2009年11月02日

やめるほど人間だったこともなく

バクチとフーゾク、そしてもちろん

押尾学被告に有罪=法廷発言「信用しがたい」−MDMA使用・東京地裁

 合成麻薬MDMAを使用したとして麻薬取締法違反罪に問われた俳優押尾学被告(31)の判決公判が2日、東京地裁であり、井口修裁判官は懲役1年6月、執行猶予5年(求刑懲役1年6月)を言い渡した。
 執行猶予期間を最長の5年間とした理由について、井口裁判官は「MDMA使用の経緯に関する法廷での説明内容は不自然で、犯行発覚前後の経緯や言動に照らしても信用しがたい。再び手を出さないか、相当長期にわたって見守る必要がある」と述べた。
 井口裁判官は、押尾被告が2年くらい前から最近まで複数回、外国で知人とMDMAを使用した点を指摘し、「麻薬に対する親和性が相当程度強く、刑事責任を軽く見ることはできない」と批判した。
 執行猶予を付けた理由としては、起訴内容を認めており、前科がない点などを挙げた。

2009年11月2日 時事


結局真相は闇から闇、検察は「入手方法についての被告の供述は極めて不自然で疑問が残る」とし、井口さんも「信用しがたい」とは言っているものの、じゃあ事実はどうであったのか、全く明らかになりません。そのくせ「一度は自力で更生する機会を与えるのが相当」なんだそうで、余裕の猶予付き判決です。

まあ、僕はクスリは良いとか悪いとか言いたいわけではありません。あのような薬物はもとより人間の脳には「親和性が相当程度強い」ものなのですし、押尾さんにしても人並外れた特別製の脳髄を所有しているようにはとても見えませんから、その点でも特に言うことはありません。

しかしながらこの判決が何かどうも変だ、と思う人もいるでしょう。もしかすると誰かがTVでマズいことを口走らないとも限らないのです。そこでBPOとしては予め一言注意申し上げるに至ったのは全く自然なことです。

薬物問題報道で要望=BPO青少年委

 NHKと民放でつくる第三者機関、放送倫理・番組向上機構(BPO)の青少年委員会は2日、最近の芸能人の薬物事件をめぐるテレビ報道に関して「犯罪の背景にある社会問題への怒りを欠いた報道は、青少年に無用な好奇心を抱かせるだけに終わることがあり、一連の報道の量および内容に疑問を抱かざるを得ない」として、放送各局に要望を行った。

2009年11月2日 時事


なるほど、時事通信社が強く示唆していないように、この「犯罪」の「背景」は人も知るところでありましょう。大手下着メーカーとつるんだパンツ屋の女がパトロン気取りで森ビルで年下の男の子を放し飼いにしていたり、バカな男の子は男の子でフィクサー気取りで財界政界のバカ息子共と一緒に大威張り、値段の高い銀座のホステスさんとつき合ってはみたもののバカなもんだからクスリの使い方も事故の際の対処の方法も分らず、自分とお仲間を守るために見殺しにしちゃって別室で怯えていたけど森さんがついているから大丈夫執行猶予、一方その頃竹中さんは森ビルに雇われて愚にもつかない痴れ言を口走っていたわけです。

たしかにその辺の洟垂れ「青少年」が「好奇心」を抱いても真似は出来ないワザですが、その一方でビンボー人は身分相応にタバコの値上げなんぞに戦々恐々としなければなりません。

たばこ税増税「欧州並みに」…長妻厚労相

 長妻厚生労働相は1日のフジテレビの番組でたばこ税の増税について、「たばこは健康の問題もある。ヨーロッパ並みの金額にする必要がある」と述べ、2010年度税制改正での実現に意欲を示した。

 一方、古川元久内閣府副大臣は1日のNHKの番組で、ガソリン税などの暫定税率について「廃止する」と述べたうえで、地球温暖化対策税(環境税)について検討する考えを示した。

2009年11月2日 読売新聞


現在1箱300円の煙草が600円になるとかいう話しですが、MDMAは1錠3000〜4000円くらいですか。高くて5000円くらいになるんでしょうかよく知りませんが、それを気前良くも死ぬほど人に飲ませるような人には痛くも痒くもない話しでしょう。値上げしたら、煙草を1カートン買って1カ月持たせなければならないというのに、森ビルではそのくらい文字通りひと飲みです。

というような「背景」を「社会問題」として持っているので、それに対する「怒り」がないといけない、多分BPOはそういう趣旨で言っているのだと思いますが、違うのかも知れません。「社会問題」というのは「薬物売買が犯罪組織の資金源になっていることなど」であるという話しもありますが、そうすると何かとご禁制の品を増やして「犯罪組織」に便宜を図っている立法とか行政に「怒り」を感じなければならないのかも知れません。キノコなんかを取り締まって覚醒剤を中心とした旧来のマーケットを守ったりしている人たちにですね。煙草をやめると怒りっぽくなって世の中のためになるかもしれない。


posted by 珍風 at 22:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
酒とかタバコとかの嗜好品の増税は、国民の心象を直撃すると思うんだけどなぁ。
ていうか、公約である消費税増税をしないために、他のを増税したいだけだってのが見え見えで。
Posted by gen at 2009年11月02日 23:17
実際にたばこ税の増税で税収が増えるとは考えていないでしょう。消費税増税のために、その前にあらゆる努力をしてみせる必要があるものと思われます。もちろん実際に影響力のある抵抗を招かない範囲に限られますが。
Posted by 珍風タール14ミリ at 2009年11月02日 23:32
ああ、プロレスって奴ね。確かにそれはあるかもな。
そういえば、BPOがまたなんか言ってるよ。ますますテレビがつまらなくなりそう。

毒を薄め?温かい愛を テレビに“役立つ”バラエティー続々登場
http://news.livedoor.com/article/detail/4430392/

>民放のバラエティー番組をめぐっては、性描写や暴力表現などに批判が高まっており、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会で、バラエティー番組全般を対象に審議。17日に民放連に意見を提出する。

ま、散々不健全だの青少年保護がどうだのいって、インターネット規制やゲーム規制を煽ってきたテレビには相応しい末路といえよう。
Posted by gen at 2009年11月04日 06:02
BPOの来歴については前に書いたような気がしますけど、現在の状況の発端は2007年の「発掘!あるある大事典2」をきっかけに、バカ殿が放送法改正を示唆して国家による監視を代行させたものです。政権交代があっても、TVは自民党が監視しているのと同じですから、自民党寄りだと言われるのも当然でしょう。そういうわけなので民主党は「日本版FCC」みたいなもんを構想しているんだそうですが、どうなることか分ったものではありません。
Posted by “役立つ”珍風 at 2009年11月04日 23:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。