2009年07月04日

男同士の乱交のよる

冗談交じり 新党構想!? 橋下・東国原知事 報道陣を翻弄

 「知事の乱」の主役たちは密室で何を話し合ったのか―。3日夜に大阪市内で会談した後、そろって会見した橋下徹・大阪府知事と東国原英夫・宮崎県知事は、会話の踏み込んだ中身には一切触れず、冗談交じりに“新党結成構想”まで披露するなど最後まで報道陣の質問をはぐらかした。


 「言えない話だらけですよ」。会見の冒頭、報道陣から会談の内容を問われた東国原知事は、こう笑い飛ばした。


 入閣問題などの経緯を聞きたいと話していた橋下知事も「聞けたとしても一切言えませんけどね。でも、いろいろと勉強になりましたよ」。質問をのらりくらりとかわしながらも、何かが話し合われたことを巧みににおわせる2人のペースで会見は進んだ。


 国政出馬の有無を改めて尋ねられた東国原知事は「まだ(知事の)辞表の書き方の本を買っていない」。新党結成の話は出たかと問われれば「来年くらいじゃないですか? いや、再来年?」と報道陣を翻弄(ほんろう)した。


 東国原知事が自民党から衆院選に出馬するとなれば、盟友の橋下知事が近く宣言する支持政党はやはり自民党なのか。記者の質問に橋下知事は「そこは党(のあり方で選ぶ)。党が動かなければ国の形が変わることはない」と言い切ったものの、続く言葉で「東国原知事が総裁選に出るとなれば、それは相当自民党が変わった証といえる」。


 すかさず東国原知事はテレビカメラに向けて呼びかけた。「自民党さん、聞いてますか? 変わってくださいって言ってますよ」。



2009年7月4日 産経関西


まだ買っていないのなら早く買っておけば良いでしょう。将来何回も使えると思いますから1冊あれば一生の宝です。

それにしても「知事の乱」。「乱」なんてあったんですか。まあたしかにこの2人、片や「淫乱」とか「乱倫」の趣があり、対するに「乱心」や「錯乱」の気があったりするんですから、2人揃うとたんなる「乱暴」です。東さんによれば「結婚」だと言っていますが、じゃあこの場合は「乱婚」て言うんですかね。

まあ高等猿類は概ね乱婚だといいますから、不倫くらいでとやかく言うわけでありませんし、思わせぶりも恋の駆け引きなのかも知れませんが、橋下さんは選挙前にはウソを言うことにしているようですし、東さんは比例東京ブロック1位が関の山でしょう。まあ、彼は今回は出ないという選択肢も保留していますが、おそらく知事の2期目はないでしょうから、自民党の就職と所得の保証案に乗るんじゃないか。

自民党としては今回のような「汚職事会」などを企画してオーディエンスの興味が途切れないようにしなければなりません。毎日何かやらなければならないので大変だ。この他にも「田中義剛」とかが控えているようですし、有名なだけで魅力のない傲慢な醜男ばっかりではナンですから「藤川ゆり」にもご注目です。

自民党では現在選挙用に芸能人を物色しているところでしょうが、たいして才能がなくていい具合に落ち目が狙い所ですから難しいですね。才能がなくても何故か売れてるタレントというのは、だいたい創価のいきがかかっていたりするものなので。それでも自民党が選挙のために出来ることはもうそれくらいしか残っていないのですから仕方ありません。アスリートも年を取ると仕事がありませんから当然対象になります。

しかしそうやって比例の上位に「微妙な」位置にいる「芸能人」や「運動選手」を置くのも良いのですが、自民党の得票がそんなに沢山あるわけではないことを考えると、まず名簿上位の、こう言ってはナンですが「バカ」ばっかり当選することになるわけです。自民党は議席を減らし、しかもその中で「バカタレント」や「スポーツバカ」の割合が増えるということになりますが、その弊害は議席が多い時の「チルドレン」の比ではないでしょう。今回の選挙では量的減少と質的低下が共に自民党を襲うことになりますが、知ったことではありません。どうせ「政界再編」とかいって助けてくれるので同じことです。


posted by 珍風 at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。