2009年09月29日

The Last President of The Liberal Democratic Party

谷垣新総裁を選出=300票獲得−自民

 自民党総裁選は28日、党員投票による地方票(300票)の開票と党所属国会議員(199票)の投開票が行われた結果、谷垣禎一元財務相(64)が300票(地方票180票)と過半数を獲得し、第24代総裁に選出された。
 河野太郎元法務副大臣(46)は144票(同109票)、西村康稔前外務政務官(46)は54票(同11票)で及ばなかった。谷垣氏は、先の衆院選敗北で野党に転落した同党の再建と政権奪還という重責を担う。任期は2012年9月末まで。
 谷垣新総裁は両院議員総会であいさつし、「信頼を取り戻し、政権に復帰できるよう全身全霊を傾けて職務に当たる」と表明した。

2009年9月28日 時事


谷垣さんの得票は地方票180票、国会議員票120票、合計300票というわけでともに得票率は6割、測ったように同じなのが笑いを誘います。おそらくこれは規定通り既定の方針に従っているんでしょう。これが自民党の基底というものです。

ちなみに各候補の得票の内訳は

谷垣禎一
議員 120(60%)
地方 180(60%)
合計 300

河野太郎
議員  35(18%)
地方 109(36%)
合計 144

西村康稔
議員  43(22%)
地方  11(4%)
合計  54

地方党員における河野さんの得票の多さに、何らかの意味を見いだす人もいるでしょう。意味があるといいですね。多分ないでしょう。

それはともかくとして、とりあえず出た総裁選挙の結果はこんなもんだったわけです。谷垣さんの「主張」というのは一応穏健なもので、「みんなでやろう自民党再生」なんだそうです。

「みんなでやろう」。たしかに極めて「明快」であります。なによりも党内融和が第一です。もっとも党外に対してはそうでもありません。国民一般は「みんな」の中には入っていません。入りたくない人も多いとは思いますが。

谷垣さんによると今回の総選挙で自民党が負けた原因は「経済の低迷やセーフティネットのほころびの中で、国民や地域社会の不安の増大」があったわけですが、それに関して自民党が党外におこなった「説明」を、バカ一般国民どもが「誤解」したことにあるそうです。君、僕、愚民共は、知的能力の不足によって、自民党による深遠な説明を、正しく理解することが出来なかったのです。そのありがたい教説をよく理解すれば、貧困に喘ぎ将来に怯え病に倒れ飢えに死すとも至福のうちに天国の門にまで至った筈だったのですが、バカなんでどーもすいません。

さらにバカ国民どもの間には、自民党の福音を理解しない結果として、「『勝ち組・負け組』といった社会を2極分化の構図でとらえようとする」、そんな間違った「意識」や、「ことさらに敵を作って対立を煽ったり不満を増幅させたりする」ような嘆かわしい「風潮」が存在する。てゆーかそういうのがそんざいするやに「感じられる」んだそうです。さすがにビンボーを知らない人は言うことが違うわけですが、要するにそういうことは「意識」とか「風潮」なのであって客観的事実ではありません。つまり、そもそも「国民や地域社会の不安」そのものが間違っているのでした。

そういうわけですから「誰かのせいにする態度からは何ものも生まれない」ということをバカ共は反省しなければならないのです。他ならぬその「誰か」の張本人が言うのですから間違いはありません。自民党のせいではありません。仮に自民党のせいであったとしても自民党のせいにしてはイケナイのです。自民党は間違ってない。悪いのは国民のほうなのです。わかりましたね。

およそこれほど生意気な発言というものも世の中には珍しいと考えられるのですが、まあ要するにこれが自民党の現状というものです。自民党の議員の6割、痴呆党員の6割がこの意見に諸手を上げて賛成しています。しかし考えてみれば、このような意見は、例えば選挙の結果議席がかなり減ったものの政権は維持している、という程度であれば良いかも知れませんが、政権を取られちゃうような事態に立ち至って言うことではないような気がします。

しかし日本では昔から「実るほど頭を足れる稲穂かな」といって、地位が上がるほど謙虚にするのが日本人の美徳でありますから、地位が下がると傲慢になって生意気な口をたたくのもまた日本人の美徳であります。まあそんなものはどうでもいいのですが、こんな調子ではお先真っ暗ですな。そんなことしてると本当に共産党に負けたりしますよ。そういえばたしかに谷垣さんには「最後の総裁」の風格がありますね。愛新覚羅溥儀や徳川慶喜と並べても、似合います。よかったじゃん。


posted by 珍風 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>つまり、そもそも「国民や地域社会の不安」そのものが間違っているのでした。

いやはや。
警察が「体感治安の悪化」を盾に予算と権限を増やそうとすることに対しても、同じことを言ってほしいものだ。
Posted by gen at 2009年09月30日 06:50
そこで警察としては「体感治安の悪化」の原因を「規範意識の低下」に求めることによって矛盾を回避しているのです。もっとも僕ぐらいにバカになると「規範」そのものが最初から階層分化している事態に注目せざるを得ないわけですが。つまりビンボー人のくせに金持ちのマネをして許されると思ったら大間違いだ、というのが「規範意識の低下」です。
Posted by 愚民珍風 at 2009年09月30日 11:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。