2008年09月11日

9月の海は血の海

8月はお盆休みというものがあって、刑務官も交替で休みを取るものでしょうか、8月の死刑執行というのは極めて少ないのでした(1997年8月1日に永山則夫他3名、2007年8月23日に3名など)。その反対に9月の中旬ないし第2週あたりは比較的多いようです。死刑囚にとって9月は死の月であるといえるでしょう。

1999年9月10日 3名
2002年9月18日 2名
2003年9月12日 1名
2004年9月14日 2名
2005年9月16日 1名

昨日は世界自殺予防デーだったかもしれませんが、今日は日本他殺自慢デーです。そこで出戻り死に神さん登場。

「在り方変えてはならぬ」 3人死刑執行で法相、命による償い強調

 「いずれも自分勝手で非道な動機に基づき、尊い命を奪った事案。遺族の無念はこの上ない。本人の命をもってしか償えない」。11日の記者会見で、保岡興治法相は3人の死刑執行の意義を強調した。
 福田康夫首相が辞意を表明し、衆院解散の可能性が高まっている時期の執行。「純粋に法的に対応している。時期を選んだわけじゃない」。また「大臣によって執行の在り方が変わってはいけない」と適正さを何度も繰り返した。
 前任の鳩山邦夫氏が初めて執行者の氏名などを公表し、保岡氏も踏襲したことについては、「公開には、それなりに意義がある」と述べた。

2008年9月11日 産経ニュース


マスゴミは衆院解散を前提とした自民党の総裁選に酒飲みにはこたえられない「事故米」転売問題、そして海の向こうの将軍様の健康にも気をつけなければなりません。このタイミングについて保岡さんは謙遜していますが、他の報道に埋もれさせる、公表するが注目させないためには絶好のタイミングであることは明らかです。いや、もうまるで総裁選騒動のさなかを狙ったように「毒米」問題を明るみに出したり、またちょうど良く恒例によって3人吊るす時期が来たのは、たしかに保岡さんの功績とはいい難いですが。運がいいとか悪いとかバカがうっかり口にするけどそう言うお前がよっぽどバカだとあんたを見ててそう思う。

この人は前も、ヘンな時期に死刑を執行しました。前回は2000年の11月30日。ちなみにこの人が法務大臣だったのは12月5日まで。ギリギリです。加藤の乱でクビは決定的でしたから、クビになる前にどうしても死刑をやりたかったようです。で、今回も内閣総理大臣辞任した後のことですから、遠からず法務大臣の椅子は失われてしまうことは分かり切っています。こんな時期に無理に執行することもないと思いますが、今やらなければもう出来ません。保岡さんとしては法務大臣となったからには人を殺さなければおさまらないんでしょう。悪いクセの持ち主です。

今日殺された3人は保岡さんが「いずれも自分勝手で非道な動機に基づき、尊い命を奪った事案」と認定したお墨付きです。もっとも死刑判決を下す以上は判決にはそう書いてあるに決まっているんですが。とりあえずじーさんを片付けた、という気もしないでもありませんが、萬谷義幸さんに関しては、僕は「人格障害」だと思ってました。この人は若い女性を見るとムラムラするんですが、普通一般の「ムラムラ」とは「ムラムラ」が違います。僕なんかと違って萬谷さんは若い女性に激しい敵意を抱いているのです。一審では心理鑑定が行なわれましたが、それによると萬谷さんはポニョみたいに幼女を理想化する一方で「思春期の不幸な性的体験」によって女性一般に敵意を抱くに至ったとされています。したがって被告人側は犯行は女性への憎しみによるものであって強盗目的ではないことを一貫して主張しましたが、ことのついでにバッグ(600円入り)を奪ったこともあったこと、そして何よりも取調べ段階で萬谷さんの女性への異常な憎悪というものを取調官が納得できなかったために犯行を合理的に説明する「動機」として「強盗目的」の供述を取ったものが裁判では最終的に採用されてしまったようです。

一審の大阪地裁米田俊昭裁判長はこれに加えて「仮釈放中で金に困っていた」という現状の更生制度そのものの問題点をも「強盗目的」を補強する材料として死刑判決を出しています。この点、大阪高裁内匠和彦裁判長も同様の論理で控訴棄却。最高裁深澤武久裁判長は上告を棄却するに当たって「被告は別の強盗殺人で服役しながら、仮出所後に短期間で再び同様の犯行に及んでおり、死刑を是認せざるを得ない」と言っていますが、これは萬谷さんが1968年に若い女性を対象にした同様の「強盗殺人」事件を起こして無期懲役判決を受けて服役していたことを指しています。しかしこの分では前の事件の「動機」も、本当のところはわかったものではありません。もし前回の事件の時点で「人格障害」について司法が正しく認識していれば、少なくとも若い女性がうじゃうじゃいる一般社会に仮釈放で出すことはしなかったはずで、そうしていれば1988年の殺人も萬谷さんの死刑も回避することが出来ました。

平野勇さんはもと勤めていた牧場を経営する夫婦の家に盗みに入ったところ夫婦に気づかれ、二人をナイフや千枚通しで刺したり花瓶で頭を殴って殺害、現金貴金属類を奪った上証拠隠滅のため放火したとされています。もっとも司法解剖鑑定書では被害者2名のうち1名の死因を不詳とし、凶器とされる花瓶は発見されていません。また、平野さんは牧場を辞めた後も度々この夫婦の家に忍び込んで盗みを働いていたとのことですから、今回もいつものコソ泥のつもりが家人に見つかってしまい、揉み合っているうちに威嚇用に振りかざしたサバイバルナイフが刺さってしまったとして殺意を否認する被告人側の主張には説得力があります。

例によって捜査段階では殺意を認めたものの、公判では殺意と放火を否認しています。被告人側では取調官の暴行があったことを主張しており、例えば平野さんは宇都宮中央署長あてに殺意を認める手紙を書かされたりしていますが、このような「手紙」を自発的に書くことは極めて異例であり、なんらかの強制又は威迫あるいは騙しに近いような「捜査技術」が駆使されたことを伺わせますが、これが宇都宮地裁肥留間健一裁判長によって殺意を認める証拠として採用されてしまいました。東京高裁安広文夫裁判長も自白の任意性を認めて控訴棄却、最高裁中川了滋裁判長も同様にして上告を棄却してしまいました。宇都宮の方では署長さんに気軽にお手紙を書く習慣でもあるのでしょうか。

山本峰照さんは「期日間整理手続」の犠牲になったかも知れません。弁護側は山本さんが長期に渡って睡眠薬を処方されていた点から、薬剤による心身耗弱を主張し、鑑定を求めていたものが却下されてしまったのは「整理手続」によって手続終了後の証拠調べが出来なくなってしまったせいなのかも知れません。薬剤に対する感受性は個人差がありますから何とも言えませんが、ちょっと気になるところです。おかげで審理は3回だけで終わりましたが、ちょっと気になっても死刑です。そんなんでいいのか。もっとも山本さんは自分で控訴を取り下げてしまいました。これは自殺に近いし、睡眠薬の処方の背景には自殺念虜があったのかも知れません。

神戸地裁笹野明義裁判長の判決文では、山本さんは「「以前断られていたが、もしかしたら金を貸してくれるかもしれない。貸してくれなかった場合は殺害して奪おう」と決意し」たとされていますが、他人ならともかく、男同士のいとこ同士でこんな「決意」を事前にしてしまうというのは或は睡眠薬の影響かも知れませんが、一方で、「被告人には「借金をすることができるかも」という期待があったというが、それは客観的に不合理で、本件犯行は必然的なものだった。」とする笹野裁判長の判断も相当に極端であること山本さんの「決意」に勝るとも劣らないものであり、見ようによっては「人間としての共感の片鱗も見出せない」ものですらあります。判決は往々にして「殺意」なり「犯意」なりが事前に明確な形を取っていて、それが「犯行」においてつつがなく現実化されるという書き方になりますが、これには疑問が残ります。例えば笹野さんだって、この判決文に現れた「決意」とは裏腹に、困った親戚に金を貸さないわけでもないでしょう。

もしかすると死刑判決というものはある程度の無理をしてでも機会を捉えてなるべく出さなければならないことになっているのかも知れません。今日の執行にしても、時期が時期だけに保岡さんにもおそらく色々と都合というものがあるはずで、いくら保岡さんでもなるべくならやりたくない、あるいはちょっと今そんなこと気が回らない時期ではないでしょうか。今回はむしろ「死刑を執行しなかった法相をひとりも出さない」という何らかの意志が働いているように見えます。それはあくまで死刑の存続を、国民の命を要求します。僕たち一人一人の命が狙われていると見て差し支えありません。法の適用は常に恣意的です。例えば街に看板は沢山ありますが捕まるのはこんな人だけです。世が世なら「皇室ニ對スル罪」で(「危害」を拡大解釈すれば)死刑ですよ。

<軽犯罪法違反>天皇家批判の映画ポスター張った監督逮捕

 天皇家を批判する映画の宣伝ポスターを許可なく張ったとして、警視庁公安部は11日、住所不定、映画監督、渡辺文樹容疑者(55)を軽犯罪法違反(張り札行為)容疑で現行犯逮捕した。一緒に作業をしていた30代の女性も同容疑で書類送検する方針。
 調べでは、渡辺容疑者は11日午前4時10分ごろ、東京都江東区亀戸4の街路灯に、「現天皇は昭和天皇の子供ではない」などと訴える自作の映画「天皇伝説」の宣伝ポスター数枚を張った疑い。今月に入り、同様のポスターを都内で約100枚張っており、警戒中の捜査員に逮捕された。
 渡辺容疑者は90年、カンヌ国際映画祭にも出品した「島国根性」で、日本映画監督協会新人賞(奨励賞)を受賞した。天皇制に反対するテロリストを描いた「腹腹時計」などの作品がある。

2008年9月11日 毎日jp


こりゃはっきり上映阻止だな。右翼に襲われるかもしれないとは思っていましたけど、ビラ事件以来警察は平気で「思想犯」を取り締まるんですね。で、一方では右翼も行動を封じられてしまうわけだ。したがって警察は左右共通の敵ということになる。はずです。


posted by 珍風 at 20:09| Comment(0) | TrackBack(20) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

萬谷義幸
Excerpt: 9.11 昼/ アサヒビールも回収。教諭、女生徒を恐喝。地震。BoA左腕骨折 ... 9月の海は血の海 死刑執行に抗議!そして!!死刑執行:保岡法相の就任後初、3人3人の死刑囚に死刑執行兩月一次日本..
Weblog: 浅尾美紀 写真 画像
Tracked: 2008-09-12 14:11

萬谷義幸 思春期の不幸な性的体験
Excerpt: 9.11 昼/ アサヒビールも回収。教諭、女生徒を恐喝。地震。BoA左腕骨折 ...執行されたのは▽萬谷義幸(68)=大阪拘置所収容▽山本峰照(68)=同▽平野勇(61)=東京拘置所収容−−の各死刑..
Weblog: 映画監督
Tracked: 2008-09-12 16:57

山本峰照 死刑囚情報
Excerpt: 宝くじ、当てたいですか? ⇒ 宝くじ・ロトで高額当選!【気になる話題の雑記帳】にようこそ!流行りの話題・注目の情報を随時掲載して行...
Weblog: 気になる話題の雑記帳
Tracked: 2008-09-12 17:19

平野勇
Excerpt: 有名な声優さんを教えて下さい! タイトルどうり、有名な声優さんを教えて下さい。有...
Weblog: じんの日記
Tracked: 2008-09-13 11:46

山本峰照
Excerpt: 9月の海は血の海 宇都宮の方では署長さんに気軽にお手紙を書く習慣でもあるのでしょ...
Weblog: かずみの出来事
Tracked: 2008-09-13 11:49

平野勇
Excerpt: 9月の海は血の海 ... 平野勇さんはもと勤めていた牧場を経営する夫婦の家に盗み...
Weblog: なりみの出来事
Tracked: 2008-09-13 15:24

萬谷義幸
Excerpt: 9月の海は血の海 ないでもありませんが、萬谷義幸さんに関しては、僕は「人格障害」...
Weblog: まいの出来事
Tracked: 2008-09-13 18:54

萬谷義幸
Excerpt: 死刑廃止論者の人に聞きたいのですが。 死刑廃止論者の人に聞きたいのですが。『強盗...
Weblog: みさきの出来事
Tracked: 2008-09-14 04:22

山本峰照
Excerpt: 9月の海は血の海 ... 山本峰照さんは「期日間整理手続」の犠牲になったかも知れ...
Weblog: かおりの日記
Tracked: 2008-09-14 08:13

平野勇
Excerpt: 两个月一次日本加快死刑执行速度 联合早...
Weblog: まさるの日記
Tracked: 2008-09-14 08:42

山本峰照
Excerpt: 大阪・東京拘置所で3人の死刑執行! 拘置所) ともに強盗殺人罪などが確定した 『...
Weblog: ゆみの出来事
Tracked: 2008-09-14 14:46

萬谷義幸
Excerpt: 3人の死刑を執行、法務省が発表 TBS News死刑が執行されたのは、萬谷義幸死...
Weblog: おうじの日記
Tracked: 2008-09-14 17:30

平野勇
Excerpt: 以前共産党内部では仲間を反共産スパイと決め付け、リンチという恐ろしい制裁を加.....
Weblog: じゅりの日記
Tracked: 2008-09-14 17:56

山本峰照
Excerpt: 3人の死刑執行、氏名など公表 保岡法相で初 日本経済新聞執行されたのは、万谷義幸...
Weblog: たくやの出来事
Tracked: 2008-09-14 18:02

平野勇
Excerpt: 3人の死刑執行…神戸の強殺、大阪の短大生刺殺など 読売新聞死刑が執行されたのは、...
Weblog: つよしの出来事
Tracked: 2008-09-14 21:32

萬谷義幸
Excerpt: 9月の海は血の海 ないでもありませんが、萬谷義幸さんに関しては、僕は「人格障害」...
Weblog: よしえの出来事
Tracked: 2008-09-15 22:05

平野勇
Excerpt: 9月の海は血の海 に仮釈放で出すことはしなかったはずで、そうしていれば1988年...
Weblog: まりえの日記
Tracked: 2008-09-15 22:42

山本峰照
Excerpt: 9月の海は血の海 宇都宮の方では署長さんに気軽にお手紙を書く習慣でもあるのでしょ...
Weblog: さやの出来事
Tracked: 2008-09-16 04:29

山本峰照
Excerpt: 9月の海は血の海 宇都宮の方では署長さんに気軽にお手紙を書く習慣でもあるのでしょ...
Weblog: あきこの出来事
Tracked: 2008-09-16 19:32

山本峰照
Excerpt: 3人の死刑執行=法相就任から1カ月 時事通信執行は6月以来で、8月に就任した保岡...
Weblog: じんの出来事
Tracked: 2008-09-16 20:01
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。