2008年10月13日

ジャパニーズ・サイコ

「疑惑の銃弾」から「疑惑の『自殺』」まで、「国際的疑惑男」三浦和義さんはただでは幕を下ろしませんでした。もしかすると幕は今上がったところなのかも知れませんが。なんと「主人公」が死んでから始まる第2幕。「オヤジのシャワーシーン」はありません。

元弁護人「誠にやり切れない」=遺体引き取り拒否も−三浦元社長自殺

 ロス疑惑銃撃事件で、ロサンゼルス移送後に自殺した三浦和義元会社社長(61)について、日本での裁判で主任弁護人だった弘中惇一郎弁護士が13日、東京都内で記者会見し、「誠に残念でやり切れない」と話した。
 また、ロスに到着した元社長の妻から連絡があり、米側に死亡経緯の徹底調査を要求する意向で、解明されない限り、遺体引き取りを拒否すると伝えてきたことを明らかにした。
 弘中弁護士は「なぜ自殺と言えるかはっきりしない」とし、ロス市警の発表について「検視資料などを把握しない限り、信用できる状況ではない」と話した。

2008年10月13日 時事

三浦さんがいくらふてぶてしかろうが世間をなめていようが元気だろうが闘志満々だろうが一般的に留置場では自殺の可能性がかなり高いのですから自殺防止のための体制は常識であって、三浦さんだけ特別扱いするはずもありません。何故自殺したのか、というよりも何故自殺が可能だったのか、という点が「疑惑」の焦点であります。

中には「自殺」したことをもって三浦さんが「罪を認めた」かのように思う暢気な人もいるかもしれませんが、そんなことならとっくに自殺してるはずですから却下。(悪い意味で)自殺するようなタマじゃないと思った人座布団1枚。(良い意味で)自殺なんかするような人じゃないと思った人は三浦さんの女性ファンだったりして。

死をもって無実を訴えた、なんてえのは三浦さんのキャラじゃありません、てゆうか実際に訴追されて有罪となる可能性は決して高いものではなかったのではないかとも考えられます。着手され完成された犯罪について共謀共同正犯が問われ、無罪の判決が確定しているときに、実際の犯罪行為とは無関係の、しかし実際の犯罪行為があったことによって推定される「共謀」を問う事が出来るのか。

あるいは「共謀罪」と「共謀共同正犯」との大きな違いが犯罪の「実行」の有無であるとすると、既に「実行」された犯罪において行なわれたと思われる「共謀」について、これを切り離して別個に「共謀罪」で訴追する事はフツーに考えればこれは無理な話しではないかと思えます。同じ一つの「共謀」事実であって、これは一事不再理にあたるのではないでしょうか。

もちろん、被告人の迷惑を度外視すれば法廷で争ってみるのも面白いかも知れません。しかしむしろこの件では、日本の「共謀共同正犯」における「共謀」の概念と英米法の「コンスピラシー」における「共謀」とは違うもんだという説を、日本の世論にとって最も効果的な仕方で声明しようとしているようなのですから、あまり面白くもありません。

この説によれば、したがって日本にも「共謀罪」が必要である、ということになるんですが、しかもこれには「国連国際組織犯罪防止条約」におけるいわゆる「同意」と、「コンスピラシー」すなわち「共謀」あるいはより一般的に「陰謀」との混同も図られています。「同意」というのは一方が何らかの提案を行なって他方が承諾するということですが、「共謀」あるいは「陰謀」は、各人の明確な意思表示が行なわれる「謀議」を必ずしも必要としていません。「目配せ」とか「瞬き」でオッケーです。極端な話し、何もしなくても成立させられます。

仮に今回の三浦さんの「疑惑の逮捕」が、このような政治的な意図によって演出された「陰謀」であるとすれば、残念ながら三浦さんには全く勝ち目はありません。もし三浦さんが我が身の前途を悲観し、刑を恐れて死を選んだのであるとすれば、以上のような読みがあったことも考えられます。そしてもしそうだとすれば、彼の死は日本への「共謀罪」の導入において思わぬ障害となったことになるのですが、事はそれほど単純でもないのかも知れません。

やはり三浦さんを「共謀罪」で訴追する事は難しかったのではないか。故に裁判は行われてはならない。しかし「こういう場合に『共謀罪』で訴追する事が出来そうだし、もしやっていれば有罪に出来たはずだ」という「印象」だけは残すことは出来るわけです、死ねば。「印象」だけですが。少なくとも裁判やって負けちゃうよりは効果的かと。とんだ「陰謀」ですが、これだと「自殺」が「疑惑」でも納得はできますね。


posted by 珍風 at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。