2012年10月10日

大日本ガキ帝国

「大日本帝国憲法が現存」請願に賛成 東京維新の会


 日本維新の会と連携する東京都議会の会派「東京維新の会」が9月定例会で「日本国憲法は無効で大日本帝国憲法が現存する」との請願に賛成した。日本維新の会を率いる橋下徹大阪市長は9日、記者団に「地方議会は維新八策のうち地方に関係することは100%賛同してもらわないといけないが、そうでない部分は政治家の自由行動だ」と述べ、連携に支障はないとの考えを示した。

 請願は京都市の住民らが「日本国憲法は占領憲法で国民主権という傲慢(ごうまん)な思想を直ちに放棄すべきだ」などと主張する内容で、会派の野田数(かずさ)代表が紹介議員の一人。今月4日の本会議で民主党や自民党などの反対で不採択となった。

2012年10月9日 朝日新聞


君主主権思想はパッチョロの方で教会権力への対抗上必要とされたもんですから、そーゆー事情とゆーものが存在しないポンニチでは歴史的にもあまり意味がありません。てゆーかこの場合、何と対抗するかというと自国の国民に対抗しなければならないわけで、お前らやるつもりなら上等だ、やってやろうじゃねえか、なんてことになるわけですが、そんな事をしてどうするつもりなのかさっぱり分かりません。

しかしここで参考にしなければならないのは桂小金治さんでしょう。彼によると「天皇陛下は日本のお父さんだ」ということであります。別にこれは小金治さんのオリジナルな思想であるというわけではないのですが、高座を引退されてから1年経つので引き合いに出してみた次第です。まあそういうワケですから得に何がどうしたというわけでもないんですが、落語には小生意気な餓鬼が出て来るネタがあります。で、そういう餓鬼が親父より威張っている、挙げ句の果てに家庭を支配してしまう、というのが「国民主権という傲慢な思想」なんていう発想の元になってんじゃないかと。どうもこれは落語の話なのではないか。

それは別にいいんですが、そうなるとこれを「直ちに放棄すべきだ」なんて言い出すことになると、これはいい大人が、てゆーか年寄りになっても「いつまでも素直な餓鬼でいたい」とかホザイているわけです。一時流行った「モラトリアム」とかいう奴でしょうか。日本は「モラトリアム国家」だ、なんて言う人もいますが、確かに対外的な国家主権という点では、どうもちょっとそんな気もします。だったら国民も「モラトリアム国民」のおこちゃまでいいのではないか、と思ってしまうのも無理はありません。てゆーか、オスプレイにしろ核にしろ、日本国民の思うとおりにはならないわけですから、誰か「アメリカ担当」を決めて、みんなでそのいうことを聞く、ということにした方が便利は便利でしょう。その場合、天皇はアメリカの「象徴」となります。「象徴天皇主権制」です。

まあ無責任の極みと言ってしまえばそれまでなんですが、しかし「日本国憲法は無効で大日本帝国憲法が現存する」なんてことを言い出す人がいても良いでしょう。橋下さんや安倍さんは改憲をしたいそうですが、結局は同じところを目指すにしても話のスジとしては正反対なわけです。いや、実際のところこれでは安倍さんなんかの方がよっぽどマトモに思えて来るほどなんで、なにしろ「責任」の人ですから。いずれにしても連中が仲間割れしてくれるんならそれに越したことはないんですから「自由行動」でどんどんやって頂くのはちっとも苦になりません。しかし考えてみれば、「帝国憲法現存論」が「馬鹿吸引機」として機能し、バカを集めて丸ごと「放棄」することによって改憲論そのものが洗練される可能性もなきにしもあらずですが。


posted by 珍風 at 05:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。