2008年08月24日

彼は軽トラに乗って あたしゃナイフを腰だめに

渋谷の通り魔、逮捕されること目的か

 22日、通勤や買い物帰りの人たちで混雑していた渋谷駅。そのすぐ脇で起きた通り魔事件に周囲は騒然としました。逮捕されたのは79歳の女。なぜ、凶行に及んだのでしょうか。

 パトカーに乗る1人の老女。22日、東京・渋谷で女性2人を次々とナイフで刺し、殺人未遂の現行犯で逮捕された自称・住所不定・無職の北川初子容疑者(79)です。

 北川容疑者は22日午後6時45分頃、渋谷駅構内にある百貨店の1階で、26歳の女性の左脇腹をナイフで刺しました。そして、その5分後、第一犯行現場から50メートル離れた百貨店内の青果店の前で、27歳の女性の左腕を切りつけました。刺された女性2人は、いずれも命に別状はないということです。

 「人だかりができていて、何かやっているなという感じで。サルかなと・・・」(現場付近にいた人は)

 女性2人を次々と刺した北川容疑者。その10分後の午後7時頃、JR渋谷駅南口の券売機の前で警察官にとり押さえられ、現行犯逮捕されました。

 <都内の施設を飛び出してきた。所持金もなく、事件を起こせば、警察がなんとかしてくれると思った>(北川容疑者)

 北川容疑者は今週初めに、都内のホームレスの支援施設を抜け出したといいます。逮捕時の所持金は6500円。犯行後も逃走せずに現場周辺を徘徊していたこともわかっており、警視庁は、逮捕されることを目的に犯行に及んだものとみて、さらに動機を追及しています。

2008年8月23日 TBS


「サル」って、あんた、失礼な。見えないこともないけど。それにしても逮捕時の所持金は6,500円だったそうでありますから、早まったことをしたものだ、という意見もあり得るでしょう。確かに明日か、もしかすると明後日まで延期するくらいの「経済的余裕」があったわけで、そうすると被害に遭う人は別の人であった可能性が高いわけです。第三者的には被害者が誰であっても同じようなものですが、これは被害者当人にとっては切実な問題であるといえるでしょう。しかしこれは、やはりどうでも良いことです。

北川さんは「事件を起こせば警察が何とかしてくれると思った」と言っているようです。実際に「通り魔事件」というのは、逮捕上等死刑も辞さず、というものですけど、単に逮捕されることを目的とするのであれば他にやりようがあるような気もします。例えば無銭飲食のうえ大暴れ、なんていう実益を兼ねたものでもかまいません。もっとも夏場のホームレスを入れてくれる飲食店があるとは考えにくい。実は小売店でちょっと万引き、というのが同様の境遇にある人の第一選択だったりします。

しかしながら北川さんの逮捕容疑は殺人未遂であり、諸般の点から考慮するとこれは北川さんにとってベストな選択であるといえるのです。北川さんとしては量刑が自分の余命を超えることが目標であると思われます。日本の女性の平均寿命は85歳を超えますから、少なくとも5年の判決が必要ですが、北川さんはお年のわりには元気そうですから、10年かそれ以上の量刑が見込まれることが望ましいでしょう。

例えば万引きですと、これは窃盗の罪に当たりますから10年以下の懲役になるはずです。しかし実際の例では万引きで10年はありえません。例えば2円相当の封筒を掏った人に5年の求刑がなされた事例があります。しかしこれは被告人が掏摸の常習犯であったためであり、それでも判決は3年にとどまります。

最近の例ですと出会い系サイトで知り合った、とはいえメールだけの関係で一度も顔を合わせたことも無い男性に貢ぐ為に、勤務していた会社の預金3千万円以上を盗んだ女性が窃盗罪で5年の求刑に3年の判決です。この例の女性では、出所後は社会復帰をしなければならないのですから刑期は短い方が望ましいと思われますが、北川さんは事情が違います。3年くらいで出されては困ってしまいます。10年の量刑が出る窃盗というのは、そう簡単ではないようです。

一方、「通り魔」による殺人未遂の例では、今年の7月14日に、昨年川崎市で会社員女性を刺した青年に15年の求刑で10年の判決が出ていますがこれは控訴中。8月8日は同じく昨年コンビニで主婦を刺したオッサンに求刑12年判決9年。なかなか良い具合です。これらの例はそれぞれ被害者が1名ですが、平成18年に札幌における2回の「通り魔」事件でそれぞれ別の若い女性を襲った人には、平成19年の札幌地裁の判決で求刑通り18年の判決が出ています。今年の3月に控訴棄却。

ただしこの例ではそれぞれ12乃至18ヶ所の傷を負わせており、中には深さ6センチに達するものもあったとされていますから、このような被害の程度も量刑に影響がありますし、この被告人は犯行を否認していますから、そういう人にはかえって重い判決が下るものです。またこの判決では「被害者の処罰感情」にも言及していますから、殺人未遂で18年というところがこの手の事件では最大値もしくはそれに近い線というところでしょう。

北川さんの場合、被害者の外傷の程度はそれほどでもないようですが、「反省の情」をみせないことなどによって10年くらいにはなりそうです。老後の生活の安定は公判中の北川さんの「態度」ひとつにかかっているといえるでしょう。

というようなことまで北川さんが考えていたかどうか知りませんが、まあ、こう言ってはナンですが10年以内にはお迎えが来そうですから、「殺人未遂」というのはちょうど良いのです。また、まかり間違って2人とも殺してしまったりすると死刑の可能性も出て来ますが、北川さんの年齢だと執行前に逝ってしまいそうですし、北川さんにとってはそれで困るということもないような気も。てゆうか要するにこの人の場合、死刑判決を受けた方が長く生きられそうです。

一方で万引きくらいで済ませていると、最悪の場合実刑判決が出なかったりして、79歳の老女に「自立」することを要求するような血も涙もない「支援施設」に逆戻りですから、頑張って累犯を重ねるしかないのですが、これはこれで中々苦労です。北川さんの「犯行」は結果として北川さんにとって最適であった、ということになるでしょう。このような犯罪を防止する為には果物ナイフの販売・所持を禁止することが緊急の課題であることは言うまでもありません。果物は丸かじりしましょう。リンゴをかじると歯ぐきから血が出ますが、りんご娘.はどこをかじっても血が出ます。
karenoketraninotte.jpg


posted by 珍風 at 13:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

警察職員、女性の髪なめた疑い=駅構内で現行犯逮捕―静岡県警
Excerpt:  女性の髪を背後からなめたとして、静岡県警は17日、県迷惑防止条例違反容疑で、同県藤枝市の同県警科学捜査研究所法医係補佐、市川達也容疑者(50)=休職中=を現行犯逮捕した。県警監察課によると、「なめ...
Weblog: 【2ちゃんねるまとめ風】国内のニュース
Tracked: 2012-04-18 03:13
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。