2012年07月18日

更に人手不足でこの暑いのにホントにもう

電力社員の意見表明認めず=「疑念生じさせるな」と首相指示―エネ政策の聴取会


 政府が主催する将来のエネルギー政策に関する意見聴取会で電力会社社員が原発推進の意見を述べた問題で、政府は17日、電力会社や関連会社の社員による意見表明を認めない方針を決めた。野田佳彦首相が、首相官邸を訪ねた古川元久国家戦略担当相に「聴取会に対するいささかの疑念も生じさせてはいけない」と指示した。

 聴取会で意見表明する人は、申込者からコンピューターで抽選している。22日に札幌、大阪両市で開く次回聴取会からは、当選段階で確認し、電力会社などの社員の場合は参加を断る。参加を受け付けるホームページなどで、団体組織ではなく個人として意見を述べるよう要請する。

 また、枝野幸男経済産業相は18日、インターネットなどを通じたパブリックコメント(意見募集)への組織的対応を自粛するよう、電力各社を指導する。

 その一方で、聴取会で意見表明する人数を現在の1会場当たり9人から12人に増やす。政府は2030年の原発比率を0%、15%、20〜25%とする三つの選択肢を示しているが、傍聴者に対するアンケート調査では、0%について意見表明を希望する回答が多い。このため札幌、大阪両市の聴取会では、増やす3人をすべて0%への意見表明に充てる。

 三つの選択肢以外について意見表明を望む声もあり、28日の富山市での聴取会以降は、そうした声に対応する枠も設ける。

 聴取会は来月4日まで全11市で開催予定。しかし、15日の仙台市で東北電力執行役員、16日の名古屋市では中部電力課長が原発推進の意見を表明し、批判が出ていた。 

2012年7月17日 時事


これはやっぱり「中部電力課長」の岡本さんですか、「放射能で亡くなった人は一人もいない」という勇まし過ぎる強弁がアダになりましたね。東大に喧嘩売ってんのかと思いましたけど、正確には「福島第1原発事故で、放射能の直接的影響で亡くなった人は一人もいない」と言っていたわけだ。まあ、よく知ってるもんだ、と思います。確かに「福島第1原発事故で、放射能の直接的影響で亡くなった人」について報道されたり、東電や政府が発表したりはしていませんが、だからといって「一人もいない」ってのは、ちょっと確信が持てません。隠してるんじゃないか、という疑いを払拭できるものは何もありませんから、東電や政府が発表しないことはそれが存在しないことの証明にはなり難い様です。

てゆーか、岡本さんたら「今後5年、10年で変わらない」なんて未来の事まで根拠も無く言っちゃうもんだから、その直前に喋ったことまで信用されないわけですが、要するに電力会社社員のパフォーマンスが思わしくなかったのでした。政府も仕方なく「お前らもう出て来るな」と言わざるを得ません。連中は何かというと電力会社に勤務していることを鼻にかける、てゆーか会社の名前を出すと店の女の子にモテたり、相手が恐れ入ってしまうというようなクセがついてしまっていますから、言ってはいけない所でもついつい不要な自己紹介をしてしまうのです。

というわけで明らかな間抜けを排除することにはなったものの、問題は残ります。仙台の5人のうち間抜けが2人いまして、これは今度からいなくなります。安心です。しかし残りの3人東京の人が2人、神奈川から1人来ているんですが、これが「いささか」どころではない「疑念」を生じさせているのです。「いささかの疑念も生じさせてはいけない」のであれば、こういう遠隔の他地域からわざわざいらっしゃる方々も襟首をつかんでケツを蹴っ飛ばして追い出した方が良いのではないでしょうか。

勿論考えてみればそんな事は出来ません。そんな事をすれば「15%」や「20〜25%」の人が1人もいなくなってしまいますから役人が困ります。役人思いの野田さんは、そんな無理難題を押し付けたりしないので優しい人だと言われています。とにもかくにも3人ずつ揃えなければならない、というのがお役人様の仕事なのですから、地元にいなければ遠くからでも呼んでくるのが彼等の仕事です。場合によっては一時的に会社を辞めてもらったり、住民票を移してもらったりというような手間が増えるわけですが、そこを面倒がらずにやってのけるのが「有能さ」というものです。選挙の時にいつもやってるからお手の物だ、という人が必ずいるものですから、手伝ってもらうのもひとつの方法ですよ、というのはちょっとしたヒントです。


posted by 珍風 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。