2008年12月31日

エスケープ・フロム・チバ・シティ2009

「派遣契約切られた」六本木ヒルズで男が刃物振り回す

 30日午後8時30分ごろ、東京都港区六本木の六本木ヒルズの付近を、刃物を持った男がうろついていると、通行人から警視庁麻布署に届け出があった。
 同署員が駆けつけたところ、男は六本木ヒルズの正面玄関付近で、「刺すぞ。この野郎」などと叫び、刃物を振り回したことから、同署組織犯罪対策課の男性巡査部長(35)が上空に1発を威嚇発砲し、男を銃刀法違反と公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕した。男は逮捕される前、「派遣社員の契約を切られた」などと叫んでいたという。
 逮捕された男は、杉並区天沼3、自称無職椎名賢次容疑者(28)。同署副署長によると、椎名容疑者は同8時35分ごろ、六本木ヒルズの正面玄関近くで、洋包丁(刃体約16センチ)を所持していた疑い。椎名容疑者は威嚇発砲の後、包丁を地面に置いたという。
 現場は、地下鉄六本木駅近くの広場付近。年末ということもあり、買い物客らが多数行き交っていた。
 映画を見に来たという30歳代の女性は、広場のそばにある映画館の前で、パーンという銃声のような音を聞いた。何人かが広場の方から逃げるように走ってきたといい、広場の方へ歩いて行くと、男性が取り押さえられ、わめいていたという。女性は「映画のロケかと思った」と、驚いた様子だった。同署の阿多孝治署長は「適正な執行と考えている」とコメントしている。

2008年12月31日 読売新聞


ついにビンボー人がヒルズ襲撃。ちょいと出来過ぎの観もありますが、2008年を締めくくるにこれほど相応しい事件もありますまい。土地柄か「映画のロケかと思った」などという暢気な目撃談もありましたが、そんなうっかりした人はこの次には「映画」の登場人物になる可能性もあります。来年にはご出演頂けるのではないでしょうか。その「将来性」はジェロの比じゃありません。

もっともこれなども予想の範囲の出来事ではあります。貧困の拡大に伴う犯罪の増加に「厳罰化」で対処するとはいうものの、予算にも空間にも限りがあります。既に刑務所は満員で痴漢と間違われないために受刑者はみんなバンザイをしておるところ、これ以上収容しなければならないとしたら誰かに出てもらわなければなりません。

刑務所入れず社会奉仕 日本で初の制度導入へ

 犯罪者を刑務所に入れずに街で清掃などをさせる「社会奉仕命令」と、刑期の途中で刑務所から釈放して社会のなかで更生させる「一部執行猶予」の制度が日本で初めて導入される見通しとなった。受刑者の再犯防止と社会復帰を効果的に進めながら、刑務所の「過剰収容」も解消する狙い。硬直化していると言われてきた日本の犯罪者の処遇政策を多様化させる転換点になりそうだ。
 法制審議会(法相の諮問機関)の担当部会で導入に向けた意見がまとまった。法務省刑事局が年明けにつくる素案をもとに議論を再開し、法制審は夏ごろまでに最終答申をまとめる見通し。法務省はこれを受けて法案作りに着手し、早ければ09年秋の臨時国会にも法案を提出する。
 「社会奉仕命令」は一部の先進国ですでに導入されている。刑罰の一種とする国もあるが、法制審はドイツに近い「保護観察の条件」と位置づける方向。保護観察付きの執行猶予判決を受けた被告や仮釈放で保護観察となった受刑者から、奉仕活動で立ち直るきっかけがつかめそうな若年層を中心に選ぶことになりそうだ。
 具体的な奉仕の内容は、老人ホームでのボランティア活動や街中での清掃作業を想定している。ただ、相応の作業の量を確保できるか不透明で、指導する保護観察官などの増員が必要になる可能性もあり、今後の検討課題だ。
 「一部執行猶予」は、例えば3年の懲役刑で最初の1年は刑務所で過ごさせ、残り2年の刑の執行を猶予して、普通の暮らしをさせながら社会に復帰させる仕組み。判決の時点であらかじめ社会に出る時期が決まっている点で、従来の仮釈放とは異なる。
 対象には薬物犯罪の受刑者などを想定。薬物のない刑務所内で過ごさせるより、むしろ社会の中で誘惑に負けない力を育てるという発想だ。薬物依存からの脱却を支援する団体で、尿検査やカウンセリングを義務づけることを検討している。
 06年7月、当時の杉浦正健法相が現行の刑罰に代わる処遇のあり方を検討するよう諮問していた。(延与光貞)

2008年12月30日 asahi.com


なるべく早く仮釈放で出してしまう、あるいは刑期の一部を刑務所の外で過ごさせるわけです。しかしこういう人々が「社会奉仕」をやって他人の雇用の機会を奪うというのも考えものではあります。てゆうか刑務所を出たところで仕事もないし、また何か悪いことでもして生きて行かないと「社会奉仕」もままなりません。そのうちミャンマーかどっかみたいに「自宅軟禁」というシステムも導入されるでしょう。何でも罰金で済ます、という手もあります。大阪市を壁で囲ってそこへぶち込む、というのも近未来的です。どうして大阪なのか、特に意味はありませんが手っ取り早いのではないかと思っただけです。殺人犯はガザ地区に連れて行くことにすれば「遺族感情」も満足させられるでしょう。

こんなふうに報道記事をサカナにいい加減なでまかせを書き散らしていると、しかしこれは意外と氏素性が知れてしまうものです。問題は何を書くか、というよりは何を書かないか、いつ書かないか、っつーことで。もう大変なんですが、僕なんかだと眠い時は書かないとか。

日経と朝日と読売が「新s」などというニュースサイトを立ち上げていて、その中には「新聞案内人」という、いろんな人が各紙の記事を読んでなんか書くコーナーがあります。筆者は次の人たち

歌田 明弘
水木 楊
伊藤 元重
森 まゆみ
島 脩
森信 茂樹
田中 早苗
西島 雄造
林 香里
鷲田 清一
桐村 英一郎
安井 至
池内 正人
栗田 亘
チャールズ・レイク
白石 真澄

さてこの中で12月にサボっているのが白石真澄さんです。白石さん11月21日に大学生の大麻事件と「飲酒運転」の話しを書いていますが、このとき既に「派遣切り」は始まっていたのでした。しかしそれから1カ月以上経っても、白石さんは新聞記事読んで感想を書く、というバカでも僕でもやっていることがどうしても出来ずにいます。

なにしろ5月30日には「「構造改革路線」から「弱者配慮政策」への転換」に不満を鳴らし、6月20日には派遣規制に強い調子で反論しとりました。

○「日雇い派遣=悪」の決めつけは時期尚早
 14日の朝日、日経が報じた「日雇い派遣 原則禁止」の記事には驚かされた。舛添厚労相が13日、記者会見で「通訳など専門職以外の日雇い派遣は、かなり厳しい形で考え直すべきだ」と述べたそうだ。明らかに、秋葉原の無差別殺傷事件を受けて、ワーキングプアの温床とされる日雇い派遣に対する風当たりが強まったことから、その禁止を盛り込んだ法律改正を行おうとする意図だ。
 私が大学で接している学生の中にも、「日曜に暇が出来たから、1日だけイベントのバイトをする。欲しい時に現金がすぐに手に入るのはありがたい」という者は少なくなく、労働者側にも1日だけ働きたいというニーズは確実にある。
 日雇い派遣を原則禁止にしても、直接雇用の日雇いアルバイトで代替できるし、抜け道は多く、低賃金構造であることに変わりはない。秋葉原事件の容疑者の生い立ちや彼自身が抱き続けたコンプレックス、社会的孤立などを含めた事件の解明も進まないうちに、「日雇い派遣=悪」とするのではなく、今後、労働政策審議会を通じて、労使の議論を活発に進めてほしいものだ。日経は派遣などの非正規雇用者の増加や、これまでの派遣関連の事件、制度改正などを整理して掲載しており、理解しやすかった。

http://allatanys.jp/B001/UGC020002120080619COK00071.html


白石さん曰く「労働者側にも1日だけ働きたいというニーズ」というのが学生のバイトのことなんですから大笑いです。どんだけ底が浅いのか見当もつきません。俗に言う「お皿」というタイプの女性でしょうか。8月にも

2月に突如、国土交通省による空港の外資規制が浮上した。秋葉原の事件を受けて「日雇い派遣の原則禁止」を口にする政治家が増えた。営業時間短縮で130万人の雇用に影響が出かねないと試算されるコンビニエンス・ストアの24時間営業自粛の呼びかけ(読売6月23日)や、タクシーの過剰地域の台数規制(読売7月20日、日経24日)、また人材派遣会社の「グループ内派遣に上限」(朝日26日)など、紙面で目に付いたものは複数ある。


と気に入らない「規制」を列挙し、「改革路線の後退」を嘆きます。なにしろ白石サラまんダーは「規制改革会議」の委員で、筋金入りの新自由主義者です。しかも今のところ政治家ではありません。学者さんであります。政治には政治の目的とするところがあり、そのためには状況に合わせて対応を変えることもありますが、学者さんは要するに自説に固執しておれば宜しい。特に人文系はある学説が決定的に敗北するということはないようなのですから、いつまでも「それでも地球は止まっている」と呟いていても良いことになっています。

ですから白石さんが1カ月サボった「新聞案内人」で来年から何を書くのか、あるいはもうクビなのか、興味津々たるものがあるわけですが、なんとこの皿女、来年の千葉県知事選に出るつもりらしいのですから呆れたものです。地獄から来た首切り女が千葉県襲来です。千葉県民諸君、相変わらずナメられとるようじゃないか。なんたって対抗馬は森田健作なんですから、開いた口がCHA CHA CHA。言っときますが千葉県は川に囲まれた実のところ離れ島、橋を封鎖するだけで刑務所がわりに使えます。そこはヤクザと右翼と暴走族と警察官しかいない汚濁と頽廃の地です。唯一の窓口を鹿島線の十二橋駅にして、受刑者はあそこで降ろすことにしよう。釈放の時はどうするって?白石さんや森田さんが知事になればその心配はご無用。


posted by 珍風 at 11:13| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。以前はお世話になりました。
とても愉しく拝読させていただいています。
特にここ数日のエントリには感服しています。
ご迷惑かもしれませんが、拙ブログでご紹介させていただきました。
来年もよろしくお願いいたします。
Posted by 留守番 at 2008年12月31日 16:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「ワーストブログインジャパン」
Excerpt: 年末〆の挨拶を書いたところに、また新たにエントリを上げるのは間抜けなんですが、いいものはいいと記しておきたいと思ったので、戻ってきました。 さて、以前にもご紹介させていただいた、「珍風」さんのブ..
Weblog: 留守番の備忘録
Tracked: 2008-12-31 16:30
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。