2009年01月04日

この惨劇はご覧のスポンサーでお送りします

イスラエル軍、ガザに地上侵攻=「テロ設備」への打撃狙う−ハマス抗戦、長期化も

 【エルサレム3日時事】イスラエル軍は3日夜、パレスチナ自治区ガザへの地上部隊投入に踏み切った。イスラム原理主義組織ハマスによるロケット弾攻撃阻止を理由としたイスラエル軍のガザ攻撃は、地上侵攻の開始でさらに深刻な局面を迎えた。民間人を含む犠牲者が増えるのは確実で、150万人のガザ住民の人道危機が一層悪化することが懸念される。
 現地からの報道によれば、イスラエル軍の戦車は境界フェンスを越えガザ北部に突入し、ガザ市やベイトラヒヤ、ジャバリアなどに展開。ハマスも迫撃砲で反撃し、激しい戦闘が繰り広げられているもようだ。
 AFP通信などによると、イスラエル首相府は声明で、作戦は「ハマスのテロ設備に強烈な打撃を与え、南部地域での安全保障の状況を長期にわたり改善する」ことが目的だと説明。「軍はハマスのロケット弾が発射されている地域を占拠する」としている。
 同軍の声明によれば、作戦には空軍の支援を受けた歩兵、戦車、砲兵など「多数の部隊」が参加している。軍報道官は地元テレビに「これは学校の遠足ではない。多くの日数がかかるだろう」と述べ、作戦の長期化を示唆した。

2009年1月4日 時事


イスラエルはガザ地区への送電を遮断、暗闇となったガザ地区に乱入しました。もちろん「ハマスのロケット弾が発射されている地域を占拠する」だけが目的ではありません。そのくらいのことは直ぐに終わってしまうでしょう。「これは学校の遠足ではない。多くの日数がかかる」そうですから、全地区に渡って民家に押し入って住民を壁にへばりつく肉片に変えたり、通行人を戦車で潰してベーグルにはさんで喰うものと思われます。

そこで虐殺支援企業をパレスチナ情報センターのサイトによってご紹介しましょう。これらの企業の商品を購入してヤクザ者ハマースとそれを支援する一般人ならびにそこらにいる連中ををひとり残らず根絶やしにしようではありませんか。
http://palestine-heiwa.org/choice/list.html

スタバ

スターバックスの会長ハワード・シュルツは、イスラエル軍がパレスチナのジェニン、ナブロス、ベツレヘムなどに侵攻し破壊と虐殺を欲しいままにしていた 2002年 4月、シアトルのシナゴーグにおいて、パレスチナ人を非難しイスラエルへの支持を訴えるスピーチを行い、観客からスタンディング・オベーションによる喝采を受けたとのことです。
スターバックスの会長ハワード・シュルツは活発なシオニスト (用語解説) です。1998年には、彼のシオニズムへの貢献を讃え " The Jerusalem Fund of Aish HaTorah " から " The Israel 50th Anniversary Tribute Award "(イスラエル50周年記念賛辞賞)が授与され、イスラエル外務省も彼のイスラエルに関するPR活動を賞讃しました。
日本においてスターバックス・コーヒーを展開しているのは、株式会社サザビーです。株式会社サザビーの代表取締役・鈴木陸三氏は、石原慎太郎氏の学生時代からの友人であり選挙参謀でもあったという経歴の持ち主です。株式会社サザビーは、スターバックス・コーヒーの他に、
SAZABY (サザビー)
Afternoon Tea (アフタヌーン・ティー)
アニエス b.
なども手掛けています。


東京都民はイスラエルを応援するスターバックスを運営するサザビーを経営する鈴木に応援されている石原を応援しています。

マックまたはマクド

マクドナルド会長兼 CEO の Jack M. Greenberg は、シカゴのアメリカン・イスラエル商工会議所の名誉会長です。
またマクドナルドは、 様々な活動や資金援助を通じてイスラエルを支援する " Jewish United Fund "(ユダヤ人基金) 及び、" Jewish Federation "(ユダヤ人協会)の主要な企業パートナーだとのことです。
" Jewish United Fund " と " Jewish Federation " は、イスラエル政府がパレスチナ人を追放して略奪した地域を開発するための資金も提供しています。
マクドナルドは、アメリカ政府が 2001年のアフガニスタン攻撃時にプロパガンダとして行った、恥知らずな「上空からの食糧ばらまき作戦」( " Humanitarian Daily Ration " 人道的配給)にも参加していたとのことです。


ベーグルサンドは?そういえばコストコでは狂ったようにベーグルを売りまくっていますが、なんのつもりでしょうか。あそこもスポンサーさんですかね。ところでベーグルという輪っかパン、あれは決してそんなに美味いもんではありません。日本のお嬢さんはその独特の風味と食感を利用して食べ過ぎを防いでいるようです。

コークなんて誰も呼ばない

コカ・コーラ社は、イスラエルに対する様々な形での援助に対して、イスラエル関連団体やイスラエル政府から表彰されています。
またコカ・コーラ社は、イスラエル政府がパレスチナ人から略奪した土地に工場を建設する予定です。そこにはすでに、インテルの工場があります。建設予定地の al-Manshiyya 村では、イスラエル政府によって 300軒あった家が全て破壊され 2000人のパレスチナ人が追放されました。
コカ・コーラ社の製品は多肢に渡りますが、まず、コカ・コーラが販売されている自動販売機で売られている商品がコカ・コーラ社のものであると判断できます。店頭では商品ラベルを確認すれば判断できます。日本で販売されている代表的な商品としては、
コーラ、ファンタ、スプライト、爽健美茶、ジョージア(コーヒー各種)、リアル・ゴールド、アクエリアス、紅茶花伝、Qoo、ミニッツ・メイド(フルーツ・ジュース各種)
などがあります。


日本コカ・コーラ社の確かな情報によれば保存料と合成香料以外なら何でも入っているとウワサの黒い毒水。あまり確かでないウワサでは原料は石炭、あるいは人間の死体が入っているともいいます。まあそんなことはビルにテナントで入っている高級レストランではよくある話しです。

DKNYとかそーゆーの

エスティ・ローダーの会長ロナルド・ローダーは、熱烈にして活発なシオニスト活動家 (用語解説) です。彼は、イスラエルによるパレスチナの軍事占領への強硬な支持を広言してきました。また、パレスチナ難民の故郷への帰還も許してはならないとの立場を貫いているとのことです。
エスティ・ローダーの関連ブランドには、Clinique(クリニーク:コスメ関連)、DKNY(ダナ・キャラン・ニューヨーク:ファッション関連)、Origins(オリジンズ:コスメ&リラクゼーション関連)、Tommy Hilfiger(トミー・ヒルフィガー:ファッション関連)などがあります。


「DKNY」って「ドキュン」と読むんだと思ってました。だってDQNが着てるから。

ネスレ、昔は「ネッスル」って言ったな

ネスレは、その多額の投資がイスラエルへ多大な貢献をしているとして、1998年ネタニヤフ首相(当時)から "Jubilee Award" を授与されました。
ネスレの製品は多肢に渡りますが、代表的なものに、Nescafe(ネスカフェ:インスタント・コーヒー)、KitKat(キットカット:チョコレート)、Maggi(マギー:調味料)、Buitoni(ブイトーニ:パスタ&ピザ)、Perrier(ペリエ:ミラネル・ウォーター)、Vittel(ヴィッテル:ミラネル・ウォーター)などがあります。


キットカットに牛の血が入っているかどうかはともかく、カカオ豆には幼年奴隷の血がしみ込んでいるは間違いありません。

インテル

インテルは、最も大きなイスラエル支援企業のひとつです。
1999年、インテルはイスラエル政府によって略奪されたパレスチナ人の土地に工場を建設し、そこから大きな利益を得ています。インテルの工場が立つ al-Manshiyya 村では、300軒あった家が全て破壊され 2000人のパレスチナ人が追放されました。
Intel は、主にコンピュータの主要なパーツである CPUを生産販売している企業です。製品名は、Pentium(ペンティアム)やCeleron(セレロン)などです。


インテルは言ってる「インテル入ってる」と。残念ながら。

マイクロソフト

イスラエル軍によるジェニンへの侵攻と虐殺が行われていた 2002年 4月、マイクロソフトは、イスラエルのテルアビブ付近の高速道路脇に「心からイスラエル国防軍への感謝を捧げます」と書かれた広告を多数掲げました。
マイクロソフトは、ブッシュ共和党政権への献金にも励んでいます。その献金額は、並み居る競合を押え、毎年、共和党政権献金企業トップ5に食い込んでいます。
2005年10月、マイクロソフトのビル・ゲイツ会長はイスラエルを訪れ、シャロン首相(当時)やオルメルト産業貿易相(現首相)を表敬訪問し、現地マイクロソフトの従業員や財界人と会合を持ちました。また、「イスラエルのハイテク部門は世界市場で重要な役割を果たすだろう」と語り、イスラエルとの協力体制の強化を約束したとのことです。


インテルやマイクロソフトを回避するのはきわめて困難です。しかし連中の裏をかくことは出来るかも知れません。つまり連中が「違法」だとか言って騒いでいるような行為は、それがどのような動機によるものであっても、イスラエルがやってる虐殺をほんの少しばかり妨害することになると思えば、何か良い事をしたような気になれます。それは同時にあなたの出費も抑えることができるわけで、まさに「一石二鳥」です。

IBM

IBM は、イスラエルがパレスチナ人を本格的に迫害し始める以前は、自社のパンチカード・マシンをナチスに売り込み、ユダヤ人の判別とユダヤ人を収容所に連行するための鉄道の効率的な運行を容易にすることでナチスによるユダヤ人問題の「最終解決」に多大な貢献をし、密かに巨利を得ていたことが明らかとなっています。
ナチスによるユダヤ人絶滅計画が頓挫して間もなく、1948年にイスラエルが建国を宣言すると、IBMはすかさずイスラエルに進出し、現在に至るまでイスラエルでの事業展開に多大な投資を行っています。
IBM の商品は多岐に渡りますが、最も身近な商品はパーソナル・コンピュータでしょう。ほかにも IBM の身近な商品としては、ソフト・ウェアがあります。代表的なものに、「ホームページ・ビルダー」「インターネット翻訳の王様」「デジカメの達人」などがあります。また IBM は、同社のパーソナル・コンピュータに Windows をインストールして販売している一方で、 Mac に使われている CPU ( PowerPC )の製造もしています。


ちょっと話しが古いね。今やマックのCPUはインテルだよ。テクニカルな方面に詳しい人はウィンテルやIBMに依存しないコンピュータを自作したり出来るでしょう。よく売ってるCPUはAMDのものですね。それからもちろん中古品を買うとか、いっそのこと盗んでくるとか、そういう粗雑なやり方でも連中にお金が行かないわけだから、それもアリってことでどうでしょう。

ディズニー

ディズニーは、"Walt Disneys Millennium exhibition"(ウォルト・ディズニー・ミレニアム博覧会)という催しにおいて、イスラエルの首都をエルサレムとして提示しました。しかし事実としては、エルサレムはイスラエルによって国連安保理決議 194・242・252 を始めとする数々の決議を堂々と無視して 1967年以来 30年以上に渡って不法に占領され続けている土地に過ぎません。
イスラエル外務省は、イスラエルの首都を「エルサレム」として提示するというこのアイデアに対して 180万ドルを与えました。これは、エルサレムが占領中の土地であるにも関らず首都であるかのように宣伝して既成事実化しようと目論むイスラエル政府のキャンペーンの一部として行われたものであるとのことです。


「イスラエルの首都」は「エルサレム」だと思ってた?。学校で習う世界地図だとそうなってますよね。でもそれは例によってウソです。そんなウソが通じるのはアメリカの首都がニューヨークだと思っている大部分のアメリカ人と学校で帝国書院の世界地図からデタラメを吹き込まれた全ての日本人だけです。

国連で承認されているイスラエルの首都はテルアビブです。もちろん各国の駐イスラエル大使館もここにあります。在イスラエル日本大使館もテルアビブにあります。

そこで「イスラエルの首都はエルサレムだ」と言明するとイスラエルが180万ドルくれるようです。さあ今すぐプラカードに「イスラエルの首都はエルサレムだ!(振込口座なんとか銀行かんとか支店普通預金口座番号どーたらこーたら口座名誰々)おいらにもディズニーと同じだけ180万ドル下さい」と書いてイスラエル大使館に出掛けましょう。口座のない人は現金で、受け渡し日時は大使館員と相談のこと。大使館の場所は東京都千代田区二番町3番地、東京メトロ有楽町線「麹町」駅下車、5番出口を出て左手すぐセブンイレブン横の信号に立ち、旧)日テレビルの方向を向き、旧)日テレビルとインドカレー屋『アジャンタ』の間の道を東に50m程直進して右手が大使館です。駅から歩いて1分。ただし今日まで休みでしたごめんなさい。明日になったらレッツゴー。180万ドルはあなたのものです。まあ、明日の為替レートを見て、レートの良い日に出掛けるのも一案です。


posted by 珍風 at 13:04| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

そこねらうか?コカ・コーラ!
Excerpt: ... 本格カフェメーカーとタイアップで奪えコカ・コーラのジョージアシェア」 と...
Weblog: スターバックスの秘密
Tracked: 2009-01-05 00:25
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。