2009年10月27日

曲がりくねった脱糞について

ポッポ(兄)が所信表明演説のなかで青森に言った時の話しをして、「大勢の方々と握手させていただいた中で、私の手を離そうとしない、一人のおばあさんがいらっしゃいました。息子さんが職に就けず、自らのいのちを断つしか途がなかった、その哀しみを、そのおばあさんは私に対して切々と訴えられたのです」と言ったら、自民堂の議員が「そんなものどこにでもいるよ」とヤジを飛ばしたそうです。

ヤジにも色々ありまして、これなど確かに「酷い」ようですが、要するに単に事実を述べただけです。実際にそういう例は「どこにでもいる」のであり、日本中が「そんなもの」に満ちあふれているわけです。そしてそれこそが自民党政治の「実績」であり「成果」に他なりません。思うにその自民党議員は、自慢をしたかっただけなのではないでしょうか。

【首相所信表明演説】経団連会長が評価「目標は一致する」

 日本経団連の御手洗冨士夫会長は26日の記者会見で、鳩山由紀夫首相の所信表明演説について「『人間のための経済』の発展を強調していたが、経済界としても豊かな国民生活を目指しており、目標は一致する」と述べた。
 さらに演説全般について「政治を大きく変えようという総理の意気込みが十分伝わり、メッセージ性が高い」と評価。演説の中の市場原理主義への批判については「米国の過度な自由主義がああいう(世界的な金融危機という)結果をもたらしたことへの反省であり、当然の発言と思う」と述べた。

2009年10月26日 産経ニュース


「成果」を鼻にかけ自慢話をする人は嫌われる習いですが、さすがに便所虫は違います。いつのまにか経済界が「豊かな国民生活」を目指していることにしていしまい、毎年3万人以上の人口削減については便所虫も多大な貢献を果たしているにもかかわらず、全てはアメリカのおかげさまなんだそうです。実に謙虚であります。自民党も少しは見習ってはどうか。どうせ知っている人は知っているのですから、世の中の人はちゃんと見ていてくれているものです。そうだった。

もっとも便所虫がお話をよく聞いていたのかどうかは疑問であります。ポッポは「地域に住む住民の皆さんに、自らの暮らす町や村の未来に対する責任を持っていだたく」と言っています。しかしこれは悪梛さんがヤクザや暴走族と共に活躍するような、そんな「地域」のことではないでしょう。同時に「弱い立場の方々を社会全体で支え合う」とも言っているんですから、モンモンのお兄さんが嚇かしに来るような世の中にしよう、というわけでもないようです。

そういうわけで「地域」を親分さんに一任することを避けるとすれば、これはパンピー諸君にやってもらわなければならないことになるんですが、真面目に働いているビンボーなパンピー各位にはそんな時間がなかったりします。「労働社会」では「地域」は無人地帯であり、ヤクザや警察OBなどの魑魅魍魎が百鬼夜行するという、まことに恐ろしい世界です。

したがって「地域主権」は労働者を「地域」に返すことを意味します。すなわち企業が社会から刈り取って搾るだけ搾ったらまた「地域」に廃棄する労働者を、節度を持ってちょっと借りるくらいにしとく。具体的にはこれは労働時間を短縮して、尚かつ生計を維持するに足る賃金を保証しなければなりませんので、企業としては負担が増えることになるでしょう。

「人間のための経済」はこういうことも含意するものと考えられますが、肥溜めの中の便所虫は大海を無視して、あえて暢気に「目標は一致する」なんて言ってますが、ここで明確になっているのは婉曲な拒絶に他なりません。そういえば「メッセージ性が高い」というのもポップミュージックの話しでもしているならともかく、「所信」の「表明」というのは「メッセージ性」のカタマリみたいなもんですから、相当にバカにした言い方ではあります。

ともあれ、便所虫も一応は婉曲話法を駆使しなければならないという現在の条件下で、いわゆる「一致」しているところの「目標」なるものに向かって経済界が台風20号なみに婉曲に進んでゆくことが大いに期待されるところです。


posted by 珍風 at 13:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょっと気になったので登校させてもらいます。
<そんなもの>という発言は、事実と少し違うかと思います。


>「青森県に遊説に参った際、大勢の方々と握手させていただいた中で、私の手を離そうとしない、一人のおばあさんが
>いらっしゃいました。」

ここで「どこにでもいるよ」というヤジが入ったようです。
<そんなもの>は聞き取れませんでした。

続けて、
>「息子さんが職に就けず、自らのいのちを断つしか途がなかった、その哀しみを、そのおばあさんは
>私に対して切々と訴えられたのです。」

となっています。
野次は下品に思いますが、自殺するひとをそんなもの、と言ったのとは少し違うようです。
Posted by とおりすがり at 2009年10月27日 14:03
「そんなのどこにでもいるよ」と聞こえますね。「そんなの」って言ってる。ご趣旨は「そんなの」というのが「手を離そうとしない」ことを指す、ということでしょうか。確かに人気があったからね。

この青森のおばあさんのエピソードはわりと有名で、TVでも放送されましたから見た人も多いでしょう。これは8月19日の出来事だと思うけど、8月29日にNHKの選挙特番でそのシーンが放送されたのを僕も見てる。

これは自民党にとっては腹立たしい限りですから、多分連中はこのおばあさんの背後関係を調べたりしたんじゃないかな。なんかあれば2ちゃんあたりに流したと思うけど、なんにも出てこなかったみたいだね。

そこで彼が青森での遊説の話しを始めて、おばあさんが出て来たら「あ、あの話しをしやがるな」と予想されるはずです。「そんなの」が自殺者を指していることは間違いないでしょう。あの野次をもっと上品な言葉で言い直すとすれば、「てめーの言いてえようなこたぁ分ってら、んなあ、ありふれたことじゃねーかこのトンチキめ」といったところでしょうか。相手が本題に入る前に拒絶する趣旨ですから、野次を入れるタイミングとしてはその対象となる発言より前にならなければならないのですが、解釈を誤らせる元にもなりますね。
Posted by 頓痴気珍風チキチータ at 2009年10月28日 10:56
宿便をスッキリ解消するためにもミタライ氏を国会にお呼びして証人として色々お聞きしていただきたいものであります。
ついでにオクダ氏・オクタニ氏・ニシカワ氏・ミャーウチ氏・タケナカ氏・ラスボスコイズミ氏などにも来ていただけると向う10年は便秘に悩まされずに済みそうです。
もちろん誰の指示で働いているかよく解らない東京地検本部のコワーイ方々に動いていただくのも有効な手段かと思いますが、現状では鳩苛めに精を出されておられる様なので残念ながらこちらの方は当分期待できないようです
Posted by ika at 2009年10月29日 12:17
自民党政権の崩壊過程でお金を儲けた人たちですね。政商、というよりもハイエナみたいなもんです。自民党の人たちが、自分らは負けたのにコイツラは……チクショ、オレらばっかり損した、とでも思ってくれれば何とかなるかも知れませんが、金持ちにオカマ掘られっぱなしでウンコも出ない自民党は全然気がつかないみたい。そのせいか連中は口からウンコを出してばっかり。
Posted by 吐糞珍風 at 2009年10月31日 10:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。