2012年09月16日

ソープランドは花盛り

新人候補「借金してでも出馬しろ!」 大阪維新の会・橋下代表、選挙資金支援せず


 地域政党「大阪維新の会」代表の橋下徹大阪市長は11日、次期衆院選に向け結成する新党「日本維新の会」から出馬する候補者に対し、1千万円前後は必要とされる選挙資金の支援を行わないことを明言した。橋下氏は「(資金がなければ)『借りてでもやる』という気迫がないとできない」と述べ、出馬への覚悟を求めた。

討論会「予定調和」批判にも反論

 維新は12日から、維新政治塾と政治・行政経験者を対象に、新党で擁立する候補者の1次公募を開始する。橋下氏は、「しがらみがなく、(第三者の)お金と票から無縁な人」を前提に、候補者には選挙資金を自前で準備してもらう考えを示した。

 また、国会議員らの合流希望者を審査するため9日に維新が開いた公開討論会で、「予定調和」などの批判が相次いだことについて、橋下氏は「(参加者の)発言をオープンにして(その後の言動を)縛らないと、組織のマネジメントはできない」と反論した。

2012年9月11日 産經新聞


橋下さんが言う通り、問題は「組織のマネジメント」であり、そしてそれ以上のものではありません。国政が局所的な「組織のマネジメント」で出来るのか、といえば、それはもちろん出来ます。てゆーか今までそれでやって来ました。違いはありません。少なくとも現状のパフォーマンスは期待できそうです。

とはいえ安心できないのは「候補者」であります。どうも「維新」は「選挙資金の支援を行わない」んだそうです。これは困った。そこでどうしても「借りてでもやる」てゆーか「借りてやる」ことになります。

まあ、別に「候補者」は困ることはありません。借りてくれば良いんですから。もちろん借金をすると、お金を貸してくれた人に対して「借り」が出来ます。これはもう当然というか、ほとんど同義反復でしかありません。そうなるとそれはそれでまた困ったことになって来るというわけで


維新、衆院選候補公募まず塾生らに限定


 大阪維新の会が近く結成する新党「日本維新の会」は、次期衆院選の候補者公募の対象を当初は維新政治塾の塾生や政治・行政の経験者に限る方針で臨む。代表の橋下徹大阪市長は11日、同市役所で「特定のところから票をもらうと言うことを聞かざるを得なくなる。しがらみなく、第三者のお金と票に無縁な人に応募してほしい」と明らかにした。選挙資金に関しても党として支援はするものの「基本的に自己責任」と語った。

2012年9月11日 日本経済新聞


橋下さんは「しがらみなく、第三者のお金と票に無縁な人」と言っています。これは「借金のない人」という意味に解釈して間違いないでしょう。借金はしなければならないし、してはいけないのです。相変わらず自分で何を言っているのか分かっていない橋下さんですが、こんな白痴に日本を任せれば国民は安心し切って枕を高くして眠れるというものです。もう二度と目覚めたくなくなるかも知れませんが。

ところが眠ってしまうにはまだ早い時間です。橋下さんの言うことを良く聞いてみましょう。借金について、彼は「第三者のお金」と言っています。「第三者」から「借りてでもやる」のはダメなんだそうです。ということは「第一者」とか「第二者」とかからは借金をしても良いということです。

もっともここで「第一者」とは「候補者」自身でしょう。自分で自分に金を貸す、というのは何のことやら分からない、てゆーか、もっとエラくなってからすることです。「維新」の餓鬼共にはまだまだ早い、というわけで、残るは「第二者」の「お金」です。

そういうわけで幸いなことに橋下さんには金貸しの知り合いがいるわけです。なぜいるか、というとこれはもうこういう時のためにいるわけで、「特定のところから」金を「借りてでもやる」という「気迫」が大切です。「党として」支援をするのかしないのか分かりませんが、橋下さん自身としては支援はする、しかし「基本的に自己責任」ですから返すものはきっちり返せ、という話です。

返せなければ貸してくれた人の奴隷になるしかありません。これが「(その後の言動を)縛」る、という「組織のマネジメント」ですけど、これは党議拘束より恐ろしい「死の掟」です。橋下さんは「しがらみ」のない人を集めて、自分の、てゆーかリアル「ナニワ金融道」の「しがらみ」、てゆーか単に債務ですが、そういう関係の中に置こうというのです。白痴、どころか甚だクレバーです。当選した人は陣笠ロボット、落選した人にも借金は残ります。娘をソープに売るか、彼女をソープに売るか、はたまたお母さんをソープに売るか、とにかく何でもかんでもソープに売ることになる、てなわけで福原あたりはもう大変なことになりそうなんで恐いもの見たさに行ってみるかってホンマでっか。


posted by 珍風 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。