2009年08月24日

気まずい沈黙に耐えるのが男だ

麻生首相「金がないなら結婚するな」発言

 衆院選(30日投開票)の「ラストサンデー」となった23日、各党党首は候補者の応援で全国を奔走した。東京2区(中央区、文京区、台東区)に入った麻生太郎首相(68)は、学生主催のイベントに出席。少子化問題の質問に「金がないなら結婚しない方がいい」などと発言した。


 東京・花川戸の台東区民会館で開かれた、学生主催の「ちょっと聞いていい会」。約60人の学生を前に、麻生首相が質問に答える形で進められていたが、ビックリ発言はいきなり飛び出した。


 男子学生からの「結婚資金が確保できない若者が多く、結婚の遅れが少子化につながっているのではないか」との指摘に対し、首相は「金がないのに結婚はしない方がいい。オレは金がない方ではなかったが、43(歳)で結婚した。稼ぎが全然なくて(結婚相手として)尊敬の対象になるかというと、なかなか難しい感じがする」と答えた。


 さらに「(結婚は)金があるからする、ないからしないというものでもない。人それぞれだと思うから、うかつには言えないところだと思う」と続けた。


 首相の発言は一定の生活力が必要との趣旨ともとれるが、学生からは賛同の拍手などは一切起こらず、それどころか、会場全体が一瞬、凍りついたような雰囲気。不況の影響で就職先がなかったり、ワーキングプア状態にある若者たちに対する配慮を欠いた発言との批判を呼びそうだ。


 選挙戦中も相変わらず失言を繰り返す麻生首相。解散後の先月25日には、横浜市内での会合で「高齢者は働くことしか才能がない」などと話したため、河村建夫官房長官からは「首相にはオウンゴールだけは避けてもらいたい」とイエローカードを突き付けられたばかり。さらに、前日の22日には、豪雨災害に見舞われた兵庫県佐用町の現場を視察した際、2人の行方不明者について「遺体が見つかるように」などと心ない発言をしていた。

2009年8月24日 Sponichi Annex ニュース


てゆーか「うかつに」言ってるじゃん。アホ太郎の発言は語の十全な意味においてまさに「迂闊」である点において完璧なものであるといえます。つまり要するになかなか立派な御発言である。他の人じゃこうはいきません。やっぱりアホ太郎、さすがはアホ太郎、どうにもこうにも箸にも棒にも。

『大辞泉』によると「迂闊」には

1 うっかりしていて心の行き届かないこと。また、そのさま。
2 回り遠くて実情にそぐわないこと。実際の役に立たないこと。また、そのさま。

の意味があり、一方『大辞林』では

1 ぼんやりしていて不注意なこと。また、そのさま。
2 実情から離れていて、実際の役に立たないこと。また、そのさま。

ということですから、どっちでも同じようなもんですが、「迂闊」とは先ず第一にアホ太郎得意のいつもの「うっかり」、「ぼんやり」という薄ら馬鹿状態を表しています。アホ太郎は「うかつには言えない」ことは分っているようなのですが、それはうかつにものを言ったあとなのです。もう少し早く気がついていれば何とかなったんですが、注意が行き届きません。時と場合とをわきまえずに言わなくても良いようなことを言ってしまうのが「迂闊」です。

また、そのような場合に喋ってしまう内容については、常日頃考えていることがポロッと露呈することが多いようです。いわゆる「本音」というものですが、選挙なのに「本音」を漏らしてしまっては選挙運動になりません。その意味でこれは確かに「実際の役に立たない」発言なのですが、しかしそれ以上にアホ太郎の発言は状況に適合していないところが更により深く「迂闊」です。いわばより高度な「迂闊」というものがアホ太郎の発言において実現されているのです。

学生さんの「質問」は「結婚資金が確保できない若者が多く、結婚の遅れが少子化につながっているのではないか」というものであり、この質問において取り扱われているトピックは「少子化」であると考えるのが普通です。学生さんの考えでは「少子化」の理由は「結婚の遅れ」であり、結婚が遅れるのは「結婚資金が確保できない」からなのではないかということであり、この点についてのアホ太郎のお考えを拝聴致したいと、こういうことです。

この場合、「迂闊」な回答として「え、何?」というものが考えられますが、これではいくら何でも「うっかり」し過ぎです。てゆーか「うかうか」を通り越して「うとうと」の境地にまで達してしまっています。このようなワザは志ん生以外によくなし得るものではありません。通常の「迂闊」は、「移民を入れるんだから、んなこたどーでもいーや」とかそういうものでしょう。これは「迂闊」なようですが、労働者の犠牲の上に金持ちだけを繁栄させて尚かつ労働力を確保するにはこの手しかありません。ただ、ビンボーな保守層という「迂闊」が服を着て歩いているような人々には不評なようですから、言ってはならないことになっており、もし言えばそれは「迂闊」である、ということになるでしょう。

しかしアホ太郎はレベルが違います。「結婚資金が確保できないから結婚が遅れて出生数が減る」という状況に対してアホ太郎の答えは「結婚資金が確保できないなら結婚すべきでない」というものです。これは質問に対する回答になっていません。「べき」か「べきでない」かはともかくとして実際問題として結婚できませんし、していないところ、「そういうものだ」と言っているだけなんですからこれは相当な「ぼんやり」です。「ちょっと聞いていい会」という名の下に質問に対して応答をすべきところ、アホ太郎には「質疑応答」ということが分っていません。もしかすると誰か「気のきかない」人が、アホ太郎に見せる企画書に「質疑応答」という文字を書いてしまったのかも知れません。必殺の四字熟語です。

字が読めないということはやはり大した問題で、折角の選挙集会も例によって「迂闊」の独擅場と化してしまいました。もっとも、こんなことになったのはアホ太郎が通常レベルの「迂闊」をやりかけたのに途中で気がついて有耶無耶にしたからであると考えることが出来ます。アホ太郎の発言は「結婚資金が確保できないなら結婚すべきでない」というものでしたが、ここからは「少子化は必然である」という「回答」が導かれるでしょう。そして生まれてこない分をどうするかと言うとやはり他から仕入れることになるでしょうから「移民受け入れ」につながらざるを得ません。これではしかし普通の「迂闊」発言となるので、アホ太郎は急に「人それぞれ」だとか言って話しを止めてしまいます。「会場全体が一瞬、凍りついたような雰囲気」になったのも無理はありません。聴衆はそれで話しが終わったとは思わず、続きがあるものだと思って黙って聞いていただけです。一方アホ太郎は「迂闊」なことを言いかけてしまったので「うかつなことは言えない」と平仮名で言って口をつぐんだのでした。どうにも気まずい沈黙です。

気まずいので閑話休題。トランプのハートのキングのモデルはフランク王シャルルマーニュ、ドイツ語で言うとおやつはカール大帝、冗談は大抵にしてこの人のあだ名は英語でSuicide Kingです。別にシャルルマーニュが自殺したんではなくてトランプの絵柄が、短剣で自分の喉を刺しているように見えるというのですが、口を開けば「迂闊」、閉じれば気まずいアホ太郎はさしずめ平成の自殺王ですな。少なくとも自殺点は沢山入れてくれます。それでも強気の自殺王。

その強気はどこから?麻生首相「一日二日あれば全然変わる」

 麻生太郎首相は23日、NHKなどのテレビ番組で、報道各社の衆院選関連報道が民主党の獲得議席を300議席超の勢いだと伝えていることに対し「先週よりは今週、昨日よりは今日と手応えがだんだんよくなっている」と反論した。民主党の鳩山由紀夫代表は「追い風というよりも地殻変動だ」と政権交代の可能性が高まっているとの認識を示した。
 首相は「新聞で書かれているようなことにはせず、きちんと追いつきたい」と述べ、政権維持への意欲をあらためて表明。鳩山氏は「民主党への期待を感じるが、報道で言われているような状況ではない」「100人程度が(当落)すれすれの戦いだ。油断がいちばん危ない」と、陣営のゆるみに懸念を示した。
 また首相は「(自民支持の)トレンドは上がってきている。一日二日あれば、全然変わる。政策をきちんと訴えていく」として残り1週間の選挙戦で挽回可能との考えを示した。
 勝敗ラインについて、首相は「自公政権維持」と自民、公明両党での過半数維持を挙げた。鳩山氏は「政権交代可能な議席」とすると同時に「単独過半数を目指す」と重ねて強調した。
 公明党の太田昭宏代表は、公明党として解散時勢力を維持し、与党では過半数を目指すとした。共産党の志位和夫委員長は「比例代表11ブロックでの議席増」、社民党の福島瑞穂党首は「3議席上積み」、国民新党の綿貫民輔代表は「全員当選」とそれぞれ答えた。

2009年8月23日 Sponichi Annex ニュース


一体全体どういう見込みがあって「一日二日あれば、全然変わる」と言えるのか、多少不気味であります。もちろん「トレンド」など上がってきてはおらず、相変わらず劣勢の現政権が挽回するには大きな事件が起こる必要があるでしょう。例えば大地震とか台風とか。アホ太郎は熱帯性低気圧とか「神風」が吹いて、またもや「遺体」とかヌカす機会を待ち望んでいるのかも知れません。友邦北朝鮮があまり被害のないところ、こう言ってはナンですが石川県あたりにミサイルを飛ばしてくれる予定があるのかも知れません。全ては今週後半のお楽しみです。しかし手間もかからず元手もいらないのが大平さんの故事に倣うことでしょう。もっともお得意の「自殺」では松岡さんの例を引くまでもなく逆効果です。とはいえツラとアタマ以外悪いところはないようなので、どうしたもんだか、困ったもんだ。


posted by 珍風 at 11:22| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
官僚が熱暴走してる模様。
なんで文化省が地球温暖化対策をやるんだか…。
自転車都市のほうも新たな土建利権がほしいのが見え見えだし。

http://www.ecool.jp/news/2009/08/mex36-561.html
文科省、独自の「地球温暖化対策」を発表/20年実用化の環境技術など CSR・環境ニュース | ecool

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009082400019
「自転車重点都市」選定へ=先進的ネットワークを構築−国交省
Posted by gen at 2009年08月24日 17:52
本当に300議席こえるんですかね
アナウンスメント効果とか関係ないくらい
自民の旗色が悪いのか・・・
まあ来週が凄い楽しみですけど
Posted by ニュースで暇つぶし at 2009年08月24日 23:34
>genさん

相も変わらず「重点都市」ですか。いいから道交法を改正して警察の自転車狩りと原付狩りを止めさせれば良いのに。「放置自転車」って誰が言い出したんだ?

>ニュースで暇つぶしさん

穴三兄弟がアナ効果を狙っているとか?途上国レベルでは誰も彼もが穴兄弟でどこの誰の子だかさっぱり分らないのが沢山生まれたりする、らしい。それは餓鬼がじきに金になるからで、児童労働とか児童ポルノとか、何でも死んでも餓鬼がすぐ金になる市場があることが前提になりますんで、まずはブルマーとかそういうところから地道な努力が必要でありまして、オトナの女の人にスク水着せるのは反則。その辺の「趣味」の話しはまた来週の心だ!
Posted by 珍風 at 2009年08月25日 02:39
うわー。絶賛選挙期間中のこの時期に、悪法の臭いぷんぷんのダガー規制が発動してるよ。

両刃ナイフ所持で男性を書類送検 改正銃刀法違反容疑 兵庫
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090825/crm0908251231024-n1.htm
Posted by gen at 2009年08月26日 02:55
「犯人」は「西宮市に住む釣りインストラクターの男(52)」、「凶器」は刃渡り約8.7pの両刃ナイフで、「釣った魚をさばくのに使うつもりだった」という。両刃ナイフは、2008年からの派遣切りを受け、政府の雇用対策の「目玉」として今年1月の銃刀法改正で所持が禁止され、7月5日からは懲役3年以下か罰金50万円以下の罰則が適用されている。兵庫県警の司忍刑事部長によると、改正後、県内で初適用といい、「今日もたくさんのお魚さんの命を救った。やっぱり白鞘のドスに限る。チャカなんぞガキの使うもの」としている。
Posted by 珍風2 at 2009年08月26日 05:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。