2009年07月25日

当ブログは細田幹事長のご賛同を得ました

「国民の程度」低い? 細田幹事長発言、直後に謝罪

 自民党の細田博之幹事長は24日、報道各社のインタビューで、麻生太郎首相の言動や党内の混乱を取り上げたマスコミ報道に関連し「(首相が見送った)役員人事だろうが、閣僚人事だろうが、どうでもいいことだが、その方がみんな面白いんだから。国民の程度かもしれない」などと述べ、怒りをあらわにした。

 内閣・政党支持率の低迷にいら立ちを爆発させたようだが、国民の政治意識は低いと指摘したとも受け取れるだけに、終了後に「誤解を招く表現だった。謝罪します」と述べ、発言を撤回した。

 インタビューで細田氏は、経済指標の悪化に触れ「これだけ落ち込みがある割に、何とか支えている。経済界は評価している」と指摘した上で「国民に伝わらない。(首相は)字が読めないらしいですねなんて楽しんじゃってる。ぶれたらしいなんて。大したことはないんだよ」と強調。さらに「日本国の程度を表している。それは程度なんだ。国民の程度かもしれない」と述べた。

 報道各社の世論調査についても「麻生さんをどう思いますか、鳩山由紀夫民主党代表とどっちがいいですかって、もういいかげんにしてくれっていう感じなんだけどね、本当は。それ聞いて何か意味ありますか」と不満をぶつけた。

2009年7月24日 共同


記事によれば細田さんが言いたかったことは以下のようなことだそうです、

1、自民党の人事なんて、もうどうでもいい。

2、自民党は経済界のための政策を行なって来た。

3、それは国民のためにはなっていない。

4、アホ太郎はやはり字が読めない。

5、アホ太郎が多少「ぶれ」たところで大したことは出来ない。

6、それは日本国の程度だ。

7、それは4年前の選挙で自民党を勝利させた国民の程度でもある。

8、ユキポッポとアホ太郎とではとても比較にならない。

「ユキポッポ」というのは鳩山(兄)のつもりですけども、まあ色々言う人もいるかと思いますが、細田さんは概ね正しいことを言っていると思われます。そればかりか細田さんは僕の昨日のエントリを読んだようです。読んだに違いない。しかしあまり「正しい」ことばっかり言っていると危険なので「撤回」したりなんかしたようですが。

例えば「経団連治安維持部」たる自民党の政策が「経済界」に「評価」されているのは当然のことですし、それらの政策が「経済界」と「国民」を対立させている以上は「国民に伝わらない」のも当たり前です。民主党の「政策集」は、そんな自民党が「いくら「ぶれ」てもそこまでは「ぶれ」られない」ものを含みますが、それも細田さんが「ぶれたらしいなんて。大したことはないんだよ」と「強調」して下さっている通りです。アホ太郎は「ぶれ」方が足りないのであり、もっとメチャクチャに「ぶれ」まくったほうが良かったのかもしれません。

しかしながらそんな「大したぶれ」をやることが出来なかった、そこにはもしかしたらあのコイヌミに勝利を与えた有権者の責任というものが存在するのかも知れません。もちろん一方では「経済界」からの「評価」というか圧力というかそういうものもあったと思われますが、「国民」としては細田さんの言葉を真摯に受け止めて、今度からは馬鹿げた振る舞いを繰り返さないことが肝心でしょう。

そしてもちろん、「字が読めない」ことも僕は指摘しておきました。もっとも、やくみつるさんも読めなかった「歉」という字が「穀物が実らない」という意味であったりするのは偶然というものです。いずれにしても、実ろうが実らなかろうが人は蒔いたものを刈り取るそうですからいい気味ですが、アホ太郎とユキポッポが、比較することが「意味」がないと言う程、個人としてはそんなに違うわけではないと思いますが。細田さんはちょっと持ち上げ過ぎだと思います。ともあれ、当ブログでは細田さんが早く「楽」になっていただけるよう、心から応援しております。


posted by 珍風 at 03:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
細田に続いて麻生も失言。

麻生首相:高齢者「働くことしか才能がない」…会合で発言
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090725k0000e010033000c.html

あとこれ面白い。

「お金?君のお母さんに働いてもらうさ」 : メカAG
http://www.asks.jp/users/mechag/285594.html

男「オレの方が君を幸せにできるぜ。
  バラ色のとてつもない人生が待ってる。
  出産や子育ての費用(略)俺にまかせりゃ、全部OKだぜ?」

女「お金は大丈夫?」

男「君のお母さん、暇そうじゃん。
  オレたちのために働いてもらおうぜ!
  どうでぃ、この俺様の安心確実なプラン。
  完璧だろ、わははは」

女「えぇぇぇぇぇぇ!?」

  確かな根拠がある、

    安心社会実現を目指す

      自民党です
Posted by gen at 2009年07月26日 02:01
それ面白いですね。青年会議所も「世襲」が多いって。政治家は聴衆に合わせて喋るから、遊んでばっかりの二世三世を前にして、がむしゃらに働いて来たその親の世代をそんな風に言うんだ。するとドラ息子共は怒りもしないんだね。親不孝だなあ。
Posted by 珍風 at 2009年07月26日 12:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。