2009年04月25日

日本アルコール医学会のハッテンについて

申し訳ないんですが、僕もそれなりに忙しかったりするので、男の裸につき合っている暇なんかありません。まあこれが松浦亜弥さんが全裸で騒いでいる、という話しだったら僕も何をおいても走って現場に駆けつけたところです。しかしこれが杉本彩さんが全裸で何か喚いているということだったら走って逃げます。僕は弱い男です。

昨日の読売新聞の「編集手帳」によれば

テレビ画面に結ばれた美しい像が現実の手で破られることは、いまもままある。


んだというので、ちょっと小粋でとんでもなく野暮な僕は、これは「青春」の話しかと思ったんですが、世間の人々はどうももう違う話をしているんだそうで。どうもこれは草薙剛さんが逮捕された件を過剰に報道する事情の説明のようなものであるようです。

呼び捨てではなく、「クン」を付けずにはいられない清潔感と温かい人柄がにおう人に、深夜の公園での泥酔、全裸は似合わない。


「吉川クン」と「加藤クンクン」に次いで「クン」を「付けずにはいられない」のが草gさんなのです。もっとも国会などでは清潔感のかけらもないような人たちに「クン」を付けまくっていますから、相変わらず新聞はアテになりません。もっともアレは「クン」ではなくて「君」であるとか、「クン」ではなくて「クソ」であるとか、様々な見解があるといいます。

そこで僕も吉例により草gさんを「クン」付けで呼ぶことにしますが、草g「クン」には「泥酔」とか「全裸」は「似合わない」ものであるというのが読売新聞の見解であるとされています。もっとも「全裸で泥酔」が「似合う」人は誰なのかよく分かりません。例えばSMAPであれば、深夜の公園で全裸で大騒ぎするのにいかにも似つかわしいのはどの「メンバー」でありましょうか、というような余計なことを考えさせられる、という点において「編集手帳」もなかなかリッチな文章を書くものではあります。

「編集手帳」によれば、要するに草g「クン」は見かけによらない=「テレビ画面に結ばれた美しい像」に矛盾することをしたので報道価値がある、と言いたいようです。そんなことを言い出したら井上まー「クン」も普段は仮面ライダーに変身しない点を非難されかねませんが、草g「クン」においてはテレビドラマの特殊効果に関係なく通常から「いいひと。」である、という情報をもTVを通して僕たちに知らされている、というところがちょっと特殊なのです。

例えば彼が演じる「地上デジタル放送推進キャラクター」などは、そのキャラクターイメージを利用した例です。ほんの一部の人々の利権のために多数の国民に無駄な出費を強いるという話しですから、批判されるのは必至であるところ、草g「クン」の「清潔感と温かい人柄」をキャラクターとして使用すれば多少は一般視聴者の反感も和らぐのではないか、という期待がかかっているものと思われます。これが「河内家デジタル」だったら目も当てられないことになっていたのは火を見るよりも明らかです。

鳩山総務相、草ナギ「最低人間」発言撤回、「最低最悪の行為」と言い換え…火に油?抗議やまず

 鳩山邦夫総務相(60)は24日、地上デジタル放送の推進キャラクターを務めるわいせつの疑いで逮捕されたSMAPの草ナギ剛について、逮捕当日に「最低の人間だ」と酷評した発言を撤回した。「はらわたが煮えくり返り、言ってはいけないことを言った」と釈明し「最低最悪の行為」とあらためた。それでも、総務省や鳩山事務所には抗議が相次ぐなど連日の“大炎上”となった。
 一夜にしてあっさりと白旗を掲げた。鳩山氏は閣議後の会見で「はらわたが煮えくり返って、言ってはいけないことを言いました。『最低の人間』と言ったのは言い過ぎた。取り消して率直に反省します」と発言を一転させた。
 国を挙げてPRする地上デジタル放送推進キャラクターを務める草ナギの事件に烈火のごとく怒った23日。記者団に「最低の人間としか思えない」「めちゃくちゃな怒りを感じる。絶対に許さない」と吠(ほ)えまくったが、発言が報道されると、総務省や鳩山事務所に「言い過ぎだ」など抗議が殺到。草ナギファンを含めた国民から総攻撃を受ける形となった。
 発言撤回について「(地デジ推進への)期待が大きかっただけに失望も巨大だった」と弁明した。「人間は人間を評価できない」ともっともらしい説明を続けたが、「最低の人間ではなく、『最低最悪の行為だ』と言い換えさせて頂きたい」と結んだ。
 これが「火に油」になったのか。抗議の電話は鳴りやまなかった。
 総務省は「前日(23日)も発言を撤回した今日も同じ。職場の電話が鳴りっぱなしです」(同省政策評価広報課)と話す。抗議件数は公表しなかったが、対応した職員4人が通常業務がほぼできなかったほどだという。
 抗議の中には「『最低の人間』と言う大臣の方が最低だ」などと感情的になる人も。「草ナギさんを地デジキャラクターから降ろさないで」と続投を望む声の一方で、「なぜ発言を撤回したのか」と鳩山氏を支持する意見が少数あったとしている。
 同課は23日の時点で今回の事態を大臣側近に報告。鳩山氏が発言撤回に至ったとみられる。
 「草ナギさんは国民的人気があり、日韓友好にも力を尽くしている」とフォローしたが、あとの祭り。最近では、かんぽの宿譲渡問題で存在感を示してきたが、今回は大きく株を落としたようだ。
 「草ナギさんも反省して出直してほしい」とエールを送ったが、地デジキャラクターについては「(降板は)やむを得ず、選び直すことになる」と述べた。

2009年4月25日 スポーツ報知


鳩山邦夫さんを「最低」と決めつけるのは「感情的」かも知れませんが、「最低」に近いあたりにいらっしゃることは間違いありません。ともあれ草g「クン」のキャラクターが地デジ「推進」のキモであったことは、鳩山さんが一声高くポッポッポーと「烈火のごとく怒った」ことからも充分伺えます。なにしろ地デジで何かちょっとでもマシなところがあるとすれば、それは「草g『クン』」だけだったのであり、「草g『クン』」の仮面が取れて露になった「地デジ」の「地」などは、とうてい人々の受け入れる余地のないものなんですからしかたありません。

従って「事件」の影響が高度な政治性を帯びているところ、ツマラナイことで国策の遂行を妨害する結果となってしまった赤坂署としてはわざわざ家宅捜索までおこなったものです。深夜の公園で歌を歌っていたからといって家宅捜索までするのは異例中の異例に他なりませんが、警察としてはこれで何らかの違法な物質でも見つかれば言い訳になるものと思ったんでしょうが、何か出て来たところで別方面からの影響力の行使があったりするものと考えられますから、結局は無駄なことであったと言うことが出来るでしょう。

もっとも草g「クン」自身に取ってみれば、「地デジ」のとばっちりを受けて一部地域では「好感度」がダウンしていたところ、国家に利用される鼻持ちならない善人面が多少なりとも剥がれたということで、結果的にはプラスになるのではないかと思われます。その一方では彼の従来のキャラクターを修復しようとする一種の「同情論」のようなものも出現していることにも注意すべきでしょう。

ここに「待ってました」とばかりの“異見”あり。石原東京都知事が、この日の定例会見で“擁護”する発言を行った。「いろいろフラストレーション(欲求不満)があったんだろうね。裸になりたい気持ち、分からないでもないな、オレは…」。さらには「ちょっと騒ぎすぎじゃないか!?」と付け加えた。草なぎを堂々とかばった。

2009年4月25日 サンスポ


「裸になりたい気持ち」が理解できる、というのはおそらくかなり特殊な「意見」に属すると思われますが、石原さんの発想というのは割と頻繁に「裸体」や「陰部」が露呈される世界ですから、「文学的」な「素養」の「ない」人には「理解」できないかも知れません。「フラストレーション」で裸になっちゃうんだったら夜の公園は裸の男達だらけになってしまいます。事実そのような公園がないわけではありませんが、それはそういう意味でフラストレーションを抱えた人たちではありません。

そういえば草g「クン」にもその手のウワサがないわけでもないのですが、事務所が事務所なので何ともいえないところです。「女性にモテないだけ」という辛辣な意見も一部には存在します。しかし日本の芸能界というのは不思議なところで、同性愛者は沢山いるのに「オカマ」キャラの人以外でそれを公にしている人はいません。西欧では「聖林」や往年のロックスターが盛んに行った「御乱行」も、日本では重大事件です。

もっとも日本人一般が普段からあまり法に触れるようなことをしでかさない、というのは事実ですから、ちょっと裸になったくらいで大騒ぎするのも「犯罪」の少ない社会としては当然のことかも知れません。一部の人が示唆するようには犯罪が増えているわけではなく、多くの人は他の人の犯罪について読んだり聞いたりして溜飲を下げているところです。そいでもってそれは「同性愛」のような、別段それ自体触法的ではないことについても公表をはばかるような社会では、「報道」というものもあるいは必要なことなのかも知れません。

しかしながら草g「クン」の「事件」は、はたして人々の「溜飲を下げる」程に華々しいものであったか、というと甚だ疑問とせざるを得ません。そのくらいのことは、自慢じゃないが、やった、でしょ?全裸は寒いからちょっとアレですけど、ズボンの「社会の窓」から陰部を「社会」に向けて露呈しながら夜道を歩いたとか。あと、ミニスカじゃない女の人はパンティが小さい場合が結構多いし、足首丈のロングの場合は大抵パンストをはいていないので「深夜の公園」などでは便利な場合が多いのですが、そういうことはあまり関係ないか。

まあそういうわけで(どいういうわけだ)、「深夜の公園」というのは市民の「憩いの場」なのです。そこでは多少のことは不問に付すことが大切なのであって、それが表向きの厳格な規範を守ることにもなるのです。だから強姦とか殺人とか明らかに個人の権利が侵害されている場合はともかくとして、多少ウルサイというくらいでウルサイことを言わないのが都市住民ならびに所轄警察の暗黙の了解になっています。とにかく公園で全裸でオマンコしていても、オマワリさんに注意はされますが逮捕されることはありません。てゆうかありませんでした。まあ、すぐに止めて服を着ましたけど。オマワリさんに見られながら腰を使い続けるような剛の者については、僕にはわかりません。僕は弱い男です。

しかし今回草g「クン」逮捕に至った「通報」の状況には多少の疑問を呈せざるを得ないものがあります。報道によれば草g「クン」は全裸でベンチに座って、得意の「韓国語」の「歌」を歌っていたとされています。これによれば通報者並びに受報者は、公園で歌を歌っている人が「韓国人」であったと解釈したものと思われます。この時点では「事件」は「外国人が騒乱している」という、「治安上大変に問題となる状況」であると認識されたものと考えることができるのです。

ものは言いようでして、通報者の通報がどのようなものであったのか、興味のあるところです。「韓国人が歌を歌っていてうるさい」というのと「酔っぱらいが喚いてる」というのとでは、警察の受け取り方としてはだいぶ違うものであると思われるのです。いずれにしても「深夜の公園」のことですから、それは都市住民の「夜」なのです。それが直ちに「昼」の世界での動きに直結するものではありません。もちろん警察としては「前兆」としての「夜」を取り締まりたいのでしょうけど、それに一般人が協力する筋合いは何もありません。

仮に午前3時に草g「クン」の高歌放吟が五月蝿かったとして、そんなことは公園に隣接する都市住民として当然に甘受すべきことであると思われます。そういうのがイヤだったらもっと郊外に行けば良いのです。都心部の家賃は安いものではありません。郊外住宅物件の家賃に都心部までの交通費をたしてもお釣りが来る程度であると考えられますので、是非ともそうすべきです。都会はウルサイものであり、静穏な生活を求める人は別の場所に行く必要がありますし、それを妨げる経済的な事情は認められないのです。

深夜でも車が通り人が行き交う、あるいは大声で話し、歌を歌い、喧嘩が始まる。絶え間ない騒音。理解できない言語によるシュプレヒコールとガラスの割れる音。ネオンの光と火炎瓶に機銃掃射。断末魔の絶叫と団地妻の絶頂。何か物が壊れる音と振動。サイレンとホイッスルと怒号。そういうものがないと静かすぎて眠れない、というのが都心で暮らす人間の条件です。さっき引用した「編集手帳」の冒頭はこんな風です。

NHKで「バス通り裏」というテレビドラマを放映した昭和30年代のことという。新潟県の農家から若い嫁が失跡した。ひと月ほどして、うちしおれて戻る。「どこにいたのだ」と聞くと…

「バス通り裏」は善人ばかりで、いつも愉快に暮らし、たいして働きもしない。私は一生を、田んぼの泥んこの中で終える。あの街にあこがれて上京した――そう答えたと民俗学者、宮本常一の「女の民俗誌」にある。


警察が通報によって動いて、それで草g「クン」の逮捕に至ったのだとすれば、それは「一生を、田んぼの泥んこの中で終える」べき人間が間違って都会に出て来てしまい、夜の物音といえば狐が鳴いているだけ、という環境が都心部に再現されていないことに憤った結果であると言うことも出来ます。「善人ばかりで、いつも愉快に暮らし、たいして働きもしない」、そんな「バス通り裏」は「テレビ画面に結ばれた美しい像」に過ぎないんですが、「平穏な生活」も「スペクタクル」なのです。何百万の家賃を払っても朝鮮の歌が聞こえてくるのが気に入らなければ「うちしおれて」「田んぼの泥んこの中」に帰った方が良いでしょう。


posted by 珍風 at 11:03| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

鳩山邦夫 掲示板
Excerpt: 草なぎ剛さんは酒に酔いすぎ、鳩山邦夫は自分に酔いすぎ 草なぎ剛さんは酒に酔いすぎでしまいましたが、「人間として最低」「絶対に許さない」鳩山邦夫は自分に酔いすぎだと思いませんか? 「かんぽの宿」騒動は..
Weblog: うほほ情報
Tracked: 2009-04-25 12:27

鳩山邦夫 批判
Excerpt: [はてなサヨクどもへ]鳩山邦夫鳩山邦夫は日本で数少ない真っ当な正義感を持った政治家であるぞ!善悪の判断がつかないアル中と、脳梅毒に冒されたジャニヲタ、そしてはてなサヨクども、刮目せよ! http://..
Weblog: ★youtube動画+最新ニュースblog★
Tracked: 2009-04-26 06:05
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。