2009年11月04日

非国民の休日

天皇というものは有り難いものであります。例えば「天皇賞」というものがあって、今回は損をしたという人もだいぶいるのではないでしょうか。その他にも色々な有り難いことがあると言われております。僕はよく知りませんが。

天皇陛下御在位二十年を記念する日を休日とする法律案

 天皇陛下御在位二十年を記念し、国民こぞってこれを祝うため、平成二十一年において平成二年の即位礼正殿の儀の行われた日に応当する日である十一月十二日を休日とする。

附 則
1 この法律は、公布の日から施行する。
2 この法律に規定する日は、他の法令の規定の適用については、国民の祝日に関する法律(昭和二十三年法律第百七十八号)に規定する日とする。

理 由
 天皇陛下御在位二十年を記念し、国民こぞってこれを祝うため、平成二十一年において平成二年の即位礼正殿の儀の行われた日に応当する日である十一月十二日を休日とする必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。


自民党はこのような法律案を出したがっていたようですが、そんな急にお休みということになってもかえって困惑致します。野党になったので社会を混乱させてやれという趣旨であると思われますが、実際には休めなくてもお国の決めた「休日」ということでありますから、国民の皆さんはひとつ休日気分でいい加減に仕事をして、遅刻や早退やずる休みも「天皇陛下が」とか言えば許されるという、大変に有り難いことであります。

天皇は在位20年だそうでありますから、21年前には天皇というものはなかったようです。なんだか知らないけど20年前に忽然と現れた。有り難いことです。何が何だかわかりませんが、もっと昔から天皇というのが日本にいた、という意見を持つ人もいます。少なくとも先代の人がいて、それは近眼であったとも言われております。そういわれてみればそんな気もするのですが、そして先代も「天皇」と呼ばれていたようですから、「天皇」という「位」は21年前にも存在していたし、そこには誰かが「在位」していたことも確からしいのであります。

皇統は連綿としてラーメンの如く長くきしめんの如く広いとすれば、20年というのはほとんどどうでもいいいことのようにも思われます。要するに誰かが「天皇」をやっている、という状態が続くことが大切なのでしょうから、そのうちのある1人が在位20年だろうが20日であろうが、交代要員さえ確保されていれば大丈夫でしょう。そして交代要員というものは常に確保されているものなのです。

要するに「交代要員」の定義を必要に応じて変更してしまえば良いのですから、何の心配もいりません。ついこの間までは「Y染色体」がどうであるとか、難しいことを言ったものですが、別段最初から何か根拠があるというものではありませんから、一旦急な事情が生じればそこらへんの奴を一人捕まえて来て天皇にしてしまえば何の問題もありません。

そのような場合であっても、ある人々は「国民こぞって」これを寿がなくてはいけない、と言い出すでしょう。なんといっても天皇の機能というのは、「国民こぞって」何かをどうにかするために良い口実になる、という点にあります。ですから本当は、天皇というものがいなくなっても、「なくなってから何年」とかを「記念」し、「国民こぞって」これを祝ったりすることが出来ることから、必ずしも天皇はその存在を必要とされていないとも言えるのであります。これは大変に便利で、有り難いことです。いてもいなくても良い。もっとも最初からいないのでは話しになりません。しかし一旦存在した以上は、いなくなっても残ってしまうのです。

このように大変に有り難い、というか傍迷惑、というか「呪い」のようなもんですが、しかしこれを「国民こぞって」この「呪い」を「祝う」ためにある日を休日にする「必要がある」というのは少々早計であるという気がします。綜合警備保障もビックリしてくびつりしかねない早計ぶりであるとも言えるでしょう。

というのはもちろん、今から急に「12日は休みね」と言われても困る、ということもありますが、前々から決まっていれば尚のこと、この「休日」を「休む」ことの出来ない人がいるわけです。例えば休みの日には皆さんお買い物に行ったりすることでしょうが、お店に行くと店員さんがいらっしゃいます。この店員さんが「休日」だからといって休んでいるかというと、お店で見かける限りどうもそのようには見えません。

この店員さんというのも、天皇にも勝るとも劣らない有り難い存在であります。こちらが用事があると思ったときにはそこにいますし、ムカついたときにもおあつらえ向きにそこにいます。そしてたまたまそこにいない場合は、それは店員さん側の責任なのです。したがって彼等はあまりにも当然のようにそこに存在します。まるで空気のような、そしてあるときはサンドバッグのような存在。それが店員さんです。

店員さんばかりではありません。お店に行くのに電車に乗る人もいるでしょう。電車を運転している人や駅員さんはちゃんとそこにいます。いなければ電車は動きません。電車が動いているのに運転手さんがいない、ということになればそれはそれで面白いかも知れませんが、動き出した電車から飛び降りるのは運転を続けるよりも危険な重労働であると言えましょう。

そんなこんなでいわゆる第三次産業にお勤めの人が就労人口の半数以上を占めます。これらの人々は「休日」だからといって休みませんし、もしかすると「休日だから」休めないという場合もあるでしょう。自民党としては「休日」にしてやれば、天皇のおかげで休みだ、と国民連中が有り難がるとでも思っているのかも知れませんが、実際のところ該当者がそんなに沢山いるわけではありません。むしろ店員さんなどは「休日」が増えると、そのおかげで休みが減ったりするのです。

そうすると天皇の有り難さに浴することが出来るのも「国民こぞって」どころか、その一部でしかないことになります。その他の人々にとっては別段有り難くもなんともないものであります。かえって迷惑となる可能性もあるのですが、これは何も自民党が次の参院選でも大敗を喫してやろうと思ってビンボー人をいたぶっているというわけではありません。単に気がつかないだけです。せっかく有給休暇を取らせないようにしておいて、その代わりに「天皇」にかこつけて「休日」を与えれば一石二鳥だと思ったのに、とんだ盲点があったものです。

もっとも視界の半分以上が「盲点」になっているような場合にはどう言えばいいのかよく分かりません。それにこれは何も天皇のナントヤラを「祝う」ためではないのかもしれないではないですか。アメリカの大統領が来るからみんなあんまり出歩くな、というだけの話しではないのか。アメリカのために甘んじて国民の非難の矢面に立ち不満の標的となるということであれば、それは天皇としても是非ともやらなければならない仕事なのではないでしょうか。まことに有り難いことであります。


posted by 珍風 at 22:35| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>むしろ店員さんなどは「休日」が増えると、そのおかげで休みが減ったりするのです。

今は休みが増えるほうが労働者的には致命傷らしいな。
時給だと働かないと金もらえないから。
Posted by gen at 2009年11月05日 04:13
未だにそうですね。特にサービス業は非正規雇用の比率が高いようです。つまり天皇のおかげで「恵まれた」人には休日を、そうでない人にはお仕事を与えて下さる、というわけですね。なるほどさすがは自民党です。共産党では逆立ちしてもこんな法案は出て来ません。代わりに時給が上がったり有休を取れるようになったりするような、そういう「仕組み」が出来るかも知れません。「仕組み」というのは別に有り難いものではありません。しかしながら普段から虐めておくと、ごく稀にちょっと優しくしてあげた時に大変に有り難がるものです。それは「人格」に対する感情ですから、「誰か」が必要なんですね、誰でもいいんですが。
Posted by 真っ逆さまに弥栄珍風 at 2009年11月05日 05:38
実は私も「第三次産業」に従事する者でありまして、土日とか旗日とか、トニかくハタ迷惑に思う1人でございます。もっともその代りと言っては何ですが、平日の昼日中にワイン1.5リットルなどを飲ませて頂き、日頃の鬱憤を晴らしております。土日はどこ行っても混んでますからねえ。まあそんな話はどうでもいいんですけどそれにしても何ですか、10年前はYOSHIKIで今回はエグザイルだとか。またもや宮内庁のセンスの悪さを痛感させられる人選です。
Posted by 焼鳥子改めダサ夫 at 2009年11月05日 13:13
実は僕も「大惨事産業」ですから、まあワイン1.5リットルはちょっと無理ですが、平日の昼間から「トリス」なぞを嗜んでおる口であります。あのポケット瓶が人間やめるにゃもってこいですね。

ところで僕も「ソテー」とか「パプリカ」は好きですが、「KONISHIKI」とか「エグザイル」は喰ったことありませんです。ザイルってあれ、食べられるんですか。ところで恵比寿にガーデンプレイスという所がありますが、あそこは言うまでもなくいたるところにビールサーバがあって飲み放題の泥酔天国。駅までベルトコンベアがあるから足腰立たなくなっても大丈夫運んでくれます。
Posted by ダサ珍風 at 2009年11月05日 21:40
えー、我がニッポン国には歴代天皇及び天皇の行為に起因する休日が7つか8つ程あるようですが、我が国同様代表的な立憲君主国であるベルギー・スウェーデン・オランダ・イギリス・タイではそこまで王さまに関係する休日は多くないようで、オランダが1つ、タイが5つ程度でその他の国に至っては皆無の様です。これは我らニッポン人が天皇に対して敬愛の情を抱いている証拠なのか、休みが多けりゃなんでもいいやと思っている証拠なのかどうかはさっぱりわかりません。
ところで現在ムツヒトさんヒロヒトさんアキヒトさんのお誕生日は休日なのですが、ヨシヒトさんこと大正天皇のそれは在位期間以降はお休みではないようで、これは酷い差別なんじゃないでしょうか。もっと言えば明治より前の天皇のお誕生日はどなたも休日ではないようなので、ここはイナダ先生辺りに頑張っていただいて全員分休日にして、それぞれ「警察の人の休日」とか「鉄道の人の休日」とか「店員さんの休日」などにすれば皆様方に喜んでいただけるのではないでしょうか。
で、このまま有難き天皇の御世が永久に続けば何百年後かには1年365日全てお休みと言うワタシの様なナマケモノには天国の様な美しい国ニッポンが出現するわけで、そんな時代に生まれたかったなぁと思う今日この頃です。
Posted by ika at 2009年11月06日 09:32
とは言うもののよく考えたら1000年以上かけて100人かそこらでしょう。まあお休みがかかっているから大目に数えても120人ちょっとですから、365日が全て休日になるまでには月がロシュの限界を超えて来ちゃいます。

しかしそれでも仮に歴代天皇の誕生日が重複しないとして、1年の3分の1がお休みだからいい具合ですね。職業別に振り分けるのも良いのですが、みんなで自分の性格に合った天皇を選んで休みにしてはどうか。女好きの人は花山天皇の誕生日の11月29日には仕事を休んで色んな人とヤリまくるとか。巨根マニアの女子の方には孝謙天皇がいますが、この人の誕生日は知りませんが、思い立ったが吉日ということで、立った時は休みでいいやね。
Posted by 珍風は座ると膝が三つ出来ない at 2009年11月06日 23:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。