2009年07月26日

スパイカードで豚野郎を探し出せ

タスポ情報、検察に提供 日本たばこ協会

 たばこ自動販売機の成人識別カード「タスポ」を発行する日本たばこ協会(東京)が、特定の個人が自販機を利用した日時や場所などの履歴情報を検察当局に任意で提供していたことが25日、関係者の話や内部資料で分かった。行方の分からなかった罰金未納者の所在地特定につながったケースもあった。

 クレジットカードや携帯電話の使用履歴はこれまでも捜査当局に使われてきたが、タスポ情報の利用が明らかになるのは初めてとみられる。

 刑事訴訟法に基づく照会に回答した形となっているが、タスポの利用者は通常、想定していない事態だけに、個人情報保護の観点から「どんな情報を第三者に提供するのか、本人に明らかにすべきではないか」と、疑問の声も出ている。

 日本たばこ協会は、共同通信の取材に事実関係を認め、「法に基づく要請には必要に応じて渡さざるを得ない。情報提供については会員規約で同意を得ていると認識している」と説明している。

 関係者の話などによると、協会は求められた個人の生年月日や住所、電話番号、カード発行日などのほか、たばこ購入の日時や利用した自販機の所在地を一覧表にして提供。免許証など顔写真付き身分証明書の写しが添付された申込書のコピーを渡した事例もあった。

2009年7月26日 共同


日本たばこ協会(TIOJ)は嘘をついており、会員規約では購買情報履歴の利用については何ももうたっていません。「taspo(タスポ)」会員規約によれば、その第23条において「個人情報の収集及び利用」について規定されています。

第23条(個人情報の収集及び利用)
1.会員は、次の各号に示す会員の個人情報について、TIOJが必要な保護措置を講じたうえで利用することに同意するものとします。
 (1)氏名、生年月日、住所、電話番号、等会員本人が申込時および申込後に届け出た事項
 (2)第5条(会員申込手続き)に定める手続きにおいて、会員がTIOJに提出した本人確認書類の写しおよび公共料金領収書の写しに記載される情報のうち、システムの運営・管理に必要とされる事項
 (3)退会に伴う電子マネーの返金手続きに必要となる口座番号、口座名等の事項およびその他ピデルサービスの運営に必要なる事項

2.会員は、前項に示す個人情報について、TIOJが次の各号の範囲で利用することに同意するものとします。この場合、TIOJは、利用する情報が第三者への漏洩等がないよう、万全の処置をとるものとします。
 (1)TIOJが前項1号および2号に示す個人情報を本規約に基づく本人、成人認証のために収集すること。
 (2)TIOJが前項3号に示す個人情報を退会に伴う返金手続きのために利用すること、およびその他電子マネーサービスの運営のためにピデル発行会社と共同で利用すること。
 (3)TIOJが前項に示す個人情報をtaspoカードの発行・運用管理に利用すること。また、本目的のために、TIOJより会員に対して各種文書を送付するが、商業目的に使用するすることはないこと。
 (4)TIOJがtaspoカードの発行・運用管理等を委託する指定業者に前項に示す個人情報を委託業務の範囲内で利用できるよう預託すること。

3.前項第1号について、収集した本人確認書類の写しおよび公共料金領収書の写しは、TIOJ所定の保存期間を経た後、確実に破砕・焼却処分するものとします。ただし、記載情報に関しては、電子データに変換し、TIOJの厳重な管理のもと前項2号のために必要とされる期間保存するものとします。なお、提出された書類に記載される機微情報については、TIOJへの提出時に判読可能な状態にある場合、TIOJがそれを電子データで保存することに同意したものとみなします。

4.前項の電子データの保存期間について、TIOJが第20条(成人識別システムの中断および終了)で定める判断をした場合、その限りではありません。


このように、会員規約において会員が「TIOJが必要な保護措置を講じたうえで利用することに同意」しているのは、申し込み時に届け出た事項、申し込み手続において提出した書類に記載されている事項、電子マネーサービス利用に関わる基本的な事項なのであって、タスポを利用したタバコ購入履歴情報について、会員は「同意」したおぼえなどありません。

もっともこのことは「タスポの利用者は通常、想定していない事態」であるとも限りません。去年ちょっと考えたんですが、会員規約ではtaspoカードの貸与などを禁じています。

第9条(taspoカードの利用制限)
会員がtaspoカードを利用する場合、以下の行為を禁止するものとします。
 (1)taspoカード上に表示された氏名をもつ会員以外の者への貸与、譲渡、担保に供すること
 (2)たばこ購入以外の目的で、身分証明等のためにtaspoカードを利用すること


ところが第1条の「目的」によれば、「未成年者によるたばこ自動販売機の利用防止のため」ということになっています。つまりカードを貸与したり譲渡したりする相手方が成人であれば、貸与などは本来その「目的」に反するものではありません。この条項は会員規約に明示されている「目的」にそぐわないものとなっています。

成人間でも貸与を禁止するとすれば、それは購買履歴情報の純度を高めるためであり、その場合はtaspoは規約にうたわれた「目的」以外の「目的」を持っているのであり、しかもその「目的」は明示されていません。またその隠された「目的」によって収集された個人情報の取り扱いについて規約には何も書いてありません。「目的」そのものが隠蔽されているのですからそれは無理もないことなのですが、これは要するに「詐欺」のようなものです。

僕も単なる知的好奇心からtaspoを申し込むという危険な行為に手を染めていますが、普段は使いません。僕は時々あてもなく電車に乗って遠いところに行くなどの不審な挙動をとることがあり、そういう場合には使用することがあります。したがって僕の購入履歴は年に2、3回であり、自販機は住所から100キロ圏以遠に拡散していますが、通常の購入はコンビニで、しかも女子高生のアルバイトがいる時だけにしています。女子高生が可愛い時は6個(ショートホープなんで)買って「釣りはいらねえよ」と言うとキモがられます。

産經新聞の2009年4月26日「【日本の議論】タスポが“失敗”した理由」によれば、「日本禁煙学会」の作田さんは「タスポ導入はそもそもナンセンス。知人に借りるなど抜け道はある。自販機そのものを撤廃すべきだ。」という「批判」をしているようですが、これは会員規約に明示されている「目的」を鵜呑みにした相当に的外れな「批判」であります。だいたいtaspoの話しになるとこの人はいつも出て来て同じことばかり言っていますが、「日本禁煙学会」というのはバカの集まりなのかも知れませんし、一部の喫煙者が言うように非喫煙者にはアタマの悪いものが多いのかもしれません。しかしそれはデマでしょう。むしろ非喫煙者は喫煙者よりも知的能力が優れているのです。「日本禁煙学会」は全ての事情を認識したうえで、taspoの本当の「目的」を隠蔽するために虚偽の「批判的スタンス」をとっているものと思われます。

同記事によれば4月18日現在のtaspoカード普及率は33.7%に達しています。もっともこれは推計による「喫煙者数」2680万人を基にした「率」であって、そこから計算すると実数は903万くらいになります。注意しなければならないのは、タバコというのは習慣性が高いものとされており、更に自動販売機での購入はかなり一般的なものであったということです。その場合に普及率が3分の1だったというわけです。これはテストケースなのです。購買時点や購買場所など個人の購買行動を総合的にトレースすることが可能なシステムを消費者が受容する度合いの。

そう考えれば、ちょうど1年経ったあたりで購買情報が検察に「売られて」いたというこの記事だって、この報道以降の消費者の反応を測定するための第2段階の「テスト」でしかありません。もっとも自販機で販売出来る商品は限られていますから、タバコ以外に何をどうするのかはわかりませんが。とはいえ、沖縄県の「主婦 30歳」などは店頭の対面販売でもtaspoを提示させることを義務づけたらどうかなどと言っています。これは単に欲求不満にかられた人妻の気が変になったものではありません。これは「国政モニターの声」として内閣府大臣官房政府広報室が公表したものであり、平成20年7月26日から8月25日までの1カ月間の間に寄せられた224件の中から選りすぐった20件の中の1つですから、これはむしろ政府が「国政モニターの声」を借りてとてもじゃないが言えないようなことを言ってしまっているものでしょう。新聞の投書欄と同じです。

もちろんこの場合、コンビニの女子高生は可愛くても可愛くなくてもお客さんのtaspoを見て「写真に比べて老けてる」などという無礼な感想を抱くだけには留まらず、カードリーダに通してしまうことが考えられます。まあ、こういう場合はtaspoの中にいらっしゃいますご本尊様を破壊してしまえば「提示する」だけの機能しか残りませんけど。カードリーダで読めないカードは「無効」として販売を拒否するとか、何をやって来るか分りませんが。

おそらく今回の「テスト」の結果如何によって、他の「カード」の導入が具体的に議論され始めるでしょう。対面販売でのtaspo提示義務づけが成功するのを条件として、おそらく次は「エロ本カード」とか「AVカード」だな。「児童ポルノ」の議論がとんでもない方向に拡大する可能性があります。「強力効果論」は学問的には否定されているようですが、政府や警察は科学的な事実よりも都合の良いウソにしたがって行動します。事実、諸々の「青少年保護育成条例」の類いは既にこの方向で制定されています。ポルノもタバコ同様、今どき珍しくいくら虐めても良い「弱者」であり、連中がそこを突破口とすることはtaspoで証明済みです。カードの名前はポルノのカードだから「Porca」になるでしょう。イタリア語で「豚」だな。Porca Miseria(ミジメなブタ)、Porca puttana(売春ブタ)などは罵倒語で、これを他人にいうと頭突きをされたりしますが、そうすると泰葉もイタリア風だというのはズバリアレだ。


posted by 珍風 at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。