2012年09月19日

米倉氏の英断に拍手を

3団体一斉 原発ゼロ反対 米倉会長、国家戦略会議議員辞任も


 経団連の米倉弘昌会長、日本商工会議所の岡村正会頭、経済同友会の長谷川閑史代表幹事は18日都内でそろって会見し、政府が2030年代の原発ゼロの目標を盛り込んだエネルギー・環境戦略を決めたことに改めて反対し、再考を求めた。経済3団体のトップがそろって会見し政府方針への反対を表明するのは異例。また、これに関連して米倉会長は国家戦略会議の民間議員を辞任する可能性も示唆した。

 米倉会長は会見で、「エネルギー政策は国家戦略会議で徹底的に議論すべき問題なのに、(政府の決定を)報告するだけだ。とてもじゃないが納得できない」と批判。「雇用や国民生活を守る立場から原発ゼロに一致して反対してきた経済界の声を全く受け止めていただけなかったのは極めて遺憾だ」と憤りをあらわにし、国家戦略会議の民間議員については「今後の対処法はいろいろ考えていく」と述べ、委員の辞任も含めて検討していることを明らかにした。

 また米倉氏は、世論調査で原発ゼロを支持する人が多数を占めたことについては「アクティブな参加者とサイレントマスの違いだ」と切り捨て、「(原発ゼロで)国内産業の空洞化が加速して雇用の維持が極めて困難になる」と指摘した。

 岡村氏も「商工会議所の調査では原発ゼロの賛成は10%だ。調査の対象が違う」と米倉氏の見方に同調。「雇用の70%が中小企業で大企業と合わせればどれだけの数になるか」と述べ、経済界の声を尊重すべきだと主張し、長谷川氏も「早急に見直すべきだ」と強調した。

2012年9月19日 SankeiBiz


頸断連のどこに「雇用や国民生活を守る立場」なんてものがあったのか、という話はさておき、「国家戦略会議議員辞任」という米倉さんのご英断についてはこれを真摯に受け止め、尊重すべきかと存じます。辞めたければ辞めればいいでしょう。何を勘違いしたのか「雇ってやっている」と言わんばかりの不遜な態度で社会を金儲けのために荒らして顧みない様な人たちに「国家戦略」に口を出してもらいたくないものです。今まで民間議員なんかやらせていたのが間違いだったのです。

御陰さまで日本は労働力の再生産も覚束無い状態になってしまいました。頸断連にとってはいわば死んだ土地ですから、放射性物質で汚染されても一向に構わないようなものでしょう。彼等の合い言葉は「海外流出」ですが、確かに「海外」に向かわなければならない様です。さっさとどっかに行ってしまうのが宜しいかと存じます。中国の「反日デモ」は本日以降収束しますが、残念なことです。今に米倉さんがそっち行くからよろしくお願います。

報道関係者各位

「平成24年版労働経済の分析」を公表
〜分厚い中間層の復活に向けた課題〜

 厚生労働省は、本日の閣議で「平成24年版労働経済の分析」(通称「労働経済白書」)を報告しましたので、公表します。

 「労働経済白書」は、雇用、賃金、労働時間、勤労者家計などの現状や課題について、統計データを活用して経済学的に分析する報告書で、今回で64冊目になります。

 平成24年版は、「分厚い中間層の復活に向けた課題」と題し、自ら働いて人間らしい生活を営むことができる「分厚い中間層」の復活が、日本経済の需要面では所得増、消費増を通じた需要不足の解消に、供給面では経済社会、社会保障を支える基盤強化につながるという観点から分析しています。

 白書は3章構成で、それぞれ次の内容を中心に分析しています。
・第1章「労働経済の推移と特徴」:震災や円高による雇用・労働面への影響
・第2章「貧困・格差の現状と分厚い中間層の復活に向けた課題」:非正規雇用者の増加などが消費をはじめとする需要に与える影響
・第3章「就労促進に向けた労働市場の需給面及び質面の課題」:就業率の向上や生産性を高めるための能力開発などの課題

【白書のあらまし】

○主な分析のポイント

・2011年の非正規雇用者比率は35.1%。一方で、非正社員を正社員に登用する企業も増え、企業の意識面からは非正規雇用者の増加傾向には変化の兆し。(概要p7)

・バブル以降の所得の伸び率の鈍化が、消費の伸び率鈍化の最大の要因。世帯年収は、年収が低い層に分布がシフトしているが、消費を最も期待できる中所得者層の増加が潜在需要の顕在化のためにも重要。(概要p9,10)

・非正規雇用者でも、約半数が自らの収入を主な収入源として生活する社会となる中、これらの労働者が、一定水準以上の生活を送ることができる社会を目指すべき。(概要p10)


○まとめ
「分厚い中間層」の復活に向けては、1.誰もが持続的に働ける全員参加型社会の構築、2.能力開発による人的資本の蓄積、3.ディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)の実現が不可欠。

2012年9月14日 厚生労働省


「人件費削減が消費の伸び悩みを招き、成長の足を引っ張った」というのは正しい認識でしょう。そこで誠に結構なお話ではありますが、「所得増、消費増を通じた需要不足の解消」も、「経済社会、社会保障を支える基盤強化」も、頸断連がいては無理です。「非正規雇用者でも、一定水準以上の生活を送ることができる社会」は頸断連の望むところではありません。「ディーセント・ワーク」などという概念も、そのままの意味では「とてもじゃないが」頸断連が受け入れることの出来ないものです。

頸断連が切るのは他人の首ばかりではありません。頸断連のおかげで自ら縊られるのは他人の首ばっかりではないのです。自分の首も絞めつつあるのが連中の現状で、脳の酸素が大分不足がちになっていますからまともな判断力などは到底期待できないところであります。そんな中ではあれ、国家戦略会議議員を辞任しようというのは、イマワのキワに自分の死に他人を巻き込みたくない、というギリギリの善意の表れでありましょう。まことにもって「深イイ話」でありますが、ここはもうちょっと元気を出して全ての公的な職務を辞任し、事あるごとに脅し文句を並べて横車を押すのを止めて頂くならば、米倉さんの人生も「美談」として語り継がれる可能性がないわけでもありません。寄生虫も太り過ぎなければ共生できないこともないのです。


posted by 珍風 at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。