2013年03月09日

同病相憐れめ

子どもの甲状腺検査 他県も福島県と同じ


原発事故を受けて、福島県が子どもを対象に行っている甲状腺の検査で、小さなしこりなどが見つかった割合が、福島県以外で行った検査の結果と同じ傾向だったことが分かり、環境省は、福島県での検査結果は原発事故の影響によるものとは考えにくいとしています。

原発事故で放出された放射性ヨウ素は、子どもの甲状腺に蓄積してがんを引き起こすおそれがあり、福島県は当時18歳以下だったすべての子どもを対象に甲状腺の検査を行っています。


福島県などによりますと、ことし1月下旬までに検査を受けた13万3000人余りのうち、41.2%の甲状腺に5ミリ以下の小さなしこりなどが見つかりました。


環境省は、見つかったしこりなどはほとんどが良性のものだとしていますが、福島県の保護者などから事故の影響が大きいのではないかと不安の声が上がっていたことから、原発事故の影響が小さい青森県の弘前市、甲府市、それに長崎市の3か所でも同じ検査を行いました。


その結果、検査した3歳から18歳までの合わせて4365人のうち、福島の検査で確認された小さなしこりなどが56.6%で見つかり、福島県とほぼ同じ傾向だったということです。


これについて、環境省は「福島の結果が原発事故の影響によるものとは考えにくいことが分かった。この結果が不安の解消につながることを期待したい」と話しています。

2013年3月8日 NHK


放射線が人体に及ぼす影響に得に詳しいというわけではない放射線影響実験台の珍風さんは、「最近の甲状腺の検査は精度が高く、福島以外の地域でも一定程度の人から甲状腺の小さなしこりなどが見つかることはこれまでも国内外のデータから予想されていた。福島と福島以外の検査結果が同じ傾向だったことは、今回、福島県以外で報告されている甲状腺のしこりなどは原発事故による被ばくの影響が全国に広がっていると考えやすいことを示している。甲状腺にしこりなどが見つかった子どもやその保護者は今さら過剰に心配せず、あきらめてくたばる必要があると思う」と話しています。

放射線が人体に及ぼす影響に詳しい放射線影響研究所の長瀧重信元理事長も、だいたい同じ様な事を指摘し、「有所見者が増加しているかどうかは報道されていないが、増加しているに違いない。しかしそれは検査の精度が高くなったからだ、とまあ、そういうことだ。分かるかな。分かんねぇだろうな。とにかく過剰に心配するな、控えめに心配しろ、騒ぐな、抗議とかするな、家でおとなしく泣いてろ」と話してはいませんでしたが。


posted by 珍風 at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。