2012年08月20日

オリンピックは終わらない

地方議員ら日本人10人 尖閣上陸、日の丸掲げる


 沖縄県・尖閣諸島の魚釣島に19日、東京都議、兵庫県議ら日本人10人が上陸し日の丸の旗を掲げた。政府の許可を得ておらず、第11管区海上保安本部(那覇)は船舶安全法違反の疑いもあるとみて事情を聴いた。尖閣諸島をめぐっては、15日に香港の活動家ら14人が同島に上陸するなどして逮捕されたばかり。一方、中国では大規模な反日デモが各地で行われ、日中間の緊張が一層高まっている。



 10人は鈴木章浩都議、和田有一朗兵庫県議、茨城県取手市の小嶋吉浩市議、東京都荒川区の小坂英二区議、杉並区の田中裕太郎区議の地方議員のほか、政治団体幹部ら。戦時中に起こった疎開船遭難事件の慰霊祭のため超党派議員連盟などのメンバーとして船で訪れた。午前7時40分ごろから、船から泳いで相次ぎ上陸、持ち込んだ日の丸を岩場に固定するなどし、約2時間で船に戻った。



 海保の巡視船2隻は島に接岸する様子もなく、スピーカーで「上陸はやめなさい」と警告を繰り返すだけで、緊張感はなかったとの目撃情報もある。



 同じ魚釣島には15日、香港人活動家らが上陸したばかり。刑事処分は見送られ、わずか2日で福岡入国管理局に引き渡され強制送還された。



 沖縄県石垣市の港に戻った小坂区議は「日本の領土と示すことが重要だと思った。尖閣の現状は緊急避難的に守るものだと思う。上陸は許可しない方がおかしい」と主張。小嶋市議は「日本人の志を示した。中国に渡してはならないという心意気を発信できた」と語った。



 慰霊祭は18日に石垣市で開かれ、約50人が参列。民主党の長尾敬衆院議員ら国会議員8人を含む約150人が同日夜、漁船21隻で出航して、19日午前に海上でも行われた。上陸を目撃していた「日本の領土を守るため行動する議員連盟」会長で自民党の山谷えり子参院議員は、上陸について「正当化できるものではないかもしれないが、気持ちは分かる」と述べた。



 政府は「平穏かつ安定的な維持管理のため」として、地権者と政府関係者以外の尖閣諸島上陸を認めていない。慰霊祭を開いた議員連盟は、事前に上陸を政府に申請したが、許可されなかった経緯がある。



 沖縄県警は20日、禁止された場所に入ったとする軽犯罪法違反の疑いで10人を事情聴取する。日本人の尖閣上陸は今年1月と7月、石垣市議らが魚釣島などに上がったが、いずれも刑事処分は見送られ、今回も立件は困難とみられる。



 過熱する領土問題に地元の石垣市民からは不安の声も。主婦(37)は「どんどんエスカレートしていくのが怖い。政府も市民も冷静に対応しなければ」と話した。

2012年8月20日 スポニチアネックス


日本政府は尖閣諸島への上陸を一般的には認めていない様ですが、尖閣諸島には日本政府の支配は及んでいない、というのが小坂さんたちの考えです。その証拠に今まで勝手に上陸した人たちは刑事処分を受けていません。日本政府による「禁止」は事実上機能していないのですから、アソコが日本の領土ではない、従って海上保安庁の警告に従う必要もないという小坂さんたちの認識は一定の正当性を有するものであると思われます。

そこで小坂さんたちは旗を沢山持って行ったわけです。小坂さんによればそれは突発的な行動なんだそうですが、とっさの判断であるにしては、それは極めて当を得た行動でした。旗を持って行ったのは「日本の領土と示す」ためでした。てゆーか、小坂さんたちが上陸するまでは、そこは日本の法律の及ばない、「日本の領土」ではない場所であったところ、赤丸のついた布切を明示することによって、そこを「先取」した、ということでしょう。

何事にも始めと終わりがあり、小坂さんの正確な歴史認識によれば尖閣諸島はつい昨日から「日本の領土」になった模様ですが、中国政府は勿論、日本政府にとっても、これは受け入れがたい見方なのではないでしょうか。ここで問題となるのはしかし、小坂さんたちの今後であります。

今は旗が立っているから大丈夫なのかもしれませんが、上陸した時点で尖閣諸島が「日本の領土」ではないことを小坂さんは認めてしまっています。現時点で事改めて旗なんか立てるのはそういう事になりそうなんですが、しかしながらそんな事を認めると、その時点でそこがどこの「領土」であったのかという問題が発生して参ります。

この点について小嶋さんが「中国」に言及しているのが気になるところです。これは上陸した時点で尖閣諸島を「中国の領土」と認識していたことを示すものなのではないでしょうか。全く不用意な発言であるとしか言いようがありませんが、中国政府としてはこの発言を歓迎するでしょう。そして当然のことながら山谷えり子さんを始めとした慰霊最後一行様による主権の侵害に対して、厳正な処分を要求するでしょう。

日本政府は小坂さんたちを軽犯罪法違反としているようですが、小坂さんたちの「志」はそんなに甘いものではありません。他国の領土を占領しにいったのですから、まかり間違えば命を落とす事も覚悟の上でしょう。南海の花と散り、藻屑と化そうというこの崇高なる「志」を全うして頂くためには、「軽犯罪法」などというケチな取扱は相応しからぬものがあります。むしろ彼等の身柄を中国政府の反日デモの群衆諸君に引き渡し、そしてさっさと忘れてしまうべきでしょう。尖閣諸島が元から「日本の領土」であったとするならば、彼等の行動は邪魔でしかなく、なかったコトにするしかありません。

もっとも、小坂さんたちの行為はいわば「返礼」のようなものです。各国の政府が領土という曖昧な対象を巡ってそれを欲望するフリをしていますが、そうすると色々と都合の良いことがあるようです。ある意味でこれはオリンピックの続きをやっているようなものなのですが、面倒なことはオリンピックと島騒ぎの間に片付けてしまうわけで、日本は「香港の活動家」による日本政府への多大な貢献に感謝しなければなりません。普通に上陸しないでわざわざ泳いでいったのも、感謝の気持ちを「発信」しようという「心意気」なのでした。


posted by 珍風 at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。