2008年06月19日

人間には向かない職業

取り調べ体験ブログに 司法修習生守秘義務違反か 長崎市 ばあちゃんに説教しまくり 社会のゴミ掃除で視野狭く

 長崎市内の法律事務所で実務修習中の20代後半の男性司法修習生がインターネット上に自身が開設したブログに、検察の実務修習中に体験した容疑者の取り調べ状況などを書き込んでいたことが19日、分かった。長崎地裁は「内容に修習生としてふさわしくないとみられる言葉があった」として、裁判所法に基づく守秘義務違反に当たる可能性もあるとみて事実関係を調査している。


 同地裁などによると、ブログは「司法修習生のなんとなく日記」と題し、2月15日付に「今日、はじめて取り調べやりました。相手は0歳のばあちゃん。最初はいろいろ話を聞いてたけど、途中から説教しまくり。おばあちゃん泣きまくり」(ブログ上は実年齢を記載)などと記述。同29日付には刑務所見学について「自分が取り調べ中の被疑者は、刑務所出所後5日目に、また犯罪行為に出た」などと書き込んだ。

 3月20日付では司法解剖に立ち会った様子を「死体を切り刻んで内臓とかを全部出して全部調べると臭(にお)いはきつい」、同16日付には「検事が言っていたけれど、社会のゴミ掃除ばっかりやってると視野が狭くなると」などと記載していた。

 ほかにも、長崎市長射殺事件の判決公判について「テレビに映るとか言っていたけど(中略)ジャンケンに負けて修習生席に座れませんでした」との書き込みもあった。

 修習生は昨年9月、司法試験に合格した。修習期間は同11月から1年間で、長崎市での実務修習は今年7月までの予定。ブログには修習中の体験や感想などを書き込んでいたが、今月中旬、既に閉鎖されている。

 長崎地裁は今月12日、最高裁から連絡を受けて調査を開始した。同地裁総務課は「事実関係を調査し(処分については)厳正に対応したい」としている。

2008年6月19日 西日本新聞夕刊


この人のブログは「king BONG world」とかいいまして、ちなみに「説教しまくり」のエントリーの全文は

しらべ
2008-02-15 | 修習
今日,はじめて取調べやりました。


相手は80歳のばあちゃん。


最初はいろいろ話を聞いてたけど,
途中から説教しまくり。おばあちゃん泣きまくり。


おばあちゃん,涙は出てなかったけど。


けど,なんで20代の若造が80歳のばあちゃんを説教してるのか。
それに対してなんで80歳のばあちゃんが泣いて謝ってるのか。


なんとなく,権力というか,自分の力じゃない力を背後に感じた。


「ジャンケンに負けて修習生席に座れませんでした」のエントリーは

死刑判決に立ち会う
2008-05-27 | 修習
「被告人を死刑に処する」

文字では何度も読んだことがあるし,主文が後回しにされ,さらに量刑の理由の中でも「極刑はやむを得ない」などと言っていたので,その結論は頭の中ではわかっていたけれど,法廷に響き渡ったその言葉に鳥肌が立った。

長崎市長銃殺事件の判決公判に立ち会いました。
テレビに映るとか言っていたけど,午前中のテレビ撮影が入っている時間帯はジャンケンに負けて修習生席に座れませんでした…。
けれど,午後は法廷にいたので,主文の瞬間に立ち会いました。

この事件,自分は公判を見たわけでもないし,記録もほとんど読んでいないので,その判決が妥当かどうかなど,語れるわけもないので語りません。
ただ,この事件がどうとかはさておき,やっぱり死刑って違うなと思った。
この被告がやったことは許されないし,選挙期間中に候補者を射殺することは,まさに民主主義に対するテロ行為。それはそのとおり。
だけど,本当にこの被告人を殺していいのか。
死んじゃったら全て終わりだよと。
偶然にも今日,某アナウンサーの自殺の報道があったけれど,
自ら死を選ぶ人もいれば,殺される人もいる。そして裁判によって殺される人がまた1人。
自分の頭では整理できないな。


判決を全て言い渡した後の裁判官室は異様な静寂に包まれてました。
なんとも言葉では言い表しようのない空気。
なにはともあれ,死刑判決に立ち会うという貴重な経験をしました。


ちなみに80歳の老婆に説教しまくりの「しらべ」には続編があって、

続・しらべ
2008-02-21 | 修習
何度か取り調べをやっているが、自分がたどり着いた結論。


わたくしには検事はムリだ。


いろいろな事件のヒギシャを見てるが、なんかその人たちがかわいそうに思えてくる。

もちろんやったことは悪いんだけど、


いろいろ事情があったんだよね。

とか


ほんの出来心でやっちまったんだよね。


とか思ってしまう。
どうやら自分優しすぎるみたいです。
言い訳じみてはいるが、みんなそれぞれ生活が苦しかったり、いろいろ話してくる。ウソもあるだろうし、騙されてることもあるだろうけど、自分もそんな出来た人間じゃないから、犯罪者と紙一重だと思う。

そんな人に向かって、正論をぶつけ、正論で攻め倒して、反省させて、裁判にかけて…なんてことできないなぁと思う。

もちろん検事にはそういう役割もあるだろうから、それを否定するわけではないけれど、仕事にするにはあまりにも自分の心にウソをつき続けなければいけないような気がする。

まぁ修習期間くらいは割りきって演じられるし、実際そうやって頑張っているが。


そんな話を仲間としてたら、修習生版OKETA氏が

「検事は勘違いヤロウか割りきりヤロウかのどっちかだ」

と。言いえて妙。


割りきりヤロウになれればそれは素晴らしいが、勘違いヤロウ、自分と犯罪者は別の星の人間だ、なんて思ってる人が検事になると危ないんだろうと思う。


それにしても検察修習は修習生にいろいろやらしてくれるので、勉強になる。


なるほど「内容に修習生としてふさわしくないとみられる言葉」が沢山あるみたいです。たぶんこの人はクビでしょう。もっともクビといっても、最近では給料は出ないようで、奨学金みたいに後で返さないといけない。しかもバイト副業禁止というわけで、法曹界はすでに富裕層の子弟のものになりつつあるようです。僕なんかみたいな「社会のゴミ」のほうがまだマシです。そんなロクでもないものにならなくてもよくなったんですから、それに越したことはありません。よかったよかった。


posted by 珍風 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

司法修習生のなんとなく日記
Excerpt: 人間には向かない職業 長崎地裁は「内容に修習生としてふさわしくないとみられる言葉...
Weblog: くみこの出来事
Tracked: 2008-06-21 00:44

司法修習生のなんとなく日記
Excerpt: 黒ぶたや し、守秘義務違反の可能性もあるとみて調べている。同地裁などによると、修...
Weblog: ゆみの出来事
Tracked: 2008-06-21 16:13

司法修習生 ニュースの話題チェック!
Excerpt: 一撃必殺の非情の力【人気急上昇の話題をチェック!】にようこそ♪注目度の高い人気情報を随時更新しています。あなたの話題の引き出しの参考にお役立てくださいね!まずは新着チェックをどうぞ! ⇒ ★新着トピッ..
Weblog: 人気急上昇の話題をチェック!
Tracked: 2008-06-21 17:40

司法修習生のなんとなく日記
Excerpt: 人間には向かない職業 長崎地裁は「内容に修習生としてふさわしくないとみられる言葉...
Weblog: よしこの出来事
Tracked: 2008-06-21 19:32
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。