2009年03月30日

ネオテニー老人の再放送知事

そんな『おれは男だ!』が「青春もの」の代表作みたいになってしまったのは、実は本来のシリーズのうち、まあ見れる3作品が白黒で再放送できなかったという事情もあります。森田さんがエラいわけではありませんが、「運」、ってゆうか状況というやつで。

千葉知事に森田氏 民主推薦ら破る 知名度で100万票突破

◆千葉知事選開票結果
当 1,015,978 森田健作 無新
   636,991 吉田平 無新 =民社国日
   346,002 白石真澄 無新
   136,551 八田英之 無新 =共
    95,228 西尾憲一 無新
  全票終了

森田健作(もりたけんさく) 59 <1>
麗沢大客員教授(元)衆院議員・参院議員▽明治学院大中退       

 任期満了に伴う千葉県知事選は二十九日に投開票され、無所属新人で俳優の森田健作氏(59)が、民主党など推薦の鉄道会社元社長の吉田平氏(49)ら四氏を破り初当選した。森田氏は自民県議の約半数の支援を受ける一方、「無党派」を掲げ、抜群の知名度で無党派層の票の取り込みにも成功した。 
 西松建設の巨額献金事件で民主党の小沢一郎代表の公設第一秘書が起訴されて以降、初の大型選挙。吉田氏の敗北を受け、続投を表明した小沢氏の辞任論が再燃するのは必至だ。民主党は関西大教授の白石真澄氏(50)の推薦を取り消すなど混乱した後、吉田氏を擁立。二十八日には小沢一郎代表が吉田氏の千葉市内の選挙事務所を訪れて激励したが、同事件の影響も受け、得票を伸ばすことができなかったとみられる。
 今回の知事選は二期八年務めた堂本暁子知事(76)の引退表明を受け、森田、吉田、白石各氏と、社会福祉法人理事長の八田英之氏(64)=共産推薦、元県議の西尾憲一氏(58)の無所属新人五氏が立候補した。
 県の財政再建のほか、市長リコール(解職請求)に発展した銚子市立総合病院の休止に代表される地域医療問題などを争点に激しい選挙戦が展開された。投票率は45・56%(前回43・28%)。
 自民党は麻生政権への批判の高まりなどを受け、民主、公明との三党相乗りで白石氏の擁立を模索したが失敗。最終的には自主投票となり、森田、白石、吉田の各氏を支援する三分裂となった。
 森田氏は支援を受けた自民県議の集会などに出席し、自民支持層の票を固めた。選挙戦の中盤以降は街頭運動に力を入れ、有権者と握手して回り、写真撮影に気軽に応じるなど無党派層を意識し、イメージアップ作戦を展開した。
 民主党が白石氏の擁立を断念し、吉田氏推薦で一本化できたのは二月上旬になってから。知名度不足も響いて追い上げはかなわなかった。

2009年3月30日 東京新聞


蓮舫さんなんかはもうこれで小沢さんを辞任に追い込めると思っているかも知れませんし、マスゴミでもそういう議論を展開しているところは多いようです。まるでもう吉田さんが負けたのは小沢さんのせいであるかのようです。

しかしながら千葉県知事選は最初から「自民党を中心とする与党」と「民主党を中心とする野党」の対決の場所であったわけではありません。当初のプランでは千葉県の自民党が森田さんを推す一方で、党中央は公明党及び民主党との相乗りで堂本さんの後継者を推す、ということになっていました。あとは共産党が候補を立てるでしょうけどそれはいいとして、千葉県における自民党の中央との関係も部外者にはあまり関係がないのでそれもいいとして、要するにどっちが勝っても自民党という、大変有利なプランだったわけです。

ところが「堂本さんの後継者」としてやって来たのが白石さんだったからたまりません。なにしろ白石さんは女性であるということ以外、堂本さんと共通するところがあんまりないのですし、ふられ男が言うわけではありませんが女だったら他にいくらでもいる。しかし白石さんは上記の構図の中で確実に当選するようなことを言われて来ていますから、例によって傍若無人の振る舞いをなすうえに、過去の発言、というか失言、というか軽口、というか不利な材料がいっぱいある、しかも政権交替への期待が高まる中で自民党と民主党の相乗りはよろしくない、などということが出て来て、この構図は崩れました。

ここから、全く予定外の「対立構造」が発生した、てゆうかそういうことになってしまったわけですが、何しろ予定外ですから誰も何も準備していません。極めて短期間のうちに業界内に悪名が轟いた白石さんはコネのある公明党に身柄預けとなり、新たに模索された「堂本の後継」が「野党(除共産)統一候補」のような位置づけになる一方、自民党中央はどうしようもなくなりました。

森田さんは公明党とは仲が悪いようですから、自民党としては連立を組んでいる関係から白石さんを推すことにして、森田さんについては千葉県の分派活動くらいに位置付けておけば、結果として吉田さんが勝利する可能性があったのですが、それを見越してか何だか知りませんが、最終的に自民党中央は態度を保留することになりました。

以上のような状況の効果として、この4年間千葉県に執着して来た森田さんが当選することになります。その要因は自公連立体制の弛みと政権交替への期待による相乗りの解消によってちゃんとした対立候補を擁立できなかったことにつきます。つまり政権交替にむけて動いている状況の中で、たまたまこのように与党に有利に見えるような結果が出ることもある、ということでしょう。これで負けたと思ったら大間違いだと考えられます。負けたんだけどさ。

なお、個人的に森田さんの考えにはどうにも賛成できないのですが、千葉県民諸君にとってはタレント知事も悪くないのかも知れません。なにしろ諸君の間では知事の名前も知らないようなのが沢山いるわけで、まあだいたい堂本さんの前までは保守王国、っつうか官僚が来て知事やってたわけで、誰も名前なんか知らない。堂本さんの前の知事は沼田武さんですけど、この人が初当選した時の選挙は投票率25、4%だったわけです。

ちなみにこの人のお兄さんが生態学者の沼田眞で、そのおかげで千葉県にはすげえ立派な博物館があって、まあ一種の私物化ってゆうか、コネがあるからこそ学問の都合が最優先できたっつうか、当然今になって運営に困ってますが。もっとも知事の名前も知らないような人はそんな博物館に行ったりしないかも知れませんが、やっぱりそういう事情があって自然科学系の展示が充実していて人文系はおざなりだ。その辺については大多喜城分館の充実が期待されるところですが、大多喜っていえば吉田さんの領分だったですよね。

それはいいんですが、千葉県では今回初めて「知ってる人」が県知事になったわけで、そいつが何をしでかすか当然見ることになります。まあ、あんなもんを知事にしちゃったムクイというものもあるでしょうけど、そういうことも含めて、千葉県民諸君の政治意識を高めることにはなるんじゃないか。TVしか見ない人たちには現実をTVにしなければ見てくれないでしょう。


posted by 珍風 at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。