2008年11月25日

大阪俗悪警察

ヤジ、怒号再び… 大阪・橋下知事の教育討論会

 大阪府の橋下徹知事が教育問題について府民と意見を交わす2回目の討論会が24日、大阪厚生年金会館(大阪市西区)で開かれた。中盤までは混乱なく進行したものの、知事が「競争を否定する教員は無責任」と発言したとたん、教育関係者とみられる参加者から反論のヤジが相次ぎ、会場は一時騒然とした。
 10月26日に堺市で開かれた1回目の討論会では、知事に対し「帰れ」「教師の数を増やせ」などと罵声(ばせい)を浴びせる教員らが続出。このため府教委は今回、「ヤジに類する言動があった場合は退出」とのチラシを会場で配布するなどの策を講じた。
 この日の討論会には約1700人の府民が参加。このうち事前の抽選で決まった10人が意見や質問を述べ、これに応じる形で橋下知事や陰山英男教育委員(立命館小学校副校長)らが持論を展開した。
 「競争を強いることで子供の意欲がはぐくまれるとは思わない」との参加者の発言に対し、橋下知事は「競争を否定してはいけない」と反論。「先生から『競争はよくない』と教えられた子供たちも、高校を出たとたん競争の荒波にほうり込まれる」とし、「競争を否定できるのは絶対に倒産がない公務員だから。それが教員の無責任さだ」と述べた。
 この発言の途中から、会場は、「帰れ」といった怒号と知事を支持する拍手が渦巻く異様な雰囲気に。
 続いて設けられた希望者の意見表明のコーナーでは、2人の教員が「教師はみんな一生懸命やっている」「知事への拍手が多かったのは意外だ」と発言。これに対し陰山委員は「一生懸命やっているということを理由にするな。プロなら結果の出ないような努力をするな」と反論した。
 討論会の後、報道陣の取材に橋下知事は「ヤジを飛ばしていた人たちは前回と同じ顔ぶれだった。前に比べて勢いがなかったのは、自分たちの主張が府民に受け入れられていないと(会場の雰囲気から)感じたためではないか」と話した。

2008年11月24日 産経ニュース


産経さんによれば「ヤジが相次ぎ、会場は一時騒然」、「「帰れ」といった怒号と知事を支持する拍手が渦巻く異様な雰囲気」だったそうです。もっとも橋下さんによれば「勢いがなかった」そうで、その理由について「自分たちの主張が府民に受け入れられていないと(会場の雰囲気から)感じたためではないか」と、例によって自分に都合良く解釈しています。もっともこの点についてはこんな話しもあります。

府民討論会:教育テーマに熱い討論 橋下知事らと府民1700人が参加 /大阪

 教育問題を巡る橋下徹知事らとの府民討論会「大阪の教育を考える」が24日、大阪市西区の大阪厚生年金会館であった。発言者に対するヤジが問題となった10月26日に次ぐ2回目で、約1700人が参加。府警西署の警察官らが警備する物々しい雰囲気のなか、参加者からは「競争は教育になじまない」「反復学習を全校で取り組むべきだ」などの意見が出た。
 公募された10人が意見を述べ、橋下知事や小河勝・府教育委員ら5人が回答する形で進行した。吹田市の男性は「教育条件を整えるのが政治の役割で、学力だけを重視すべきではない」と指摘。橋下知事は「環境整備は知事の責務だが、限られた財源で工夫するのも行政の役目。理解してほしい」と答えた。
 また、豊中市の男性は「競争は学ぶ意欲を奪う。求められるのは競争主義にどう向き合うかではないか」と主張。小河委員は賛意を表明し「反復学習により『分からない』との事実を取り除いてやることが大切で、競争という俗悪な世界は不必要」と述べた。橋下知事は「学校を卒業すれば競争が待っている。競争できる子から競争を奪ってはいけない」と持論を展開した。
 府教委は前回の騒動を受け、全参加者に迷惑行為を禁ずるチラシを配布。競争を巡る議論を巡っては、会場から「人間力を否定するな」とのヤジも飛んだが、騒ぎには至らなかった。参加した大阪市港区のパート職員の女性(40)は「大阪の教育が変わるという期待感は持てた」と話していた。【平川哲也】

2008年11月25日 毎日新聞


今回は「ヤジに類する言動があった場合は退出」というチラシを配布しただけではなく、オマワリさんが「退出」させるべく待ち構えていたようです。なるほど確かにそういう「会場の雰囲気」だったわけです。府民はともかくオマワリさんは「受け入れ」ないかも知れません。てゆうか連中が「受け入れ」るのは命令だけですから、橋下さんの指示によってオマワリさんの指揮命令系統が動き出すことになると厄介です。昔のオマワリさんは「弁士中止」をやりましたが、今のオマワリさんは観客席から引っ立てます。

いずれにしても平川さんは「ヤジも飛んだが、騒ぎには至らなかった」と思っているのですから、これは平川さんが居眠りこいてたか、逆に産経さんが「騒然」とした「異様な雰囲気」の夢を見ていたのか、どちらかでしょう。夢見てる連中には朝の日光でも浴びせてあげましょう。

橋下知事、討論会でまた教員批判 「教育には競争必要」

 大阪府の橋下徹知事や府教育委員らが直接、府民と意見を交わす府民討論会が24日、大阪市内で開かれた。テーマは「大阪の教育を考える 教育日本一をめざして」。参加者からは競争を強いることに疑問の意見も出されたが、全国学力調査の成績向上をめざす橋下知事は、子どもが将来の夢を実現するためには競争に耐える力をつけることが必要と持論を訴えた。
 討論会には約1700人が参加。抽選で選ばれた府民から「競争をあおるほど学ぶ意欲が育たない」「教育は競争や比較とは違う」との意見が出た。橋下知事は「社会に出たら全部競争。競争を否定して、競争の荒波に子どもたちを放り投げて後は知らん顔する。一部の教員の無責任な態度だ」「できる子には競争してもらう。だけどできない子は絶対に救います」と理解を求めた。
 これに対し、元大阪市立中学校教諭の小河(おごう)勝・府教育委員は「荒れている子は、人との競争でなく、自分がわからないことに苦しんでいる。だから学力が必要だ」と指摘。「教育は競争のためにあるんじゃない」と知事に忠告する場面もあった。
 10月に開かれた1回目の討論会は激しいヤジが続き会場が騒然とした。2回目の今回は参加者にヤジや横断幕の持ち込みが禁止され、入場時に手荷物検査があるなど物々しい雰囲気で始まったが、大きな混乱はなかった。

2008年11月25日 asahi.com


やはりオマワリさんの目が光っていたり、「手荷物検査」まで行われるという「異様な雰囲気」のおかげか、「大きな混乱はなかった」ようです。しかし橋下さんは朝日さんのことが嫌いのようですし、そうなると朝日さんも橋下さんが嫌いかも知れません。そこで讀賣さんの御意見も聞いてみなければ著しく公平を欠くというものでしょう。

教育討論  知事「努力や我慢も必要」 
会場からは教員増の要望

 橋下徹知事と府教育委員が府民と意見を交わす2回目の府民討論会「大阪の教育を考える」が24日、大阪厚生年金会館(大阪市西区)で開かれた。学力向上を重点課題に据える橋下知事は「競争を否定しても社会に出れば、競争がある」「競争しなくて良いと口にするのは公務員だけ」など、約1700人を前に持論を展開。参加者からは「テストの点を取ることだけが目的になる」「まず教員を増やすなど環境整備を」との反対意見が出た。
 10月に開かれた前回は、橋下知事の施策に反対する教職員らが激しいヤジを飛ばし、橋下知事が「こういう教員が現場で暴れている」などと発言する騒ぎがあった。このため参加希望者が倍増し、収容人数の多い会場に変更して行われた。
 教育委員4人が参加。陰山英男、小河勝の両委員が「学校が荒れるのも、学力問題が根底にある」「朝食を食べ、きちんと寝るなど生活習慣が重要」などと力説し、橋下知事も「『人間力』などのきれいごとではだめ。努力や我慢が必要だと教えることも大切」などと訴えた。
 今回は、主催の府教委が会場内でヤジを飛ばすことや、主張を書いた横断幕の持ち込みを禁止する注意文書を配布。会場前で教職員の人件費削減に対する抗議行動などが行われたが、大きな騒ぎはなかった。

2008年11月25日 読売新聞


前回はヤジが面白かったので「参加希望者が倍増」したそうですが、「大きな騒ぎはなかった」とは残念でした。ヤジのない大阪なんて大阪じゃありません。そういうわけでデタラメを書いているのは産経さんでした。こういうあたかもイベントが盛り上がったかのようなヤラセ記事を書いてもらわなくちゃならなくなった橋下さんは、残念ながら落ち目というべきでしょう。そのうち何も書かれなくなります。毎日なんて既に地方版です。

それはともかく、黄泉売さんは陰山さんと小河さんが口を揃えて橋下さんのフォローに回ったように書いていますが、朝悲惨によれば小河さんは「知事に忠告」したそうですし、前に遅参の記事では「俗悪」とまで言っています。「俗悪」とはまた、橋下さんを表現するのに大変適切な言葉です。

そして惨刑さんに至っては小河さんの名前も見えません。シカトであります。あたかもその場にいなかったかのようにキレイさっぱり、澄み切った空気のように扱われています。やはりこれは小河さんは参詣さんの逆鱗に触れたか橋下さんの気に触ったか誰かを怒らせてしまったようです。小河さんが今回オマワリさんの餌食にならなかったのは、まったくの幸運というものでしょう。

しかし幸運とはいつまで続くか分からないものです。小河さんは「俗悪」なる「競争」も、「教育」の手段としてその是非を論じるところですが、橋下さんにとっては「教育」の方が「競争」のための手段なんですから、正反対なのでした。「大阪の教育を考える」のは「教育日本一をめざして」るからなのです。「日本一」とか「日本二」とか数字がつかないと橋下さんは興味を持ちません。「百回マスかき」だか何だか知りませんが、小河さんは陰山さんみたいにちょろちょろうまく立ち回らないようなのですから、橋下さんなどと一緒になってイタズラにキャリアに傷をつけているのには大笑いです。


posted by 珍風 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。