2008年09月27日

日本のガン中山成彬ぶっ壊れて二人前

やはり「毛並み」が悪かったのか顔がマズかったのか戦後教育が悪かったのか日教組が悪かったのか頭が悪かったのか中国に生まれていれば良かったのか韓国のヘンな宗教から金をもらったバチが当たったのか知りませんが、中山さんの暴言失言はアホ太郎の不在を補ってあまりあるくらい本日も益々驀進中であります。

「大臣にしがみつかない」=日教組は「日本のガン」−中山国交相

 中山成彬国土交通相は27日午後、一連の問題発言をめぐり、自らの辞任を求める声が与党内でも出ていることについて「国会審議に影響があれば、(ポストに)きゅうきゅうとしているわけではないが、教育改革、地方の高速道路(の整備)とかをやりたいなという思いがある。しがみつくつもりはないが、(今後の)推移を見守りたい」との考えを示した。宮崎市内で記者団に語った。
 発言に対する野党や世論の反応については「わたしの失言というか、舌足らずというか、言葉狩りに合わないように気を付けんといかん」と述べた。その上で、「日教組が強いところは学力が低い」との発言について「撤回はしない。わたしは日本の教育のガンは日教組だと思っている。ぶっ壊すために火の玉になる」と強調した。

2008年月27日 時事


日本の政府は今までも色々な手を使って労働組合を潰してきましたから、中山さんが火の玉ボーイとなってさっさと拳闘家姿位をとって炭になって灰になったところで誰も驚きませんが、ガソリンもまだまだ高いですから手伝ってあげるわけにはいきません。

もちろん政府による労組潰しは一般的には憲法第21条の「結社の自由」を侵すことになるでしょうし、公務員である教職員について地方公務員法第56条の「不利益取扱」に該当するおそれがあり、不当労働行為と看做すべきものでしょう。もっとも中山さんの「学力」ではそのような認識はないようです。

世の中には「日教組」が「ガン」だと思っている人もいるでしょうし、バナHを飲めば100%治ると思っている人もいるでしょうけど、政府が労組の潰滅を企んでいることを大声で言ってしまう、しかも国務大臣という立場で、しかも選挙を控えたこの時期に、ということになると居酒屋でホッピー片手に気炎を上げるオヤジもちょっと呆れてしまいます。どうせろくなことを考えてないんでしょうけど、それにしてもわきまえちゃどうか、というようなことも中山さんの「学力」では覚束無いようです。

中山さんは「宮崎県立小林中学校」に通われていたそうですが、中山さんのオツムの程度からすると、この学校は「日教組が強い」ものと思われます。かの名門「鹿児島ラ・サール高校」も「日教組が強い」ばかりではなく、「東京大学法学部」も「日教組」の牙城と化しているものと見て間違いありません。そして恐るべきことに、大蔵省(当時)にも「日教組」による「戦後教育」の魔の手が忍び寄ってきているばかりではなく、「世界銀行」などはもう全員が「日教組」にアタマをヤラレているので、どいつもこいつも「学力」が低い、ということになっております。

中山さんもそうとうヤラレているようで、日教組が支持しているからという理由で民主党も解体するなどといっています。やはり「学力」が足りません。多分中山さんなりの選挙のお手伝いをしているつもりなんでしょうから涙を誘いますが、なんと学力テストは「日教組が強いところは学力が低い」ことを証明するために始めたことのようなのですから開いた口が南極Z号です。それで地元の宮崎県が日教組組織率1割未満でテストの成績はまずまずだった一方で大分県は組織率6割以上でテストの成績は全科目平均以下だったそうです。

もっとも「学力テストの成績と組合の「強弱」が相関する」という「仮説」を支持しないデータも沢山あるのですが、「学力」のしからしむるところで自分に都合の良いデータしか見ません。自分に都合の良いところだけ見て、「学力テストを実施する役目は終わった」などと言ってしまいました。「子どもたちの学習の到達度・理解度を把握し検証する」というウソはもはやどうでもよくなったようです。ちなみにこのトンデモ仮説の検証に費やした予算は60億円。中山さんに賛成してくれるのは大阪の橋下さんだけですが、あの人に応援してもらうくらいなら孤立無援の方がまだマシです。

とはいっても中山さんは自民党の赤裸々な姿を「誤解」の余地なく有権者の目の当たりに晒してくれたという意味では貴重な功労ですし、その功績はクビにしたからといって消えてしまうようなものではありません。それに後任者もどうせ同じようなもんでしょ。

まあ、実施を決定した当時の大臣がもういいといってるんですから止めたらいいんじゃないかと思いますが、文部科学大臣ってのはどうもオカシナ人が多いようです。やはり「日教組」との接触が多いので毒が回るのでしょうか。こんど文部科学大臣になった塩谷さんも就任早々わけのわからないことを言い出す点では負けていません。

「18歳で1人前に」=高校教育の議論を−塩谷文科相

 塩谷立文部科学相は25日の記者会見で、高校教育の現状を「大学の予備校的な状況であり、到達点が不明確だ」と批判した。「18歳で卒業したら1人前の社会人という目標の下で、どういう内容の教育をやるか。高校卒業検定みたいなものがあってもいいのかなと思う」と述べ、具体策を検討する必要性を強調した。
 成人年齢を18歳に引き下げるとの議論にも触れた上で、「今の高校生を見ていて、立派な1人前になったなと思えないのではないのか」と問題意識を示した。

2008年9月25日 時事


塩谷さんは決して文教関係には素人なわけではありません。むしろその反対なのですが、言っていることは素人以下です。高校が「大学の予備校的な状況」であるのが問題であるとするならば、高校ではなくて大学の方をなんとかしなければなりません。例えば大学入学時の選抜を一切行なわないで希望者は全部入れてしまうとかしなければ、高校で「どういう内容の教育を」やるにしても、大学入学のための「予備校」が別に必要になりますし、そうなると「大学の予備校」ではない高校は進学希望者にとっては存在価値皆無です。

大学の選抜方式が根底的に変わらない以上は高校の状況は変わりようがありませんし、その意味でなら「高校卒業検定」は昔から存在します。「大学入学資格検定」はまさに塩谷さんが言ったような意味合いから名称を変更して「高等学校卒業程度認定試験」となっていますが、これは大学入学資格を与えることが主旨ですが、国家資格試験等における受験資格としての学歴要件も満足しますので、まさに「高校卒業検定みたいなもの」そのものです。

塩谷さんの「学力」も高校卒業程度までいっているのかどうか心配ですが、困ったもんなのは「立派な1人前」という意味の分からない言葉を定義せずに持ち出してきて、それが彼のお話の前提になっていることです。このことによって彼のお喋りは全く無意味な音声を口から出す以上のものではありません。一体何をもって「一人前」とするのか、その基準も認定機関も存在しないのです。例えば中山さんは「一人前」を通り越してしまったのかも知れませんし、塩谷さんはまだ「一人前」の記者会見が出来ていません。

そもそも公教育は「立派」とか「一人前」とかいう社会的な価値を直接の目標にはしていないということもありますし、その一方で社会一般では学校を卒業したばかりの人間を「一人前」とみなさないことが多いようです。もしどうしても「18歳で卒業したら1人前の社会人」ということにしたいのであれば、「一人前」という言葉を「高等学校卒業程度と認定されること」と定義するしかありません。そうしてしまえば何ら「具体策を検討する必要性」は発生しないわけで、安心して選挙で落ちることが出来るのです。


posted by 珍風 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。