2009年10月03日

ゴミにぶち込め

非嫡出子の相続格差規定、最高裁が合憲判断

 法律上の夫婦の子と、婚姻届のない男女の子(非嫡出子)の間に遺産相続の格差を設けている民法の規定が、「法の下の平等」を定めた憲法に違反するかどうかが争点になった遺産分割裁判の特別抗告審で、最高裁第2小法廷(古田佑紀裁判長)は、「民法は法律による結婚を保護する立場を取っており、格差には合理的な根拠がある」とする1995年の最高裁判例を引用して合憲と判断、非嫡出子側の抗告を棄却する決定をした。

 決定は9月30日付。
 
 決定では4人の裁判官のうち3人が合憲としたが、今井功裁判官が反対意見で「違憲」と述べ、合憲とした竹内行夫裁判官も「違憲の疑いが極めて強い」とする補足意見を述べた。この規定を巡っては近年、同様に「小差」で合憲判断が下されるケースが相次いでおり、再び規定の合憲性に疑問が投げかけられた。
 問題になったのは、「非嫡出子の法定相続分は嫡出子の半分」と定めた民法900条4号。2000年に死亡した男性の遺産分割を巡り、沖縄県に住む非嫡出子側が、土地と株の相続分を嫡出子側と平等にするよう主張した。
 竹内裁判官は規定について、男性が死亡した後の社会情勢や国際環境の変化などから「格差を正当化する根拠が失われつつある」と指摘、「非嫡出子に対する差別の原因と指摘されており、立法府が改正することを強く望む」とした。今井裁判官は「子が自分の意思や努力ではどうにも出来ない事柄だ」と述べた。

2009年10月3日 読売新聞


古田さんによると「法律による結婚」を「保護」するためには、法律によらない結合の当事者ではなくて、出来た餓鬼を差別する必要があります。しかるに憲法では個人の尊重と平等を説き、また本人の責任に帰すことの出来ない状態が罪や不法行為を構成しないのであるから刑罰を受けたり損害賠償責任を負う如き不利益な取り扱いを受けることがないというのは近代法の原則であります。したがって「法律による結婚」は、それを「保護」するために違憲・不法な行為を必要とし、そのような行為を伴わざるを得ないことになりますから、それは相当程度の反社会性を持つものである疑いが極めて強いものです。

これではさすがにどうもアレですが、古田さんの面目躍如たるものがあります。とにかく「結婚」というのはあまり褒められたことではないということですから、悪いことは止めておくに越したことはありません。オリンピックもちゃんと他所でやることになったし、死刑制度をめぐる状況にも変化の兆しがないわけではありません。そういうわけで以下の画像は使い道がないのですが、せっかくだから。最後に見た一番悪い夢の名残です。

tokyosummerolympics2016.jpg


posted by 珍風 at 22:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えー、そもそも日本国憲法は一つしか無い筈なんですが、どうやら国民の数だけ憲法がある様で、オレの憲法的には全然おkなのに何で文句言うの?とかオマエの憲法は違憲だろそれ。みたいな厄介な揉め事が間々起きております。まぁそれを放っておくと混乱するので最高裁判所てなところで判断してもらう訳なんでしょうが、「我こそは憲法を熟知しておる」と自信をお持ちであろう裁判官お一人お一人がまたまたオレの憲法やワタシの憲法をお持ちの様で、そうなると誰の憲法が本当の憲法なんだかサッパリ解らなくて、そんなどうとでも解釈が出来るヌエみたいな憲法自体がおかしいんじゃないのぉ。と思いながらもアイツらの憲法には変えちゃダメだよねぇ。と思う今日この頃でした。
Posted by ika at 2009年10月06日 11:02
その都度暫定的に解釈されることによって一時的に意味を持つことが出来るようなのですが、もちろん本当の憲法というものは世の中に存在するようでして、それは紙に書いてちゃんと取ってあるそうですが、どうも字が紙に書いてあるだけでは読む人ごとに違うことを読み取るようなので困ったもんですけど、それでも紙に書いてある言葉は読解において一定の範囲を画すかのようであるということも出来そうではあるとはいえ、それでも結構な幅があるわけですのでそこが戦う場所になることになりますが、それを自由の可能性とすることが出来るのかも知れません。というようなことをさっき考えたんでした。
Posted by 鵺珍風 at 2009年10月06日 21:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。