2009年06月23日

子分親分エロ気分

定価販売は正当=「多数の加盟店値引き反対」−セブンイレブン

 弁当などの値引き制限について公正取引委員会から排除措置命令を受けたセブン−イレブン・ジャパン(東京)は22日、都内の本社で井阪隆一社長らによる記者会見を開いた。値引きマニュアル作成などを求める命令に対して井阪社長は、弁護士らの意見を踏まえ「中身を精査した上で受け入れるか受け入れないかを含め検討する」と述べた。
 会見で同社長は「命令を受けた事実、指摘を受けたことは真摯(しんし)に受け止める」としながらも、値引きの弊害などを強調。「多くの加盟店が値引きに反対している」とも述べ、定価販売を促す正当性を訴えた。
 また、本部の一部担当者に加盟店指導の「行き過ぎがあった」ことは認めた。しかし、商品の値引きが広がれば、同じ商品でありながら価格が違う物が混在してブランドイメージが崩れる上、価格競争も激化すると指摘。さらに、「本部が加盟店より優越的地位にある」とした公取委の判断に対しても「あくまで対等だ」とし、否定的な見解を示した。

2009年6月22日 時事


セブン-イレブン・ジャパンの「公正取引委員会からの排除措置命令に関する弊社見解について」という文書によれば、同社は一般的な「見切り」販売の存在そのものを否定しているようで、あたかも以下のような特異な例をもって加盟店側の求める「値引き」であるかの如き主張を行っています。

弊社のOFCらが、加盟店様に対して、見切り販売を制限したと認定された事例の中には、以下のような事例も含まれているのではないかと考えております。
@ デイリー商品が売れ残った場合、これを1円や10円に値下げして、加盟店様自らが購入するという事例
Aお客様を呼び込むために、あらかじめ見切り販売を行うことを前提として大量の発注を行い、毎日特定の時間に繰り返して見切り販売を行うような事例


そして「上記のような正常な商慣習に照らし合わせ合理的な行為といえない事例について、これを認めないとする書面を内容証明郵便で送付した」としています。

しかしながらAについては、集客増加を目的とした値引きを前提としていても、グロスで適正な粗利率を確保していれば「正常な商習慣に照らし合わせ合理的な行為」であるといえます。勿論このような場合、「適正な粗利率」がどの程度であるかは小売店の判断による決定権があるでしょう。

@は「正常な商慣習に照らし合わせ合理的な行為といえない」かも知れませんが、このようなことが行われるのはセブン-イレブン・ジャパンとの加盟店契約に「正常な商慣習」とはいい難い内容が含まれているのが直接の原因であり、加盟店が経営を防衛するために行う「合理的」な判断であるといえるでしょう。

もっともいかなる理由にせよ「見切り販売を制限」し、「これを認めないとする書面を内容証明郵便で送付」したりするのは明らかに本部における「地位の優位性」に基づく行為であって、同社が主張するような「対等な立場」が存在しないことを示しています。またこの「優位性」の存在によって、同社が主張するところの「多くの加盟店オーナー様から、見切り販売に対し反対の意見」の存在も本当に加盟店の意見であるとは考えられず、著しく信憑性を欠くものです。

なお、同文書では見切り販売によって「ディスカウントストアやスーパー等との価格競争・値下げ競争に巻き込まれる可能性」があり、「中長期的に加盟店様の利益にはなりません」としていますが、セブン-イレブン・ジャパンでは見切りによらずとも既にそのような「価格競争」に巻き込まれています。

セブン-イレブンなど/メーカー食品、クーポン利用で10円〜50円引き

セブン-イレブンとイトーヨーカ堂グループは、6月22日〜7月10日、日本国内の有名ブランド食品フェアを開催する。
目当ての商品のネットクーポンをネットダウンロードして印刷。レジでの清算時に利用できる。商品によって、10円〜50円引きとなる。
クーポンは、セブン-イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマート、ザ・ガーデン自由が丘で利用できる。

2009年6月22日 流通ニュース


もっともこの「クーポン」による値引き分は営業費として処理されるはずですから、セブン-イレブン・ジャパン本部のチャージには影響がなく、100%加盟店側の負担となります。つまり「加盟店様の利益」だけが損なわれる場合には、同社としては「価格競争」による値引きをむしろ積極的に加盟店に押し付けるようです。

コンビニエンスストアにおけるフランチャイズ契約の問題、要するに上記@のような「正常な商慣習に照らし合わせ合理的な行為といえない事例」を発生させる土壌は、デイリー商品の廃棄ロスを「クーポン」や「商品券」同様に営業費として加盟店側に負担させる「商習慣」にあります。この点について同社は「廃棄ロスを加盟店様が負担することとしているのは、どの商品をいくつ発注するかの決定権が加盟店様にあることと密接に関係しております。」などと、今さら指摘されるまでもない当然の事柄を引き合いに出してケムに巻こうとしています。

わざわざ言われるまでもなく直営チェーンではない独立した小売業である加盟店は、普通の小売店同様に「どの商品をいくつ発注するかの決定権」が当然に存在します。通常の場合であれば商品を廃棄した場合、売上原価率が上がって粗利率が下がることになります。もっとも小売業による果実は粗利益から営業費等を差し引いたものになるはずでありますから同じことに見えるのですが、セブン-イレブン・ジャパンは粗利益からチャージ収入を得ているため、本来売上原価に含まれるべき廃棄ロスを営業費に転嫁することによってリスクを全面的に加盟店側に負担させています。これは営業による果実を対等に分け合うどころではなく、横から手を出してかすめ取り、ふんだくるような仕組みであって、同社が言うような「強固な協力関係によって共存共栄を目指す」ものであるとは考え難い状態です。

これは同社の運営方針が「お客様にとって欲しい時に、欲しい商品が、欲しいだけある状態を維持する」ことであるためで、同社としても「廃棄ロスを最小限にする」とはしているものの「廃棄ロスをゼロにする」とはいくらセブン-イレブン・ジャパンでも口が裂けてもいえないシステムなのです。つまり「最小限」であっても「廃棄ロス」の負担は確実に存在し、それは全額加盟店に押し付けられるのです。

この契約では見切り価格=原価であっても本部チャージ額は廃棄した場合と変わりません。しかし見切り価格が原価を割る場合、加盟店にとってはそれでも少しでも売上にした方がマシなんですが、本部にとっては廃棄した方が利益になるようになっています。じゃあ見切り価格が原価を下回らないように加盟店側で気をつけることにすれば良いのですが、驚いたことにセブン-イレブン・ジャパンの加盟店は商品の仕入単価を知らないんだそうです。これでは気をつけようにも気のつけ方がありませんが、本部ではこれを知られたくないようです。究極的にはこれが見切りを認めようとしない理由なんでしょう。

セブン-イレブン・ジャパンではこのようなシステムを背景に、全くもって無駄としかいいようのない下らない商品を加盟店に押し付けます。千葉県における例については「千葉県の情報発信ブログ」に譲りますが。

http://ch10670.kitaguni.tv/e1143413.html
http://ch10670.kitaguni.tv/e1092046.html
http://ch10670.kitaguni.tv/e993906.html

「譲った」のであって「押し付けた」わけではありませんが、「女子大生」ともども食欲をそそらない商品であります。ところがセブン−イレブンでは今月も静岡県では静岡県立大食品栄養科学部の市川陽子准教授のゼミ生(伊藤望さん21歳他4名)が考案した「野菜っていいら!しぞーか弁当」を、栃木県宇都宮市では宇都宮文星短大地域総合文化学科の(男子を含む。ケッ)18人の学生と共同開発の「とちぎ健康づくり応援弁当」を、宇都宮市以外の栃木県では佐野短期大の学生(女子!)による「とちぎ娘が作ったうまいもの弁当」を、いずれも相も変わらず580円という高価格で販売中ということなので呆れてしまいます。

実際このご時世に580円は、いくら「女子大生」でもオジサンの手は出ませんし、男が混じってるんなら尚更です。安くなったら買うかも知れませんが、これは「買い控え」ではなくてお金がないだけなのですからセブン-イレブン・ジャパンはビンボー人にヘンな言い掛かりをつけるのは止めにしてもらいたいものです。そういえば千葉県の「栄養士のタマゴが考えた食育弁当」だが、森田健作に喰わせてマスゴミに取材させた以上は、どの弁当を何個生産して幾つ売れてどのくらい廃棄したのかきちんと公表してもらいたいものです。そんなことしちゃ女の子がカワイソウか。オジサンが慰めてあげよう。でも女子大生の写真付き弁当って、「ブルセラ商法」ですよね。下半身を直撃です。お腹壊さないように気をつけよう。


posted by 珍風 at 10:27| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんだ。
「見切り販売しちゃいけない」じゃなくて、「見切り販売しちゃいけないというのは駄目」だったのか。
最近規制の話ばっかりだったから迷っちゃったよ。
Posted by gen at 2009年06月23日 11:32
これは優位に立つ本部が劣位に立つ加盟店に対して損害を押し付けることを「規制」しようとしているのね。この意味では弱者に配慮しようという「再規制」の流れの中にあるのかも知れない。

ただしコンビニエンスストアのコンセプトは廃棄する時点で棚が一杯になっている状態であることを求めています。つまり需要より多く仕入れろというわけですから、見切り販売を認めただけでは廃棄がなくなるわけではありません。
Posted by 珍風 at 2009年06月23日 11:57
私のミカちゃん(21)・・・あれ? ミキちゃん(21)だったかな? まあとにかく悪く言うのは許さないぞー! シュプレヒコール! 顔面粉砕!

それはともかく、私はまんまと「ブルセラ商法」に乗せられてしまったのですね。ただ意外とあの手の顔に、却って食欲をそそられる私も私で、HENTAIの素質ありでございます。

ところで「しぞーか県」の女子大生じゃなくて弁当も美味しそうですね。グヘグヘグヘ。
Posted by やきとり at 2009年06月24日 11:50
たしかに40歳過ぎてから「あの手の顔」もイケルようになったかも知んないです。大人の味ってんですかね。奥が深いなあ。

ところで労働法の専門の人に言わせるとフランチャイズってのはまた別の問題もあるらしいです。要するに偽装雇用みたいなもんで。実際にはフランチャイジーにリスクを負担させて尚かつ支配下に置くということをしているわけです。それにつけても女子大生を支配下に置きたいものだ。
Posted by 珍風 at 2009年06月24日 13:56
はじめまして、奈々です

すごくエッチな気分・・・

http://pksp.jp/nana2009/?o=1
Posted by なな at 2009年07月02日 19:22
「セブン−イレブン」にかけて「奈々」ちゃんですか!女性は大歓迎ですっ!って、ああた、「PCからのアクセスを禁止」しているようなサイトに誘導するのは迷惑なので止めましょう。Cカップとかウソついてると死んでから地獄へ行きます。おとなしゅうしておれば天国へ連れて行ってやったものを。
Posted by 珍風 at 2009年07月02日 20:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

排除措置命令
Excerpt: 子分親分エロ気分 ... 弁当などの値引き制限について公正取引委員会から排除措置...
Weblog: なりみ日記
Tracked: 2009-06-23 15:40
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。