2009年05月27日

南北朝鮮の反日策動に鉄槌を

このところ調子良く飛ばしているのは北朝鮮のミサイルばかりではありません。「自民党国防部会の防衛政策検討小委員会がまとめた提言案」というものが「情報源」を明確にしない形で「明らかになった」(共同通信)のが24日、「年末の防衛計画大綱改定に向け、自民党国防部会がまとめた素案概要」がどうしたはずみか「分った」(産經新聞)のが25日です。んで26日には自民党はこの「提言案」の「要旨」を「大筋」で「了承」しました(産經新聞)。まあ「了承」するから「明らかになった」り「分った」りするわけで、「了承」するつもりがなければ最初からそんなことにはならなかったはずです。

それでこれに呼応するかのように、北朝鮮の方では25日に核実験などをやったわけですが、なんだか絶妙なタイミングであるようにも見えますが、ちょっとオカシイような気もします。世の中には「以心伝心」とかジンクロニツィタートとかいうものがあるそうですが、そういうことでは説明のつかない微妙な「ズレ」が気になるところであります。

24日の報道はやや早まったかのような印象を与えます。先に核実験が行われるのあれば構いません。そうであれば「敵基地攻撃」を議論したりするのも、「北」の「無法な」行為への当然の「対応」であるかのように見えます。例えば中谷さんはそういうふうに語っています。

攻撃的ミサイル防衛を 中谷元防衛庁長官

 自民党の中谷元・元防衛庁長官は26日、同党の会合で、北朝鮮の核実験を非難し「北の核の小型化が実現すると(核を搭載した)ミサイルが我が国本土に着弾することになる。安全保障上の現実的な脅威だ」と指摘した。その上で、「待ち受け型だけでなく、アクティブ(攻撃的な)ミサイル防衛も考えるべきだ。(ミサイルを発射する)敵基地攻撃を検討しなければいけない」と述べた。

 中谷氏は会合後、記者団に、「イージス艦に巡航ミサイルを搭載して(弾道ミサイル発射を)阻止するのは憲法の範囲内だ。座して死を待つようなことではいけない」と語った。

2009年5月26日 産經新聞


死ぬときくらい横になっていた方が楽だと思うんですが、「座して死を待たない」というのは今年の流行語大賞を狙っているのかも知れません。そうでなければこれは「提言案」からの引用です。24日に「明らかになった」ものを26日の文脈に置き直そうとしているわけですが、今更あわてても遅いと思います。

中谷さんが苦労を強いられるのも、共同通信社の早漏が原因でしょう。翌日になって産經新聞が急いで「分った」を出したのも共同通信のミスをカバーする必要に迫られたものと思われます。一方、時事通信社はかなり無理矢理です。

敵基地攻撃、法的に可能=能力保有には言及せず−麻生首相

 麻生太郎首相は26日夕、北朝鮮のミサイル発射基地への先制攻撃を想定した敵基地攻撃能力について「一定の枠組みを決めた上で、法理上は攻撃できるということは昭和30年代からの話だ」と述べ、法的には可能との認識を示した。ただ、能力を保有すべきかどうかには言及しなかった。首相官邸で記者団に答えた。
 自民党内には、北朝鮮の核実験を受け、攻撃能力の検討を促す声が出ているが、首相の発言はこうした動きを後押しすることになりそうだ。 

2009年5月26日 時事


「自民党内」の「攻撃能力の検討を促す声」は「北朝鮮の核実験を受け」たものではなく、それに先行してしまっているのですからこの記事は誤りです。もっとも2年半前の「北朝鮮の核実験」のことだという説明は可能です。核実験が2回目で良かったね。

しかし何も24日に記事を出した共同通信が悪いとか、そういうことが言いたいわけではありません。共同通信としては予定通りに配信したんだと思います。問題にすべきなのは北朝鮮の許し難い裏切り行為です。北朝鮮は断りもなく核実験の日程を変更してしまったのではないでしょうか。

この非難されるべき背信行為の背景には、23日の韓国の盧武鉉前大統領の自殺があったことが考えられます。これこそ「不測の事態」だったのでしょう。これによって「北」の核実験がニューズヴァリューを失う可能性が考慮されたのかもしれませんし、逆に適当なタイミングで核実験を行うことによって自殺事件によって窮地に立たされる李大統領に救いの手を差し伸べることになる、という計算もあったかも知れません。

いずれにしても核実験は24日の記事が出る前に行われるべきだったのでしょう。どうして急に「早急な憲法改正」なんて言い出すのかというと、ちゃんと仕込みがあったのでした。それが韓国の都合で25日になってしまったようです。とはいえ北朝鮮は全体としては日本と韓国の現政権の「国益」にかなうようにしてくれているのですから、あまり悪口を言うのもナンですが、よく言われるように連絡を密にしなければならない、ということが改めて思い起こされる事件でした。まあ要するに悪いのは韓国だ、韓国を攻撃しろ。


posted by 珍風 at 11:36| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
次のようなイベントをやっております。
もしよろしければご参加ください。

4.28 パール判事の日本無罪論購入イベント2
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/event/1241496768/

現在amazon90位です。

『パール判事の日本無罪論』(小学館文庫) 560円
http://www.amazon.co.jp/dp/4094025065

非常に有名な本です。

右寄りの方は「基礎知識」として、
左寄りの方は「敵を知る」ために、
ぜひ御一読ください。
Posted by 田中 at 2009年05月27日 20:35
「イベント」に参加するかどうかを決めるためには当該書籍の内容を知らなければならない、知るためには読まなければならない、読むためには買わなければならない、その結果「イベント」に参加するには及ばないと結論づけられたとしても気がついたら参加していたという恐怖の「イベント」です。既に読んでいて、その本は良い本だからというので「イベント」に参加すると同じ本を2冊買うハメになるし、そのような無駄な出費を行うことなく「イベント」に参加するためには物事の善し悪しをわきまえない狂人な精神が必要とされます。

この本はパール判事の「意見書」そのものではなくて松井大将の秘書で後に「イオンド大学」の味噌ラーメン学部シナチク学科「教授」になる田中さんがそれを抜粋して「解説」した本ですね。ちょっとした「歴史的文書」です。『パル判決書』そのものは講談社学術文庫から出版されていますから読み比べるのがオススメ。
Posted by 珍風 at 2009年05月27日 23:31
あ!田中さんだ!私のところにもお見えでしたねコンニチハ!頭のねじはみつかりましたか?

珍風さん
この「本を買わせる」という運動ですが、やはり頭髪疑惑のある某総裁からアイデアをゲットしたんでしょうか。某シナノマチ系だったら「本を買って配らせる」運動を展開しそうな気がしたもので…。

本題にもどって、北朝鮮と清和会のデレぶりにはウラヤマしくなりますね。嫉妬のあまり自殺する元大統領まででてくるほどですから。
Posted by 放蕩息子と青瓢箪 at 2009年05月28日 16:03
こっちもTBSの早漏が原因でえらい騒ぎになっているね。

「凌辱系」ゲーム、製造・販売禁止へ?
http://slashdot.jp/yro/09/05/29/0130256.shtml

「凌辱系」ゲームの製造・販売を一切禁止する方針を決定したとのこと

とあるけど、実際は6月はじめの会議で加盟団体の意見を聞き、そこで評決を取って初めて審査の基準が変更されるという仕組みだそうで。つまりまぎれもない誤報。
ちなみにTBSの記事は今は削除されているとか。
Posted by gen at 2009年05月30日 03:36
>放蕩息子と青瓢箪さん

本当に、いつまでも出逢った頃のようにイチャイチャしているのはうらやましい限り。単にセックスしたいというだけじゃなくて性格が合うのがいいみたい。

>genさん

まあ、「早漏」ってのは、どうせいずれは出すものをちょっと早く出しちゃったというだけのことですが、タイミングによって女の人に怒られたりする場合もある。TBSの「誤報」は、出す前に「口の中に出すよ」と囁くのに近いような気が。何を言ってるんだ。
Posted by 珍風 at 2009年05月30日 16:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。