2009年08月28日

堪えて生きるも男なら やたらと喧嘩を売るのも男

自民への批判堆積=劣勢要因を分析−麻生首相

 麻生太郎首相は27日午前、報道各社の世論調査で衆院選での自民党の劣勢が伝えられていることについて「自民党なり、自公連立政権に対するいろいろな批判が堆積(たいせき)している、積もってきていると思う」との見方を示した。大阪市内のホテルで記者団の質問に答えた。
 首相はまた、「保守の持っている魅力をはっきり言わず、あいまいにしてきた。きちんとしたメッセージを出し切ってなかったのがこの数年間の反省すべき点だ」とも指摘。「守るべきは守る。守るべきもののために改革する。保守の本質はそういうところだ」と強調した。

2009年8月27日 時事


残念ながら外れです。「自民党なり、自公連立政権に対するいろいろな批判が堆積(たいせき)している」のは事実だと思いますが、カッコつけなくたって「堆積」くらい読めます。てゆうか明らかに「劣勢」であれば、「今までなんか悪いことをしてきたんだろう」と考えるのが普通です。それだけなら「見方」でも何でもありません。何も言っていないのと同じです。

ことによると、そしてどうもこれはことによるみたいなんですが、アホ太郎はその「今までの悪いこと」というのが「保守の持っている魅力をはっきり言わず、あいまいにしてきた」ことだと思っているようです。しかしこれは不正確であるばかりか、「穴ライン」を崩壊させるに足る無根拠な誹謗に満ちた発言です。例えばバカ殿は1年ばかしの間「保守の魅力」を熱心に語り続けてきたのではないでしょうか。もしそういうものがあるとすればですが。

アホ太郎によれば「保守」というのは「守るべきは守る。守るべきもののために改革する」んだそうです。まあしかし、これでは要するに何でもかんでも「保守」ということになりかねません。概ねほとんどの政治思想は何かを守ろうとしているもんです。見境のない全面的な総破壊の思想というのはあまり見かけません。たまにアナキズム系にそんな感じのキャッチフレーズがついていることがありますが、よく読んでみるとそれほど面白いものではなく、むしろ驚く程穏健なものなのでガッカリ、ということも稀ではないようです。

そこで守る守るといって一体何を「守る」のか、そのために何を「改革」するのかということを明らかにしてもらわないと「保守」の「保守」たる所以といわゆるその「魅力」が伝わってきません。しかしながらアホ太郎はそのへんがきわめて「あいまい」です。むしろアホ太郎ほど「あいまい」な人はいなかったのではないか。ちっとも「反省」していません。

少し前には「行き過ぎた市場原理とは決別する」とか言っておきながら、今になって「改革」とか言い出すんですから夏場の選挙戦は危険です。手持ちのわずかばかりの脳味噌もおかしくなっちゃうのも当然ですが、アホ太郎はもはや自分が何を言っているのか分っていません。もっともアホ太郎が守りたいものが何であって、どのへんを「改革」するつもりであるのかは「あいまい」ではなく、実はその点はきわめて明確です。

アホ太郎が「守るべき」だと思っているのは「日の丸」であり、特にその赤くて丸い箇所です。そしてそのために若い人の所得を「改革」して結婚できなかったりすることを容認します。どうもそれが「保守」ということのようです。しかしこれは別段「この数年間」に比べてとくに変わったり、改善されたりしたものではありません。ここ数年、低所得層から高所得層への富の移転が行なわれ、それは日の丸の旗のもとで行なわれました。その数年の間日の丸の旗は特に大事に扱われ、そうしようとしない人は非難されていたものです。

まあだいたい、概ね人が困窮したり血を流したり命を落としたりするところ、そこには「日の丸」があります。常に日の丸であり、またしても日の丸なのです。これこそが「保守」であり、今までずっとそうだったのであり、それは別にアホ太郎の発明ではありません。アホ太郎の主張する「保守」は、たとえば「この数年間」においても立派に行なわれて来ています。アホ太郎は無闇に先人を軽んじることなく、謙遜な態度で「この数年間」の「保守」政治の成果を見極めるべきでしょう。

もっとも、「保守の魅力」を語る、となるとなかなか難しいものです。日の丸を背負って弱いものイジメをすることの例えようのない快楽と魅力について、たしかにそんなことを「はっきり言う」人は今までいませんでした。それはホームレスを虐殺する中学生のようなもんですが、アホ太郎というのはもとよりそんな人物です。しかしそんなことを公然と口にしていられるのは、自民党の「劣勢」のおかげです。そしてその「劣勢」は、やはり先人が積み重ねてきた業績の結果なのであり、アホ太郎はそれを受け取っているだけなのですから、あまりでかい口をたたく前に周りの人に謝っておいた方が身のためでしょう。もっともそろそろ一発逆転の秘策を打つことになっているのですから、成功すればこっちのもんですが。みなさん期待しましょう。


posted by 珍風 at 06:24| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうだよねぇ。以前からの積み重ねがなきゃ数千万も稼げないよねぇ(笑)

警部補ら風俗店から売り上げ受領 警視庁が懲戒免職処分
http://www.47news.jp/CN/200908/CN2009082801000774.html

警部補ら風俗店から数千万円受領でズブズブ。警察って汚い
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1251458958/
Posted by gen at 2009年08月28日 21:36
もうこうなったら警察も検察も裁判所も解体した方がいいですね。のりピー、おれは待ってるぜ。押尾は、待ってるのは誰か他の人だ。
Posted by 珍風 at 2009年08月28日 21:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

YouTube 自民党
Excerpt: течноп ролетариарт 2009年衆議院選挙箇条書き 前回の郵政選挙は、郵便貯金のカネが無駄な特殊法人に流れることを阻止するために自民党に投票。 ・しかし、ここのところ国民の資産を投売..
Weblog: トレンドニュース速報
Tracked: 2009-08-28 09:28
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。