責任のある立場にいる時だけなのです。そして「関西連合」の感じている責任といえば、藤村さんが「理解を得られつつある」と言えるような、そんな「理解」を与えることなのであって、住民に対する何かその健康な生存を確保するとかそういうことではありません。住民なんか全員死滅したって、「関西の発展」には何の差し支えもないのです。


posted by 珍風 at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。