2009年03月21日

向かうところ敵ばかりなアヴァンギャルド

さっきTVでやってましたけど

紅白しま模様住宅『景観乱さず』 楳図かずおさん勝訴

 「まことちゃん」などの作品で知られる漫画家の楳図かずおさん(72)が東京都武蔵野市に建てた自宅をめぐり、赤白横じま模様の外壁が近隣住民の景観利益を侵害するかが争われた訴訟の判決で、東京地裁は二十八日、「景観の調和を乱すとまでは認められない」として、外壁の撤去などを求めた近隣住民二人の請求を棄却した。
 畠山稔裁判長は、自宅が建設された場所が第一種低層住居専用地域として、閑静な住宅地を目指して整備された経緯を指摘した上で、「外壁の色彩には法的規制はなく、住民間での取り決めもない。景観利益を違法に侵害するとはいえない」と判断した。
 平穏に生活する権利を侵害するとの住民側主張は、「不快感を抱かせても、受忍限度を超えて侵害するとはいえない」と退けた。
 住民側は代理人弁護士を通じて「主張が認められず、誠に残念。判決内容を検討し控訴するか決めたい」としている。

2009年1月29日 東京新聞


いささか旧聞に属するわけですが、なにしろ出来上がった「まことちゃんハウス」、いわゆる「近隣住民」が喧伝する程のものだとは思われなかったので一寸拍子抜けの感じです。考えてみれば住宅ですから、窓やなんかの住宅としては欠かせない開口部が沢山あるわけで、紅白の色面が圧倒的にそそり立つような美術的効果はあまり期待できないのでした。

ことに道路に面した壁面は縦長の窓を持ったグレイの円筒状の構造物と白いバルコニーによって問題の「壁面」は著しく狭くなっています。この円筒に関しては、楳図さんちのはす向かいにも同様の意匠を持った、しかし尖り屋根までついた「塔」を備えた住宅があります。それに比べると楳図さんちではバルコニーの上から「塔」が突き出ているのが唐突で、本来であればあの円筒に尖り屋根付きの「顔」を乗っけて、全体を赤く塗るべきではなかったかとも思われます。いくらかは「暴力的」になったのではないでしょうか。

で、この無機的な円筒と優美な円形のバルコニーを左右の角にシンメトリカルに配置したあたりがアンバランスですが、竹熊健太郎さんのところで、楳図さんちの内部の写真が公開されています。
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-4481.html

なんだか結婚式場のニセのウェディング・ケーキっぽいですが、赤白の市松模様に塗り分けられた床に、白色のちょっとロココ的な彫刻された階段の手すりが降りてゆくのですが、その階段は踏み板は赤く、蹴上げは青に塗り分けられているので油断がなりません。アールデコにロカイユが乱入したような、ちょっと大変なことになっています。どうやらやっぱり「震災バラック」様式を踏襲しているようです。

とか思っていたら、竹熊さんは「コミック・マヴォ」という雑誌を編集していらっしゃる。「マヴォ」というのは、あの「マヴォ」のことのようです。「マヴォ」といえばこういう人たちで、
mavo.jpg
床屋をこんな風にしちゃう人たちだ。
rihatu1.jpg

まあ、僕も人のことはいえないわけで、
http://worstblog.seesaa.net/article/60499056.html
東京スカイツリー計画に反対して皇居跡地にタトリンの第3インター記念塔を建てることにしたらカッコ良かろうと思うんですが。一番上の円錐形の構造はやっぱり電波塔、二番目のピラミッド型の建物はもちろん売店と食堂と蝋人形館が入ってプログレ系のCDを売ることになります。蝋人形館にはアニス・タトリンの人形を入れること。たぶん親戚の人でしょう。一番下はホームレスの宿泊所にすれば例の御一家も安心です。

いずれにしても楳図さんちの「近隣住民」(隣の人と向かいの人らしい)は、たとえ楳図さんがどんな住宅を建てても反対しそうな気がします。楳図さんのキャラクターが嫌いだったり、作品に反感を持っているのかも知れませんが、ファンが集まって来そうなのが困るのかも知れませんし、日照とかの問題があるのかも知れません。しかしながら外壁のことで文句を付ける機会ができたのは、お互いにとってかえって良かったのではないでしょうか。そういう機会がないと陰湿ないやがらせを続けなければならなくなったり、放火だの殺人だのとろくでもない事態に発展してしまう虞れもあります。だいたい土地を巡る問題というのは常に争いの元なのです。吉祥寺のような田舎では特にそうであるといえるでしょう。お互いに言いたいことを言ってはっきりと嫌い合うのは大変に明朗で良いことです。


posted by 珍風 at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。