2012年06月05日

民間の米軍人に殺されるッ

自民の小泉進次郎氏「首相の覚悟見えない」「言葉はかっこいいけどお顔がヘン」


 自民党の小泉進次郎青年局長は4日、党会合でのあいさつで、防衛相に民間の森本敏拓殖大大学院教授の起用を決めた内閣再改造について「本気になって来たな、首相の覚悟だ、というものが見えて然るべきなのに見えない」と批判した。

 その上で「一連の言葉、行動見ると、首相自身は国民に覚悟が伝わっていると勘違いしているのではないか」と指摘。首相が民主党の小沢一郎元代表との会談に際し、「乾坤一擲」「一期一会」と四字熟語を使って意気込みを示したことに関し、「首相が四文字熟語を使ったときは、言葉はかっこいいけど、行動が伴わない」と断じた。

2012年6月4日 産經新聞


さすが、と思えるのは自分が「四字熟語」を使ってしまわないように「四字熟語」を「四文字熟語」と言ったことですが、それだけです。まあ、青年局所はこんなもんでしょう。親の七光りでその発言が報道される事も多いわけですが、いかんせん中身がないのも親譲りです。しかし野田ブーはこんな事にメゲるわけではありません。アビルルビに褒めてもらったので嬉しくて仕方がない。


森本敏新防衛相 窮余の奇策 鳩菅路線からの脱皮


 野田佳彦首相は第2次改造内閣で、防衛相に拓殖大大学院の森本敏教授を据えた。民間とはいえ防衛や安全保障に精通した森本氏の起用は慧(けい)眼(がん)であり、中国、北朝鮮、ロシア−と日本を取り巻く苛烈な国際環境への対応を考えるとまさしく適材だといえる。

 「安全保障分野のわが国の第一人者だ。国民への情報発信にも万全を期してもらえる」。首相は4日の記者会見で森本氏の起用についてこう胸を張った。

 ただ、これまで首相は防衛・安保をとことん軽視しているとしか思えない防衛相人事を行ってきた。

 最初に起用した防衛相は「安全保障の素人」を自認する一川保夫氏。その一川氏が参院で問責決議を受けると、次は誰もが「ド素人」と認める田中直紀氏を抜(ばっ)擢(てき)し、またも問責決議を招いた。外交・安保音痴の鳩山由紀夫、菅直人両元首相の轍(てつ)をわざと踏んだかにみえる。諸外国に付け入られても仕方あるまい。

 一方、森本氏は民主党政権の外交・安保政策を厳しく批判してきた。

 「鳩山、菅両政権の外交・安全保障政策はまるではっきりしなかった」

 森本氏は昨年9月の本紙正論欄でこう断じた。鳩山内閣による海上自衛隊のインド洋での補給活動撤退や、菅内閣による沖縄・尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件の対応−も批判。菅氏が東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の際、安全保障会議を開かなかったことも「危機管理のセンスもない」と切り捨てた。

 野田内閣にも手加減はない。北朝鮮による長距離弾道ミサイル発射時の情報発信の遅れについて森本氏は「不適切だ」と批判した。

 それを承知で森本氏を起用したのは、民主党の人材が払底し「万策尽きての窮余の奇策」だろう。とはいえ、世界に「鳩菅路線から脱皮した」とのメッセージが伝わる効果は大きい。

 森本氏は首相から電話で就任を打診された際、「とても私は器ではない」と断った。それでも首相は「今回の改造は人心一新の意味も強く含まれるのでぜひ」と食い下がり、最後は森本氏が折れたという。

 首相も民主党政権の防衛・安保に対する不真面目な姿勢を心から反省したのではないか。「さすが自衛官の倅(せがれ)」と今はほめたい。

 ただ、森本氏は政治家ではない。文民統制(シビリアンコントロール)の原則からは何の問題もないが、民間人に防衛・安保に関する政治決断を強いることには与野党に異論がある。

 「自衛隊の最高指揮官は首相だ。指揮監督権はきちっとしているし、その点は全く心配はない」

 首相は4日に森本氏を官邸に呼び込んだ際、こう語った。自分が最高指揮官だと知らなかった菅氏よりはましだといえるが、それだけでは済まない。

 「国会議員ではないパンティを背負いながら防衛の仕事に専念したい」

 森本氏は自らの重責をこう表現した。それを承知で任命した以上、首相は全力で支え、いざという時は全ての責任を負わねばならない。(阿比留瑠比)

2012年6月5日 産經新聞


「自衛官の倅(せがれ)」のどこが偉いのかちっとも分からないわけですが、「自衛隊の最高指揮官は首相だ」そうで、しかしこれは要するに誰でもいいと言っているようにも聞こえるわけで、まあ、民間人の起用そのものも「防衛・安保をとことん軽視しているとしか思えない防衛相人事」であると評される可能性がないわけではありません。もっとも家鴨さんはそんな事に頓着せず、自分の勝手な好き嫌いで仕事をすることにしているので今回の人事を極めて高く評価している様子です。

森本さんによれば「我が国は戦後、米国との同盟関係を選択して経済発展にその資産を投入し、国家の安定と繁栄を確保してきた」んだそうで、まあそういう誤った歴史観を持ってそこらをウロウロしていたわけです。実際のところは「我が国」が「米国との同盟関係」を「選択」したわけではありません。負けたくせにそんな生意気な事を言えるはずもなく、「米国との従属関係」を、カッコ悪いんで「同盟関係」と呼ぶ事を特別に許してもらっている身であり、まあ「名誉白人」みたいなもんです。

そんなわけですから「世界に」「メッセージが伝わる」かどうか知りませんが、「世界」が日本政府の防衛相人事から何らかの事新しい「メッセージ」を期待しているかどうかは定かではありません。てゆーか「世界」が日本を、どうせアメリカのフンみたいなもんでしょ、とでも思っているとするならば、そもそも情報に変更がないわけですから「メッセージ」そのものが発生していません。

まあ家鴨さんの事ですから「世界」というのはアメリカの事です。アメリカ以外の世界各国の事は「諸外国」と書くようにしている様です。同様に「鳩菅路線」とは米軍基地の国外移転の事なんですが、そういう意味では「メッセージが伝わる」かも知れません。もっとも辺野古移転の押しつけは「自由と民主主義」の大義名分を例によって行動で裏切る「イラク戦争」に劣らぬ「歴史的過誤」に他なりません。森本さんによればそんな事をすると「反米主義の広がりをもたら」すことになるんだそうですが、肝心のアメリカは「反米主義」のことなどあまり気にしていません、てゆーか他所の国に侵入して「反米」を暗殺してしまうなどの余裕のない対応が目立つところです。

そこへいくと何といっても日本は「同盟」です。その意味は「反米主義」への対処を任せてもらっているということなんで、日本では「防衛」というのはその意味に他なりません。だからこそ「民間」の起用が問題視されるわけで、「民」が「民」に銃口を向けられるだろうか、という心配が一部には存在します。もっとも森本さんの場合は「民間とはいえ」元軍人ですし、しかも御陀仏大学で洗脳された「アメリカ人」ですから、その点全く心配はないのではないかという心配をせざるを得ないのでした。森本さんの御言葉は
http://www.office-morimoto.net/eye


posted by 珍風 at 07:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。