2012年06月26日

心漢意唐心空

首相、造反阻止に「最後まで責任果たす」 衆院特別委


 野田佳彦首相は25日午前の衆院消費増税関連特別委員会で、消費増税関連法案に対する民主党内の造反の動きについて「まだ採決までに時間がある。全員一致して対応できるよう、最後の最後まで自分の責任を果たしたい」と述べ、法案の採決直前まで説得に努める考えを示した。

 同法案について「党の方針として決定した。まさに党議だ」と改めて指摘。26日に見込まれる衆院本会議の採決では党議拘束がかかるという考えを強調した。

 一方、民主党マニフェストとの関係では「(消費増税)法案提出を明確にしていなかったことはおわびする」と述べたうえで、「社会保障は国民生活に直結する。国民生活が第一というマニフェストの理念の根幹に関わる」と社会保障との一体改革にからめて釈明。新年金制度創設や後期高齢者医療制度廃止は「旗は降ろしていない。(超党派の)国民会議で理解を得るべく努力する」と語った。

 また、今年度の補正予算案については「経済をしっかりさせることが消費税を引き上げる際の大きな環境整備だ。弾力的に対応しないといけない」と編成に意欲を示したが、時期や規模には触れなかった。衆院解散の時期については「参院の審議、そのほかやらないといけないことをやりぬいた暁に国民の信を問うことが基本線だ」と述べた。

 25日午前の特別委理事会では、26日に消費増税関連法案を採決することを民主、自民、公明3党で決めた。3党などの賛成で可決される見通し。

2012年6月25日 asahi.com


なんか言い訳してるみたいですが、アレは「社会保障との一体改革」でも何でもないので「マニフェストの理念の根幹」とは無関係です。まあ「根幹に関わる」と言えば確かに「関わる」わけですが、それは野田さんが言うのとは逆の意味です。とにかく「マニフェスト」においては法案を提出しないことが「明確」だったんですから今さら屁理屈をこねてもみっともないだけですから止したほうがいい。

それでも確かに野田さんは「責任」は果たした、てゆーか果たそうとした、てゆーかやれと言われたことはやっているんですから、それは評価してあげたいものです。ちゃんと仕事してますよ。

小沢元代表:「妻の手紙」出回る 民主議員らに大量郵送


 東京・永田町にある衆参両院議員の議員会館事務所に、民主党の小沢一郎元代表の妻和子さんが書いたとされる手紙のコピーが大量に郵送されていることが分かった。この手紙は14日発売の「週刊文春」が掲載。東京電力福島第1原発事故で「小沢は放射能が怖くて逃げ出した」などとの記述がある。

 文書が届いたのは、民主党のほとんどの衆院議員と、一部の参院議員。野党議員の一部にも届いた。受け取った議員事務所によると、11枚の便箋のコピーだけが白い封筒に入っていた。差出人の名前はなく、消印は20日で、東京都内の「本所」「浅草」「神田」など。消費増税法案の衆院本会議での採決は26日に先送りされたが、20日は当初の採決日が迫っていた時期だった。

2012年6月22日 毎日


AwF1cxKCIAEWk_C.jpg-large.jpeg
折角の「小澤和子」さん「直筆」の「手紙」もこういう使い方をされては台無しであります。これではまるで「ニセモノ」のようではありませんか。

photo.jpg
何が「本物」で何が「ニセモノ」か分からない世の中ですが、残念なことに「ニセモノ」の方が書き慣れているような感じであります。別に「本物」は字が下手だとかいう積もりはありませんが、「ニセモノ」がいわばプロの字であると言えるでしょう。ヘンに「本物」の筆跡に似せようとしている所を除けばペン習字の教科書にしても良いくらいです。

miko_com08.jpg
美子ちゃんは「80年の歴史」がバックについているので侮れません。「美しい手書きの文字」には「心がこもって」いるんだそうです。今どきそんなことを言うような人もいないと思いますが、ある種の下司な界隈では言わないこともありませんから、履歴書を書いたりして誰かを騙さなければならない人は日ペンに相談だ。いずれにしても、そんな「手書きの文字」に「こもって」いる、というのはつまり何かこうハッキリしない、そんな「心」がキーワードみたいですよ。

首相「一致結束、心から心から心からお願い」


 消費税率引き上げ関連法案を柱とする一体改革関連法案の衆院採決を翌日に控えて、民主党は25日夕、国会内で臨時代議士会を開いた。

 野田首相は「しっかりと結論を出すこと、苦しくても国民にご説明をし、ご賛同を得る政治をぜひ実現したいと思う。私を、執行部をぜひ信頼していただき、一致結束して、みなで力を合わせて法案通過に向けてご支援ご賛同を賜るよう心から心から心からお願いしたい」と訴えた。

2012年6月25日 讀賣新聞


あんまり言ってると「心」が「空」になっちゃいますが、アタマもカラです。しかしながらちゃんと3回言っているのは勿論、「自民党」「公明党」「民主党」それぞれの分です。野田さんはこの3党を代表しているんですから、何でも3回言わなければならないわけですが、とにかく野田さんは「国難から逃げるのではなく」国難を呼び寄せちゃうのでした。それにしてもどうやって小沢さんをして京都から出馬させるつもりなのか見当もつかないわけですが。


posted by 珍風 at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。