2013年05月06日

アベノセックス

文盲戦車を撫でる、じゃなくて

政府、10代から「女性手帳」導入 骨太の方針で調整 何歳で妊娠? 人生設計考えて


 政府が、女性を対象に10代から身体のメカニズムや将来設計について啓発する「女性手帳」(仮称)の導入を検討していることが4日、わかった。医学的に30代前半までの妊娠・出産が望ましいことなどを周知し「晩婚・晩産」に歯止めをかける狙いだ。6月に発表する「骨太の方針」に盛り込む方向で調整している。

 政府は少子化対策として産休や育休を取りやすくする制度改正、子育て世帯中心の施策を優先してきたが、晩婚・晩産化対策も少子化解消には必須と判断した。安倍晋三内閣はこれを重点政策に位置づけており、骨太の方針に反映させた上で、来年度予算に調査費などを計上したい考え。

 内閣府の「少子化危機突破タスクフォース」(議長・森雅子少子化担当相)は、妊娠判明時点で自治体が女性に配布する「母子健康手帳」よりも、早い段階からの「女性手帳」の導入が効果的とする見解を近く取りまとめる。子宮頸がん予防ワクチンを接種する10代前半時点や、20歳の子宮がん検診受診時点での一斉配布を想定している。

 医学的に妊娠・出産には適齢期(25〜35歳前後)があるとされる。加齢に伴って卵子が老化し、30代後半からは妊娠しにくくなったり、不妊治療の効果が得られにくくなることも明らかになっているが、学校教育で取り上げられていない。

 女性手帳では、30歳半ばまでの妊娠・出産を推奨し、結婚や出産を人生設計の中に組み込む重要性を指摘する。ただ、個人の選択もあるため、啓発レベルにとどめる。内閣府はまた、経済事情などを理由になかなか結婚に踏み切れない状況の改善にも取り組む方針で、新婚夫婦への大胆な財政支援に乗り出す。

 日本産科婦人科学会の生殖補助医療(高度不妊治療など)の年齢別結果(平成22年)によると、35歳前後で20%台前半だった妊娠率は40歳で15%を下回った。

2013年5月5日 産經ニュース


自民党の「少子化対策」でちゃんと「対策」になっている、てゆーか「対策」の体をなしているものがほとんどなかったりするんですが、「こどもの日」に満を持してドヤ顔でリークしたのがなんとコレです。30代半ばまでに餓鬼をひねり出すように「人生設計」をしろという命令書を女の子に出すんだそうですが、どうしてこんなのが「効果的」なのか全く分かりません。

まあ、自民党にはこれまでも情報操作で国民を誤導して来たという自負があるんですから、こんなんでも大丈夫だと思うのかもしれません。ところがどうもこれだけは個々人の生活に直接関係してくるもんですから、言われたからといってハイそうですかというわけには中々いかないのが実情です。色々な意味で「先立つモノ」がなければ餓鬼なんてそう簡単に産まれてくるもんではありません。

しかしながら世の中には簡単に影響されてしまう人もいるでしょうから、そういう人には「効果的」である可能性もあります。その場合、これからますます逼迫する「人生」の中でやっとこさ結婚できたと思ったら「30代後半」になっちゃったんで餓鬼は諦める、という「効果」が出て来るわけで、そうするとこれはまったく逆に妊娠出産を抑制する結果になるでしょう。やっぱりさすがは自民党です。

まあそんなことよりもこの汚染された列島で人類がどうやって生きていくのか考えないといけないんですが、東日本でもこれを平気で配布するんだろうと思うと呆れてモノも言えません。言えないので書いていますが、この記事の書き方も相当なものです。「個人の選択もある」という書き方は適当ではありません。「人生設計」なんですから「個人の選択」しかないわけですが、こういう書き方だとまるで恩恵として「個人の選択」も加味させてあげるから有り難く思え、という感じになっちゃいますから気をつけるようにしたいものです。

したいものですが、これは産経さんの記者の頭が悪いわけではなく、てゆーか頭が悪いから単にリーク元の表現をそのまま書いちゃっただけなんでしょう。全く馬鹿も休み休みですが、祝日に働いているとロクな結果になりません。とにかくそんな言い方をしたのは自民党の方でしょうけど、またもや先走りの淫水が漏れてしまっています。そんにいきり立っていると参院選を待たずにあえなく昇天、という結果になりかねません。女の子に嫌われますよ。

自民党の「日本国憲法改正w案」にはちゃんと書いてあります。自民党政権の政策はこの「案」に基づいていますから、少なくとも今のところどこに出しても恥ずかしい短小、ではなくてどこに出しても恥ずかしくない憲法違反です。

第十三条 全て国民は、人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公益及び公の秩序に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大限に尊重されなければならない。

「個人」は尊重しなくて良いことになりますから、「個人の選択」は、「まあそんなものもある」という程度のシロモノです。もっとも「人として尊重される」と言っても、「公益」や「公の秩序」が「生命」にも優先されるんですから「国民」は「公」とやらの利益のためにいつぶち殺されてもおかしくないわけで、何をどう「尊重」するのか全く分かりません。つまりこれは、長々しいので要約すれば、「全て国民は尊重されない」という意味になります。

まあ曲がりなりにも憲法の案ですから、あまり殺伐とした事は書かないわけですが、もっとソフトに分かりやすく表現するならば「全て国民は、公益及び公の秩序に反しない限り、人として尊重される」ということになるでしょう。いずれにしても「人」は「個人」ではありませんからいろんな人がいて好き勝手な生き方をしている事は認められません。「尊重される」ところの「人」とは、条文によって「公益及び公の秩序に反しない」ものであるとされています。在特会に習うならば「日本人 餓鬼産メ 過労死 戦死シロ」、なんて表現になりましょうか。

だいぶ分かり易くなりまして結構な事ですが、肝心の「少子化対策」はどうなるかというと、これではどうにもなりません。考えてみればアメリカと財界の意向で動く自民党にはそもそも「少子化」を問題としてこれを解決しようとする動機がないんですから当然です。奴隷の出自や民族を問題にすることに意味はありません。足りなきゃ他所から入れれば良いのですし、「国民」でなければ「人として尊重」するフリさえ無用、人間扱いしなくて良いので余計に便利です。


posted by 珍風 at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。