2008年12月11日

脳内イメージブロッキングとエロエロ妄想垂れ流し

福原愛さんが恋愛をしたので謝罪されたそうです。まあちょっと可愛いようでもありますから、てゆうか可愛くなくたって恋愛とかセックスなどをするのは良いことですが、一部のモテない人たちが焼き餅を焼くらしい。中には「オリンピックは税金で行ってるんだから」なんて、これはもう例の「イラク人質事件」の被害者バッシングと同じようなこと言ってる人もいたりしますが、そういう人のアタマの中は、実は錦織と愛ちゃんのエッチなシーンで一杯だったりするんじゃないでしょうか。ちょっと見せろ。

あなたの夢、映像化できるかも!?

 人の脳の血流変化を調べ、その人が見ている図形や文字を映像化することに国際電気通信基礎技術研究所(ATR、京都府精華町)などの研究チームが世界で初めて成功、11日付の米科学誌ニューロンに発表した。チームは「技術を発展させれば、寝ている人の夢を画像として取り出すことも可能だ」と話している。
 実験では、脳などの血流を見ることができる「機能的磁気共鳴画像装置(fMRI)」を使用。まず、この装置でチームのスタッフらが目の前の画像を見た際に、大脳の視覚野の血流がどう変化するかを調べた。
 画像は正方形で、縦横それぞれ10列、100のマスを白黒で色分けすることで図形などを表現。約400枚の画像を1枚当たり12秒間見せて血流変化のデータを蓄積、画像の模様と脳活動を関連づけるコンピューターのプログラムに学習させた。
 その後、アルファベットなど新たな模様の画像を見せて脳の活動を測定し、プログラムで解析すると、ほぼ元の画像を再現できた。
 頭の中で描くイメージを直接取り出せれば、デザインや芸術分野への応用も可能。幻覚症状を伴う精神疾患の新たな治療法の開発につながるとも期待される。
 ATR脳情報研究所の神谷之康室長は「今回の手法は、視覚だけでなく他の感覚にも応用できる。将来は、感情など複雑な心の状態も読み取れるようになるかもしれない」と話している。
◆カラーで再現可能
 理化学研究所脳科学総合研究センターの程康(チェンカン)認知機能表現研究チーム副チームリーダーの話 今回の成果は、脳の活動を解読する研究にとって大きな前進といえる。測定精度を上げていけば、カラーでの再現も可能。この分野の研究の進歩は早く、10年後には脳の分析から、人が何を考えているかある程度分かるようになっている可能性もある。

2008年12月11日 中日新聞


昔「ESPカード」というものがありまして、これは5種類の図形が書いてあるカードで、「超能力」のテストに使うんですが、試験者が例えば「円形」のカードを引いたとすると、試験者がそのカードを見てイメージした「円形」を、あっちのついたての陰にいる被験者が「テレパシー」で読み取るんだとかなんとかそーゆー話しなんですが、なんとfMRIを使って他人のアタマの中のイメージを読み取れるというわけです。

「ESPカード」みたいに5種類などとケチなことを言わずに、今のところモノクロですがアルファベットくらいは読めるのです。下の図の上段が被験者に見せたパタン、下段が被験者のアタマの中を読み取った結果です。モザイク修正されたAVを見るときのように目を細めましょう。

neuron.jpg

将来は寝ている人の夢を覗けるようになるかもしれないそうです。そんなものを見てどうするつもりか知りませんが、まあ親しい人の夢など覗かないのが賢明というものでしょう。てゆうか夢というのは後で思い出すような、あんな映画のようなことになっているのかどうか。

この技術の応用としては「デザインや芸術分野」、「幻覚症状を伴う精神疾患の治療」、あるいは筋萎縮性側索硬化症の患者が意思を伝達したり、ロボットや電気製品の操作にも使えると報道されていますが、それには留まりません。10年くらいすると「人が何を考えているかある程度分かる」ようになるかもですから、たとえば警察の取調べなどでも使えるかもしれません。まさに「可視化」というわけです。

もっとも、被疑者に被害者や犯行状況の情報を予め与えておくことによって、あたかも実際に犯行を行ったかのようにイメージさせることは極めて容易でしょう。実際の取調べというものは往々にしてそのように行われているやに耳にすることがありますが、被疑者の脳内イメージの証拠能力はあまりないようです。それでも心配な人は、いつでも目の前にいる人物、例えばこの場合は取調官ですが、それをアタマの中で裸にしていたぶることをイメージする訓練をしておきましょう。あなたの脳内イメージを見た取調官は身をよじって喜びます。

似たような場合として裁判員の選考があります。10年後にも裁判員制度が存続しているとはちょっと考えにくいものの、役人には過ちを新たむるに憚る人が多いのですし、法曹はとりわけそのような傾向が強いのですから油断はなりません。このような場合、あまり加虐的なこと、例えば裁判官の首を吊るして痙攣しながら死んでいくところを背後から肛門を犯す、などということをイメージしていると、かえって裁判員をやらせられる可能性を高める場合があります。注意したいものです。

多くの企業が人事管理にこの技術の応用が容易になることを望むでしょう。しかしながら新規採用者や採用しようとする人に対して、健康診断と称してfMRIにかけるのは簡単なことです。「就活」に際しては、意志的に当たり障りのない内容でアタマを一杯にする訓練が欠かせません。しかし最初からアタマが空っぽの人には叶わないかもしれません。

「就活」といえば「婚活」なんだそうで、なんのことはない、昔は女子の人は結婚することを「永久就職」とか言っていたのですが、これからは容貌や「ビッグピーチ」だけではなくアタマの中も重要です。昔つき合っていた彼氏が夢の中に出てきたりしたらアウトです。都合の悪い記憶を消すために頭部を強打して「婚活」にのぞみましょう。

とはいうものの、他人のアタマの中を覗こうとするような人にロクな奴はいません。そんな連中にはあなたのとっておきのイメージを見せてあげましょう。程康さんを陵遅刑にししたり、紀子さんの変態プレイでも、雅子さんを対象にした性的暴力でも相撲取りが愛子さんをスク水のまま陵辱するんでも、何でもかまいません。上手にイメージできれば高品位の映像が得られると思いますし、上手くすると自分の妄想を手軽に映像化したものを商品化できます。あとはあなたのセンスと妄想をコントロールする意志の力次第です。


posted by 珍風 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。