2009年04月08日

馬鹿がミサイルでやってくる

「ミサイル」の部品は福島県に落ちたようです。その証拠に頭を打った人が。

自民・坂本氏「日本も核を」 党役員連絡会で発言

 自民党の坂本剛二組織本部長が7日の党役員連絡会で、北朝鮮のミサイル発射について「北朝鮮が核を保有している間は、日本も核を持つという脅しくらいかけないといけない」という趣旨の発言をしたことが分かった。出席者によると、坂本氏は国連安全保障理事会で日米が唱える新たな決議の採択が難航していることにも「国連脱退くらいの話をしてもよい」との考えを示したという。
 坂本氏は8日、朝日新聞の取材に対し「日本は国際社会に対して国連を脱退するぞ、核武装するぞと圧力をかけるくらいアピールしないとだめだという例えで言った。現実に日本が核武装できないのは知っている。私は核武装論者ではない」と話している。
 自民党の細田博之幹事長は同日、朝日新聞に「誰も本気で言ったとは思っていない。核武装できるとも思っていない。特に問題視はしない」と語った。河村官房長官は記者会見で「非核三原則をもった国としてそのような選択肢はあり得ない」と述べた。
 日本の核保有については、06年に自民党の中川昭一政調会長(当時)が「核があることで攻められる可能性は低いという論理はあり得るわけだから、議論はあっていい」と発言。麻生外相(当時)もこれを受けて「他の国は(核保有議論を)みんなしているのが現実だ。隣の国が持つとなった時に一つの考え方としていろいろな議論をしておくのは大事だ」と述べるなど、論議を呼んだことがある。

2009年4月8日 asahi.com


頭を打ったのか、いわゆる「風邪薬」やアルコールの影響を受けているのかも知れませんし、漫画ばっかり読んでいるのかも知れません。もしかすると胃腸薬の副作用を受けているのかも知れませんが、「現実に日本が核武装できない」とか出来るとか、「核武装論者ではない」とかであるとかいうことではなくて、単に発想が幼稚なので、字が読めない人や酔っぱらいの仲間かと思ってしまいました。

てゆうか間違いなく「仲間」なんですけど、たしかに坂本さんのHPでは

我が国は、戦争やテロのない平和で安全な国際社会の構築を目指し、核をはじめとする大量破壊兵器を無くすことに努めなくてはなりません。


とか書いてありますから、「核武装論者ではない」のかも知れませんが、最近では「核をはじめとする大量破壊兵器を無くすこと」が戦争を始める言い訳としてまかり通っていた例がありますから、坂本さんも目的のためには手段を選ばなかったり、手段のためには目的を選ばなかったりする組である可能性があります。まあ少なくとも「国際社会」では「大量破壊兵器」なんて言葉を大量に平気で使うような人は、もういません。

そんな坂本さんは、日本が核兵器を保有して国連を脱退することによって「北朝鮮」が核兵器を廃棄すると思っているようですが、そのようになるメカニズムは明らかではありません。唯一考えられるのは、金正日さんが日本のそのような馬鹿げた振る舞いを目にすることによってそれを反面教師として自らの愚かさを反省する、といったようなストーリーですが、あのオッチャンにそこまで期待できるものなのかどうか、ちょっと心もとないものがあります。

もっとも坂本さんがそこまでを考え、また金正日さんの人格をそこまで高く評価していると考えるのも無理があるのかも知れません。そうだとすると坂本さんは薬中とか文盲の仲間として、それらしい短絡的で餓鬼っぽい「考え」を口にしたものともわれます。しかし漫画好きのために申し添えるならば、坂本さんの「考え」とやらは、4コマ漫画の2コマ目程度のものでしかありません。坂本さんはいわゆる「馬脚をあらわした」とかそういうもんでしょう。

これが「北朝鮮」の「ミサイル」の「効果」であるとすれば、それはそうなのかも知れませんが、元々思慮の浅い人間が例によってバカなことを喋った、というだけのことですから、大した「効果」はなかったのではないか、とも思われます。

一方その頃、オバマさんは「核兵器を使った唯一の核兵器保有国として米国は行動する道義的責任がある」と言っていますから、日本としては「使われた」方として、「道義的責任」を追求するのが、「北朝鮮」に対する外交的パフォーマンスとしても賢明でしょう。例えば河村さんは「世界核安全サミット」を日本で開催したらよかろうと言います。

世界核安全サミット、河村官房長官「日本がふさわしい」

 河村建夫官房長官は8日の記者会見で、オバマ米大統領が1年以内に主催する意向を表明している「世界核安全サミット」について、「(被爆地の)広島、長崎は象徴的であり、日本がふさわしい地域だという思いはある」と述べ、日本での開催が望ましいとの考えを示した。
 ただ、「大統領がどういう形でやろうとしているのか情報を得て検討すべき課題だ」とも述べた。

2009年4月8日 産経ニュース


このように被爆国としての立場を核兵器廃絶に向けて利用出来ればよいのですが、どんなもんだか。「核兵器」にも様々な種類がありまして、日本が「唯一の被爆国」とは必ずしも言えないわけですが、ある程度の規模の都市に2発も食らったのは日本くらいのものですから、そこら辺を強調するのは良いことでしょう。何だか「被害者面」をするみたいですが、国内では既に「被害者感情」の政治利用は甚だしいまでに進行しています。どうしたら良いか分らない坂本さんは「アスの会」にでも行って聞いてくれば良いでしょう。

しかしながら考えてみれば、「被害者感情」の利用、というのは要するに「殺されたら殺し返せ」ということなのでした。「国際社会」の趨勢に対立して死刑を維持拡大するのがその目的であるのが実際のところです。そしてそれは「国際社会に背を向けてあっちが核ならこっちも核ぞ」という坂本さんの発想と五十歩百歩、という言い方は何だかバカにしてるみたいで怒られそうなのであれば、同質のものであると言えば良いでしょうか。

日本の政府、てゆうか現政権党の政治的発想が漫画並みに単純な、てゆうか『ゴルゴ13』でももうちょっと込み入った状況を表現していると思うのですが、それを読んで感心してしまう人が総理大臣やってますからどうにもならん、という話しもありますけど、まあそういうアタマの程度である、というひとつの証拠が死刑制度をかたくなに手放さないことであり、2つ目の証拠が一連の「北」を巡る「核保有」論議でしょう。まあ、恥をかかないように、ここは開催地に名乗りを上げるようなことは止めておくか、政権の方を取っ替えておいた方が良いかも知れません。もう1回落としてもらわないと変えられませんかね。そういえば去年サミットをやった洞爺湖町は「早期健全化団体」に指定されそうなんだそうです。サミットのおかげで観光客が減ったのが原因らしい。その他にもサミットは運輸関係にも、過剰な警備体制が負担となって生鮮食料品の出荷高に影響したりなんかしています。サミットは開催地を荒らすようです。もっとも警備会社という金持ちの私設暴力装置を増強する効果はありますし、そうなるとビンボー人が誰でも一度は警備会社に入ってみて、内情を把握してから出て来る、ということも考えられますが。


posted by 珍風 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。