2012年09月27日

小さい“つ”が戻って来た日

橋下維新代表、部分連合も…自民と「戦わざるを得ず」


 新党「日本維新の会」代表の橋下徹大阪市長は26日、安倍晋三元首相が自民党総裁に選出されたことに関し「教育改革や憲法問題では価値観ががっちり合うが、(基本政策に違いがあり)選挙では戦わざるを得ない」と述べ、次期衆院選で全国に候補者を擁立、自民党とも戦う方針は変更しないことを明言した。



 ただ、保守的な立場は共通しており、選挙戦では対立軸づくりに苦労しそうで、早くも衆院選後の部分連合に言及した。



 橋下氏は市役所で記者団に「消費税の地方税化と環太平洋連携協定(TPP)、原発政策では一致してはいない」と述べ、安倍氏の政策と「維新八策」との相違を指摘。「違う部分をしっかり出して戦う」と述べ、衆院選に臨む考えをあらためて示した。



 一方で「非常に信頼のおける政治家だ」と安倍氏を評価。衆院選後の関係については「(新党が獲得した)議席の結果に応じて、政策協議を進めたい。自民党と合うところはしっかりやり、合わないところは反対する」と述べ、自民党との政策ごとの部分連合に前向きな姿勢を示した。



 新党幹事長の松井一郎大阪府知事も26日、府庁で記者団に「一致する部分もあるがTPPや原発政策は違う。連携という話にはならない」と衆院選での連携は否定。維新新党が次期衆院選で過半数を目指す方針に変わりはないとの認識をあらためて表明した。



 これに対し、安倍氏は26日夜のTBSの報道番組で「橋下氏のパワーは魅力的だが、衆院選ではライバルだ。理念と政策を訴え、単独過半数を目指す」と強調した。

2012年9月26日 スポーツニッポン


すっかり自信をなくした、というのは取りも直さず自らを知ったということなのかも知れませんが、そんな自民党の諸君は橋下さんとの「太いパイプ」を誇示する安倍さんに「再チャレンジ」を許してしまいました。いくら「太いパイプ」でも潰瘍で下痢ですからどうなることか分かりませんが。

もっとも、中身が粥状もしくは水様で如何様にも形を変える、てゆーか形がないという点では橋下さんも同様ですから、パイプの中は「ぐっちょり」「げっちょり」です。選挙では「違う部分を「しっかり」出して戦う」そうですが、選挙中に「違う部分」は「すっかり」出てしまって、跡形もなく流れてしまうのではないでしょうか。まあ、ウンコが「うっかり」出てしまう人もいますから同じようなもんですが。

いずれにしても「価値観が「がっちり」合う」わけですが、それは「教育改革や憲法問題」というような表面的なレベルでの話ではありません。日本を「強制労働、児童労働、低賃金労働、長時間労働、セクシャルハラスメント」解禁の「世界の搾取工場」にしてあげなければならない。企業様に余計な負担をかけない様な「教育」が必要ですし、労働者の権利を剥奪するためには「憲法」から削除するのが早道です。

とはいうものの、実は基本的な「価値観」では、野田さんだって「がっちり合」っています。そんな皆さんが「戦わざるを得ない」から戦うフリをしてみせる次期衆院選ですが、選挙というはのこいつらが演じる茶番が全てというわけではありません。ありませんが、マスゴミがこの連中のことしか報道しないんでしょうから国民間には絶望と閉塞感が広がることになっております。それで投票率が下がって「寝ていて」もらうのが狙いなんですから、報道されないところに投票するのが良いということになります。したがってTVを見てもしょうがないんですが、放送していると見ちゃう人が出て来ます。そんなわけで受信料なんかを払って放送に協力するのは不特定又は多数の人の生命、身体又は財産に対する侵害の危険をもらたしますから、これは公共危険罪です。


posted by 珍風 at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。