2005年12月22日

「ホワイトカラー・エグゼンプション」って長いからそのうちやっぱり4文字に短縮されるんだろう。「ワイエグ」でいいか?

まあ師走だてえんで北国の佐藤さんならずとも忙しい忙しい。僕なんざ自慢じゃないけどここんとこもうTヶ月以上お休みてえもんがないんだからたまりません。テレビなんかもあんまり見れないから世の中何がどうなってるのが全然分からない。とにかくデタラメ建築事件とオリックス、広田レオナと村上里佳子と内田有紀の三美女連続離婚なんかで騒がしいのは分かるんですが、人が忙しくしている隙に下のようなことをやっている閑人がいるのですから全くもって風流なことですが、

時間管理ない新制度提案 一般労働者は残業抑制
 厚生労働省の「今後の労働時間制度に関する研究会」(座長・諏訪康雄法政大教授)の報告書の骨子が20日、判明した。企業が社員の労働時間を管理せず残業代を払わなくてもよい新たな制度を示し、制度の適用対象者には働き過ぎないよう特別休暇付与や精密な健康診断を義務付けることを提言した。

 新制度は大企業で中枢のプロジェクトに携わり相当な年収を得ている幅広い裁量がある社員や管理職間近の社員を想定。一方、こうした要件に当てはまらない一般社員には企業が計画的に連続休暇取得を義務付けたり、過度な残業に対しては残業代の割増率アップや罰則強化などを提案した。
(中国新聞)


この「今後の労働時間制度に関する研究会」は今年の春から月に2回ぐらい集まっては労働者をとっちめる相談をしている風流人の会でありますが、最近残業手当を払わないような会社があると、従業員が労働基準監督署にいいつけに行くのが多いので、それをやめさせるべく「ホワイトカラー・エグゼンプション」の導入を企んでいるのです。要は労働時間規制の適用除外を、現状の管理監督者からもっと広げようというわけで、例えばこの「中国新聞」の記事では「大企業で中枢のプロジェクトに携わり相当な年収を得ている幅広い裁量がある社員や管理職間近の社員を想定」しているそうですが、中小企業が入らないわけはないし、「中枢のプロジェクト」って何だかわからないし、「相当な年収」とは1000万なのか400万なのか、「管理職間近」とは係長か主任か班長か、どうとでも取れるようで一向に分からないので別の新聞を見ることにしましょうか。

休日・深夜割増賃金、一定年収以上ならゼロも――厚労省が素案

 労働時間規制の見直しを検討してきた厚生労働省の研究会の報告書素案が20日明らかになった。一定水準以上の年収を得ている会社員を対象に、休日や深夜の労働に割増賃金を支払う規制から除外する。労働時間でなく成果や能力で評価する社員を広げる狙いで、管理職でない人も対象とする考えを打ち出す。

 研究会は来年1月に最終報告書をまとめる。労使の代表や学識経験者からなる労働政策審議会での検討結果を踏まえ、厚労省は2007年の通常国会で労働基準法など関連法案の改正を目指す。

[12月21日/日本経済新聞 朝刊]


「労働時間でなく成果や能力で評価する社員を広げる狙い」だそうです。さすがに日経は分かりやすい。適用除外要件を云々するよりも、要するに適用除外をどんどん拡大しようという基本的な方針があるということが良く分かります。将来的には労働時間規制そのものの撤廃まで視野に含めた、秀逸な記事であると言っても過言ではないとしても言い過ぎです。法改正は2007年の通常国会を狙っているそうです。
もうちょっと詳しい記事が昨日の夜に出てるようです。

労働時間規制:年収が一定水準以上なら時間外手当なし

 厚生労働省は21日、労働時間の管理を受けず、成果や能力に応じた賃金制度で働く労働者で、一定水準以上の年収があって本人同意がある場合、労働基準法による労働時間規制の適用除外とすることを盛り込んだ研究会報告書の素案をまとめた。現在は幹部社員にあたる「管理監督者」だけが労基法の労働時間規制の適用除外となっているが、成果主義の広がりなどを受け、除外対象を拡大する形だ。

 素案によると、(1)仕事の進め方や時間配分の指示を受けない(2)成果・能力に応じた賃金決定(3)一定水準以上の年収(4)本人同意(5)実効性のある健康確保措置(6)導入に際しての労使協議−−を要件に労働時間規制の適用除外とし、こうした労働者は出退勤時間を自由に設定して働ける一方、企業側は時間外・休日労働に対する割増賃金の支払い義務がなくなる。具体的なイメージとして「中堅の幹部候補者で管理監督者の手前に位置する者」を挙げ、▽一定の職位・職階にある▽週休2日制に相当する休日を実際に取得−−などの指標を示した。また、「一定水準以上の年収」については、各企業が労使協議で決めることを想定しているが、従来より年収が下回らないことを原則とし、下限を法令で設定することも提案している。

 研究会は来年早々に報告書をとりまとめ、同省は労働政策審議会での議論を経て、労基法を改正する方針。【大石雅康】

毎日新聞 2005年12月21日 20時19分


一応詳しい要件が示されているようですが、会社側から見れば(1)と(2)はどうとでも出来るし、(3)はまだ決まっていないようだけど(4)なんか同意しない奴はクビだ、(5)もどうせ健康診断が1回増えるくらいのものだ、(6)に至っては労使協議会なんて会社に逆らえばどうなるかはわかっているだろうな、おい、なんちゃったりして、ドスでほっぺたをペシペシしちゃう。指標とやらについても「▽一定の職位・職階にある」なんて肩書きをつけちゃえばいいんでしょ。「▽週休2日制に相当する休日を実際に取得」なんてのも、時間管理をしないのにどうして実際に取得しているのが分かるのか、おまえら説明してみろってなものです。

一般労働者には労働時間規制を厳格にするといってはいますが、現状でも不正なサービス残業の横行を一向に抑制できないくせに何を偉そうなことを言っているのかよくわかりません。成果主義の推進にも多くの問題があり、不用意に導入すると労使共に怪我をする虞れがある点ではアナルセックスみたいなものです。むしろ労働時間規制除外のテキトーな口実にしかすぎないんでしょう、本当は。
労働時間なんてものは規制しない限り増大するものですが、仕事の質を生活の質を両立させるには時間規制をとっぱらうのは良くないでしょう。1日は24時間しかないわけですから、これを上手く運用するには時間割りによるしかありません。もっとも、諏訪康雄その他の風流人には労働者がやっている「生活」なんてものの存在すら信じられないことなんでしょうが。
この「ホワイトカラー・エグゼンプション」は、アメリカでは広範囲に行われているようですが、あそこはストライキに対して多額の賠償金を要求する野蛮国ですからあまり参考になりません。しかしコイヌミなんかは我々をこの野蛮国の邪神の祭壇に生け贄として捧げるつもりでこんなことをするのですから、キングコングが助けてくれるかどうかわかったものであはありません。僕がコングだったら広田レオナと村上里佳子と内田有紀は助けてあげますが。

続きはこちら
http://worstblog.seesaa.net/article/10986371.html
posted by 珍風 at 07:34| Comment(1) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
老人から金を取るときは団塊の世代と若者に訴え、
ホワイトカラーから金を取るときはブルーカラーに訴える
ということでしょうね。

単なる労働者、という団結が出来ればいいでしょうが、サラリーマンだけど経営側とだまされている人も多いですしね。


Posted by いいですね at 2006年07月24日 22:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

吉岡秀隆と内田有紀。スピード結婚はスピード離婚で決着しました。
Excerpt: ▲はやすぎます 吉岡秀隆(35)と内田有紀(30)が21日、離婚届を提出したそうです。 2002年12月に結婚し、4年目に入ったところで結婚生活にピリオドを打ちました。 関係者による..
Weblog: 楽天のためいき
Tracked: 2005-12-22 12:03

ホワイトカラー・エグゼンプション導入に断固反対!
Excerpt: ある会社にAさんとBさんがいます。Aさんはある業務を効率的に行い、定時より30分遅れの18:30に退社しました。一方、Bさんも同じ業務を行っていたが、あまり効率が良くなく、3時間残業し2
Weblog: sons and daughters -blog-
Tracked: 2006-01-02 16:02

アホでマヌケな経団連
Excerpt:  まさしく強者の理論。社団法人日本経済団体連合会の振る舞いがひどすぎるのである。そこで今回はこれまでに私が見聞きしてきた、経団連のとち狂ったとしか思えない珍発言のベスト3をご紹介。エリート集団のアホさ..
Weblog: TNKソフトウェア
Tracked: 2006-08-12 19:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。