2009年09月10日

日本全国東村山音頭

田中美絵子さんが渋谷有栖で菊地美絵子で椎葉恵美だからどうだというのかさっぱりわかりません。おそらく森さんの犬がクンクン嗅ぎ回ってやっと見つけてきたんでしょうけど、要するに大したネタはなかったと。

「ヌード」ってあなた、江戸川乱歩原作の石井輝男の遺作ですよ。これはむしろ立派すぎる程の経歴です。江戸川乱歩とか石輝男とかご存知ありませんか。まさかね。リリー・フランキーなら知ってるでしょ。

まあ、椎葉恵美さんですか、「好きな有名人 小泉純一郎」、ついでに「嫌いな有名人 あやや」だってんですが、あれは一体何に掲載されたものか知りませんが、写真がヒドすぎませんか。もうちょっときれいに撮れそうなものです。てゆーか今どきあんなところに登場する「一般人」を本気にしちゃう人っているんですかね。日本直販の回転ハンガーとか買う人ですか。

テレビショッピングは役者さんです。雑誌に出てくるのは概ねライターとかのバイトですな。コイヌミが好きであややが嫌いな30女、ってこれ、いかにもいそうな人ですね。アラサーだかアラホーだか知りませんが、30代ネオコン女っているんですよ。あややとか、自分よりカワイイものが嫌いで。

だからといって田中さんがそーゆー人なのかどうかは知りません。「風俗ライター」といってもあまりにもアタマの悪い人にできる仕事ではありませんが、彼女の原稿を見たわけではないですからわかりません。編集者がほとんど書き直したりという例もありますからライターがみんな森さんよりも脳味噌があるとは限らないのです。たとえば

民主・田中美絵子にまた衝撃過去!バストあらわに濡れ場演じ

 コスプレ風俗ライターだった過去が明らかになったばかりの民主党の新人衆院議員、田中美絵子氏(33)=比例北陸信越=にまたもや“仰天過去”が発覚した。カルト映画に出演し、バストをあらわに濡れ場を演じていたことが分かったのだ。田中議員は公式プロフィルから削除しているが、「エロスの政治家」として期待する声も出ている。

 映画は2001年製作、04年公開の「盲獣vs一寸法師」。高倉健主演の「網走番外地」シリーズで一世を風靡し、カルト映画の巨匠でしられる石井輝男監督がメガホンをとった作品だ。

 原作は、作家・江戸川乱歩の「盲獣」と「一寸法師」。乱歩自身が「盲獣」について「ひどい変態もの」と認めているだけあって、映画もエロティックなホラーものに仕上がっている。

 内容は、東京・浅草で女優が行方不明になった事件を三文小説家と私立探偵・明智小五郎が解決するというストーリー。三文小説家をリリー・フランキーが演じ、名優・丹波哲郎も「丹下博士」として登場。なかなかキャスティングは豪華だ。

 田中氏は、「菊地美絵子」の名前で出演。暇をもてあまして日常生活に刺激を求める未亡人のグループ「寡婦クラブ」に所属する「麗子」役を演じている。

 麗子は旅館の一室に呼んだマッサージ師に着物をはぎ取られてバストをあらわにし、左の乳房をもみしだかれる。目を閉じて、うっとりした表情を浮かべるなど見事な体当たり演技だ。

 田中氏は公式プロフィルで、01年当時は旅行会社の派遣添乗員だったとしているが、関係者によると、映画出演していたのは認めているという。

 「民主党の井上和香」と呼ばれ、衆院選では自民党の大物、森喜朗元首相を追いつめた田中氏は「渋谷有栖」(しぶや・ありす)のペンネームでコスプレ風俗ライターとして活躍していた過去が明らかになったばかり。

 民主党内は「イメージが悪い」「次はどんな過去が出るのか」と戦々恐々だが、風俗ライター時代を知る出版プロデューサーの高須基仁氏はこう語る。

 「彼女は、エロス、それも世間から見れば、アブノーマルな性の世界に少年のようなキラキラとした好奇心を持っていた。人間として自然なことで、好感が持てる。体当たりの人生を歩み、あの森さんに立ち向かったことを見てもわかるとおり、マイノリティーの気持ちがわかる人」

 エロスにまつわる職歴を堂々と公表しないことについては、「あえて言う必要がなかっただけ。隠すつもりはなかったと思う」と擁護。「エロスは平和の証。エロスを開放する社会の実現のため、政治家として頑張ってほしい」とエールを送っている。

2009年9月9日 夕刊フジ


これは「コスプレ風俗ライターだった過去が明らかになったばかり」というフレーズが繰り返し出て来るいい加減な文章であり、夕刊フジは頭が悪くても大丈夫なようですが、森さんの対抗に出馬したからといって「マイノリティーの気持ちがわかる人」ということにはならないと思いますが。森さんの尻馬に乗るのもみっともいい話しではありませんが、過剰な期待は禁物です。まあとりあえず「河村シスターズ」だそうですが。たしかに「過去」に色々ある人の方が良いとは思いますが、森さんほどじゃないのが残念。


posted by 珍風 at 05:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
イタリアにも何とかいう女優がいましたが、騒がれただけで議員の身分がどうのということはありませんでした。日本で万一そんなことがあれば、世界の物笑いですよ。履歴が違うというのでしょうが、細大漏らさず書けというなら、広報全部使っても足りない人もいるでしょう。精神病院入院歴や買春でパクられた前歴など、隠してる人も多いそうですからね。
Posted by jsds001 at 2009年09月10日 09:41
チチョリーナのファンのことを「チチョリーニ」というんだそうです。民主党も何か気のきいたことを考えた方が良いと思う。コイヌミは履歴はともかくとして首相になってすらああいう病状だったし、森さんも現在進行形の問題をなんとかした方がいいやね。

日テレの夏目三久アナウンサーがコンドームだとか、ナンなの一体。お前らタリバンか。まあナベツネテレビなんざ観ませんけど。昔は阿部貞さんとかが人気者で、神近市子さんなんざ四角関係の泥沼の挙げ句人を刺したりしても衆議院当選6回ですから、昔はよかったね。まあ、神近さんのご活躍のおかげで悪くなったような気もしますが。
Posted by 珍風俗ガチンコ体験 at 2009年09月11日 05:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。