2009年04月21日

「有名なキティーちゃん」ですよ

ご存じなかったんですか?あ、そう。何を隠そう観光親善大使である。日本人も混乱しておるようだな。管理が必要だ。

【毒物カレー事件】最高裁判決全文

 林真須美被告に対する殺人、殺人未遂、詐欺事件の判決は次の通り。

 【主文】
 本件上告を棄却する。

 【理由】
 弁護人安田好弘ほかの上告趣意のうち、判例違反をいう点は、事案を異にする判例を引用するものであって、本件に適切でなく、その余は、憲法違反をいう点を含め、実質は単なる法令違反、事実誤認の主張であって、刑訴法405条の上告理由に当たらない。
 なお、所論にかんがみ記録を精査しても、本件につき、刑訴法411条を適用すべきものとは認められない。
 すなわち、原判決の是認する第1審判示第1の殺人、殺人未遂の事実は、自治会の夏祭りに際して、参加者に提供されるカレーの入った鍋に猛毒の亜砒酸を大量に混入し、同カレーを食した住民ら67名を急性砒素中毒にり患させ、うち4名を殺害したが、その余の63名については死亡させるに至らなかったという事案(以下「カレー毒物混入事件」という)であるところ、被告人がその犯人であることは、(1)上記カレーに混入されたものと組成上の特徴を同じくする亜砒酸が、被告人の自宅などから発見されていること、(2)被告人の頭髪からも高濃度の砒素が検出されており、その付着状況から被告人が亜砒酸などを取り扱っていたと推認できること、(3)上記夏祭り当日、被告人のみが上記カレーの入った鍋に亜砒酸をひそかに混入する機会を有しており、その際、被告人が調理済みのカレーの入った鍋のふたを開けるなどの不審な挙動をしていたことも目撃されていることなどを総合することによって、合理的な疑いを差し挟む余地のない程度に証明されていると認められる(なお、カレー毒物混入事件の犯行動機が解明されていないことは、被告人が同事件の犯人であるとの認定を左右するものではない)。
 また、その余の事実についても、被告人の犯行(一部は夫、健治との共謀による犯行)と認めた第1審判決を是認した原判決は、正当として是認することができる。
 本件は、上記カレー毒物混入事件のほか、いわゆる保険金詐欺にかかる殺人未遂事件および詐欺からなる事案であるところ、とりわけ、食物に毒物を混入して無差別の大量殺傷を敢行したカレー毒物混入事件の罪質は極めて悪く、態様の卑劣さ、残忍さも論をまたない。
 殺害された被害者は、夏祭りを主催した自治会の会長(当時64歳の男性)および副会長(同53歳の男性)と、女子高生(同16歳)および小学生の男児(同10歳)であるが、いずれも何ら落ち度がないのに、楽しいはずの夏祭りの最中、突如として前途を断たれたものであって、その無念さは察するに余りある。遺族らの処罰感情が極めて厳しいのは当然のことである。
 また、最悪の事態は免れたものの、生死の境をさまよった重症者も多数に及び、その中には長期間後遺症に苦しんでいる者も存するのであって、その結果は誠に重大であるところ、同事件が、地域社会はもとより、社会一般に与えた衝撃も甚大であるといわなければならない。
 そして、被告人は、カレー毒物毒物混入事件に先立ち、長年にわたり保険金詐欺にかかる殺人未遂などの各犯行にも及んでいたのであって、その犯罪性向は根深いものと断ぜざるを得ない。しかるに、被告人は詐欺事件の一部を認めるものの、カレー毒物混入事件を含むその余の大半の事件については関与を全面的に否認して反省の態度を全く示しておらず、カレー毒物混入事件の遺族や被害者らに対して、慰謝の措置を一切講じていない。
 以上のような犯情などに照らせば、被告人の刑事責任は極めて重大であるというほかないから、カレー毒物混入事件における殺意が未必的なものにとどまること、前科がないことなど、被告人のために酌むべき事情を最大限考慮しても、原判決が維持した第1審判決の死刑の科刑は、当裁判所も是認せざるを得ない。
 よって、刑訴法414条、396条により、裁判官全員一致の意見で、主文のとおり判決する。

 平成21年4月21日
 最高裁判所第3小法廷

2009年4月21日 産経ニュース


争点は色々あるようですが、ひとつは「カレーに混入された」亜砒酸と林さん家にあった亜砒酸が同じものであったかどうか。検察側は同一のものであると言っていますが、弁護側はそうであるとは限らない、としています。この点について最高裁の判決は微妙な表現をとっています。それらは「組成上の特徴を同じくする」のです。すなわち100%同一であるというわけではないのです。しかし違う物質であるとも言っていません。したがって実際には、カレーに入っていた亜砒酸は林さんが家から持って来たものではない可能性があるのであり、判決はその可能性を完全に排除していません。

たしかこの話しは、安定同位体の比率で産地が特定できるとかいうことだったと思いますが、それだけのことであればせいぜい同じところから購入したとか、その程度の類似性に留まるのではないかという気もします。また、眞須美さんの頭髪から検出されたという砒素について、これの組成がどのようなものであったのかという点については何も述べられていません。てゆうか自宅では亜砒酸として存在していたものが髪の毛につくと還元されて砒素になるんですか。よくわからん。

いずれにしてもカレーの亜砒酸と家にあったのが似ているのであれば、髪の毛についているやつも似ているはずであり、「組成上の特徴」において顕著な類同性が認められるのであれば当然にそれを証拠として掲げるはずのところですが、そういうことにはなっていません。頭髪から検出された砒素は、単に眞須美さんが普段から砒素を取り扱っていたということの証拠にしかなりません。

しかしながら眞須美さんが砒素を取り扱っていたのは伊達や酔狂ではなく、「いわゆる保険金詐欺にかかる殺人未遂事件および詐欺」のために取り扱っていたことは判決も認めているところです。したがって本件と殺人未遂事件および詐欺事件を並んで取り扱うためには、単に手段の類似性だけではなく、犯行の目的においても同一性を認めるのでなくては、「とりわけ」などという書き方は出来ません。「とりわけ」というのは同種のものの中から特に甚だしいものを例として取り上げるときに用いられる語ですが、保険金詐欺とカレー殺人とを同種の犯罪であるということは出来ないのです。

「いわゆる保険金詐欺にかかる殺人未遂事件および詐欺」において眞須美さんと健治さんは確かに相当なことをやってのけるようなのですが、それも金銭的利益のためであり、その罪質は悪いものであって様態は卑劣であり場合によって残忍なものです。

しかし自治会長やら副会長やらを殺害するとして、保険金でもかかっていればともかく、そんなことをしても一銭にもならないとしたらどうでしょうか。仮に眞須美さんがそれを行ったとするならば、その様態は卑劣と言うよりは愚劣であり、残忍さよりも残念さが論をまちません。

この辺について判決では単に「犯行動機が解明されていない」としていますが、これは単に「動機がわからない」というに留まっていません。それどころか被告人の「根深い」「犯罪性向」に照らしても明らかに矛盾する犯行である、ということを意味します。のたうち回って嘔吐しながら保険金を詐取する林さんが、何の得にもならない相手のために手持ちの毒物を消費するのかどうか。しかもその消費量は常日頃砒素を取り扱い、あまつさえ人体に投与する経験を豊富に持っていた被告人にしてはずいぶん無駄に多いものであったと言います。

なおこの「動機」について、テリー伊藤さんは「ゴミを川に投げて近所から批判され、復襲したい思いがあったわけで」、拝啓おふくろ様、と述べていますが、詐欺によって余裕のある暮らしをしていた林さんがそのくらいのことを大量殺人の動機とするかどうかは分りません。もっともテリーさんもビンボーはしていないようですから、まあそれなりに考えてのことでしょう。いずれにしても命の惜しい人はテリーさんが川にゴミを捨てても批判しないようにしたいものです。

被害者遺族は「動機が分からないままなのは納得できない」と言っていますが、その点は僕も同様です。苦情は検察へ。那須さんも動機が分らないことについては不問に付すことにしましたので、「納得」は無理です。てゆうか那須さんは「疑わしきは被告の利益に」とか「合理的な疑いを超えた証明」がどうだとか言った舌の根も乾かないうちにこれですから、30歳以上は信じられません。僕は46歳ですが、人間30を越すと年齢を誤摩化すようになりますから、年齢すら信用できません。本当は26歳です。

で、こういう場合、状況証拠によって犯人を断定しているんですが、これが可能なのは状況、ことに登場人物がすべて明示されている場合、出来ればカバーの袖に主要登場人物が書いてある場合、要するに事件が東京創元社や早川書房の出版物に書いてある場合には可能です。もちろん「現実という書物」を、読もうと思えば読むことが出来る検察にも可能ですが、こういってはナンですが他人の書いた批評を読んだだけで本の感想文を書くような裁判官の立場では、このような推理法は大変に危険です。

しかし問題は、いや問題なんかひとつもありません。お手本があるだけです。このように証拠が「弱い」場合、しかも被告人が水を撒いたりする場合において、裁判員諸君はともすれば有罪、しかし刑は軽く、という折衷案をとるかも知れません。これは理屈に合わない判断です。もっとも自信のない判決の場合に被告人の命だけは奪わずにおこうというのは極めて自然であり、あとあとのことまで考えれば極めて合理的な判断であるともいえるのですが、司法は自らの可謬性の痕跡を残してはイケナイのです。司法の判断は相当の硬性を持った暫定的絶対です。なんだかわかりませんが裁判とはそういうものであり、そのことを那須さんは明らかに無理のある極刑判決によって示したのです。つまり誤審の可能性が高いからそこの極刑であり、それを心せよ、ということです。オバサンひとりの命は六法全書の1ページよりも軽いんですよ。それが眞須美さんであってもです。失礼だな。


posted by 珍風 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。