2009年12月11日

労働組合は、ある意味、ゼンゼン怖い

上昇、てゆーか

労組組織率が18・5% 34年ぶり、わずかに上昇

 厚生労働省は10日、全国の労働組合の推定組織率(雇用労働者に占める労働組合員の割合)が6月末現在で対前年比0・4ポイント増の18・5%だったと発表した。1976年以降減少を続けてきたが、34年ぶりに上昇した。
 組合に入っていない契約や派遣などの非正規労働者が不況で大量に失業した影響で、分母となる雇用労働者が昨年から110万人減り5455万人となったのが主要因。
 一方、分子の組合員数は1万3千人増の1007万8千人。中でもパート労働者の組合員数は8万4千人増えた。
 厚労省によると、組合数は269組合(1・0%)減り、2万6696組合。企業の数が統廃合などにより減ったため。
 産業別でみると、卸売り・小売業(前年比7万4千人増)、運輸・郵便業(同3万4千人増)などで増加幅が大きく、大きく組合員数を減らしたのは公務(同3万2千人、3・1%減)など。
 中央労働団体別では、連合が対前年比6万4千人増の668万7千人。全労連は1万6千人減の64万7千人、全国労働組合連絡協議会(全労協)が4千人減の12万4千人だった。

2009年12月10日 共同


これは厚生労働省の「労働組合基礎調査」です。「1976年以降減少を続けてきた」というのは、1974年の推定組織率が33.9%だったものが1975年には34.4%に一旦上昇したところ、1976年には33.7%に下がっちゃって以来、ということですが、長期的には1949年の55.8%をピークに概ね下がり続けています。

その間に上り下がりは当然あったわけで、1959年には32.1%であったものが1960年代を通じて概ね上昇しており、1970年には35.4%にまで回復しています。その後は1975年に前年比0.5ポイントの上昇があったものの、昨年まで下降し続けてきたわけです。今回の組織率上昇についても、雇用労働者数の減少が主な要因であるとされていますが、1975年における組織率の上昇においても、雇用者数の減少が起こっています。

したがって今年0.4ポイント増えたからといってそれがどうしたというのか、まだ分らないわけですが、このくらい増えたからといって4年前、2005年の組織率18.7%を下回る水準でしかありません。1975年の組織率も同様にその4年前の水準に及ぶものではなく、数字の上からは今回の現象は34年前とあまり変わらないようです。

ただし今回は非正規労働者の組織率の上昇が特徴的であるようです。「パートタイム労働者」である労働組合員は70万人であり前年比8万4千人の増加であり、増加率は13.7%です。このうちおよそ6割、5万人以上がUIゼンセン同盟に加入したものです。一方でパートタイムおよび派遣労働者を含む非正規労働者がコミュニティ・ユニオンに個人で加盟することも多く、地域労組の組合員数も7.8%増加しています。

流通小売業とか外食産業などサービス業の労働者を多く擁するUIゼンセン同盟が同じ事業所に働いている非正規労働者の組織化にも積極的に取り組んでいるようで、それはそれで結構なことには違いありませんが、どういう経緯でそういうことになったのか、興味津々たるものがあります。

労組はどこへ6
「労使協調」両刃の剣に 欠かせぬ「耳障りな主張」

 紳士服大手「コナカ」(横浜市)に生まれた労組が、2番目の労組結成により、存続が危ぶまれている。
 同社初の労組「全国一般東京東部労組コナカ支部」は07年2月に結成された。全国の店舗で働く社員らが、過重労働への不満をブログに書き込むうちに団結。「名ばかり管理職」の存在を会社側に認めさせ、社員の未払い残業代など約13億7千万円を支払わせる成果を上げてきた。
 ところが08年2月、新たな労組「UIゼンセン同盟コナカユニオン」が結成され、全国の店舗に「暫定労働協約」と題された文書が送られた。文書には社長と組合委員長の連盟で「会社は、組合に加入しない者及び組合より除名された者は原則として解雇する」と記されていた。組合加入を雇用の条件とする「ユニオンショップ協定」を示す。
 協定締結には従業員の過半数が組合員でなければならならず、少数派組合の組合員には効力が及ばないとされる。しかし、送られてきた文書を見て、新組合に入らないと解雇されると誤解した人が続出し、コナカ支部に脱退届が相次いだ。一方、新組合の組合員は急増。コナカ支部の委員長と書記長は、職場で孤立して会社を辞めた。
 同支部は、上司が部下に対し「出世に響く」「昇進できない」などと言って、新組合加入を勧誘したケースもあると主張。現委員長の松田慎司さん(34)は「社員の団結を分断した」と反発する。
 コナカ本社は、労働協約締結について「コメントを差し控える」とする。コナカユニオンは、労働協約は「締結に向けて会社と話し合っている」段階と認めた。しかし、組合結成の経緯や活動については「組合員にきちんと説明しており、外部に説明する必要はない」とする。
 法政大学大学院の藤村博之教授(労働関係論)は「企業にとって労使は車の両輪。暴走を防ぐには、経営判断の追認ではなく、耳障りな主張もする労組が不可欠だ」と話す。(小室浩幸、山根祐作)

2009年11月10日 朝日新聞


その「経緯」については「外部に説明する必要はない」そうですので、「外部」で勝手に邪推する自由があるんでしょう。要するに株式会社コナカは全国一般「コナカ支部」を潰すためにUIゼンセン同盟に第2組合を作らせて、第2組合に入らないとクビになるかのような文書をまいて、偽計によって乗っ取り、「コナカ支部」の幹部を追い出したわけです。

同様のことが株式会社メガネスーパーや株式会社コムスンでも行なわれたようです。このように書くとUIゼンセン同盟がなんだかとても立派に見えるわけですが、たとえばこの間最後の「すかいらーく」が閉店した株式会社すかいらーくの労組もUIゼンセン同盟なんですが、そこでは初代労働組合委員長の伊東康孝さんが社長に就任していたり、三代目労組委員長はジョナサンの社長だったりという、まあ出世の階段であるということですが、この話しは委員長だった吉田弘志さんが言っていたことですから間違いありません。

そういう優れた組合なので組合員である名ばかり店長が過労死するくらいは憚りながらわりと普通のことです。しかし吉田さんは過労死があってから1年も経たないうちにとある雑誌で、ある意味「おバカ」なことを口走ってしまいました。

ある意味、店長は誰の助けもなく、全責任を負って店舗を切り盛りしていかなければならない孤独な存在です。忙しさも半端ではありません。しかし、本当にできる店長、つまり強い店長は、その中でも休みを取れるのです。なぜならば、しっかりマネジメントが出来れば1人でがんばっている店長を見て、誰かが『店長休んでください。私が代わりに働きますから』と言ってくれるからなのです。ここまで行くにはそれだけの人間的魅力がなくてはなりません。権限委譲のノウハウも必要です。『お前に任せるよ』と仕事をさせてもらえれば、やる気が芽生えます。そういう各人のやる気をマネジメントできるノウハウを身につける一助として、『人間道場』などの私たちの研修が機能すればこれほどありがたいことはありません。

2005年5月10日 j.unionレポート


言う吉田さんも吉田さんですが、載せる西尾さんも西尾さんです。「j.union」というのは西尾力さんが「労働組合を支援する」ために作った会社だそうですが、実際には主に、成果主義人事システムを導入しようとする経営側を支援する労働組合を支援するための会社です。ややこしいことこの上ない。

ところで西尾さんが下手に謙遜してみせたのが良くなかったのか、吉田さんはどうせ誰も読んでいないと思って言いたい放題だったわけですが、過労死した店長の奥さんはこれを見つけてしまいました。意外な読者の出現に西尾さんもビックリですが、困ったのは吉田さんです。奥さんは組合に質問状などを送ったのですが吉田さんはこれを無視してしまいました。そこで奥さんはついに組合を相手に民事調停を申し立てる事件になりましたので吉田さんは出世の階段から転落した模様です。いい「人間道場」になりました。

そういうわけなので労働組合の組織率が上がったとか、パートの組合員数が増えたといっても、それは地域労組の拡大に対する使用者側の防衛によるもののようです。パートタイマーが「支部」を作ったりする前に御用組合に入れてしまえというわけです。この場合、労組に入る方が入る前よりも悪くなる可能性が出てきますから、組織率の上昇も考えものです。

もっとも『毎日新聞』では11日の記事で例えば

 昨年末に派遣切りされ、若年の非正規労働者を中心に組織する「首都圏青年ユニオン」に入り、住居を確保した鈴木重光さん(37)は「自分たち派遣は何をされても黙っているしかないと思っていたけれど、理不尽なことには共に頑張ってくれる労組があるんだと思った」と語る。鈴木さんらは今月1日、東京都内で、働くことを語り合うイベントを開催し、非正規で働く若者も数多く参加した。「労組は怖いイメージ」などの声もあったが、「つながることでしか働き方を変えられない」「困った時に助けてくれる仲間」などと期待の言葉が多かった。


などと「感想」を紹介していますが、そういうのに限ってUIゼンセン同盟ではありません。それどころか「首都圏青年ユニオン」は「怖い」全労連系です。毎日の記事では「連合の組織局担当者」が「地道な組織化の努力が実った結果だと思う」と言っているのを紹介しているのですが、『讀賣新聞』によればそのくらいのことは厚生労働省でも言っています。もっとこう、「生の声」みたいのが欲しいな、東海林。パートさんの、ナマで。そんなこと書いたら連合出入り禁止だってか。


posted by 珍風 at 19:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゼンセンてぇと政策に「労使協調・反共産主義」を掲げておられた旧同盟の有力労組だったところなんで、こちらの出身者の方からこれぐらいのお言葉がポンと出てきても何のフシギも無いわけなんですが、果たしてそんな労組に加入する労働者に何のメリットがあるのかどうかカワバタ文科大臣辺りにお聞きしてみたいものであります。
Posted by ika at 2009年12月11日 21:32
川端さんは全東レ労連から来て新党友愛をへて民主党の民社協会のボスですから、何か良いことあったか子猫チャン。誰が大臣になったかとか関係ねえ、一将功成って万骨枯るにゃんにゃかにゃんであります。

まあ、あそこは会社に入らされるところであって進んで入るところではありませんから、比較的死にやすいというところが自殺志願者にとってはメリットといえばメリットです。イエローハットユニオンではその名前の通りヤンキーのウンコのついた便器を素手で拭き、ウンコを頭にかぶったりした挙げ句、その手で触った商品をヤンキーに売ることによってヤンキーの撲滅を図っているそうですが、従業員もだいぶ撲滅されているようで、いつでも求人広告が出ております。

そんな「性病部隊」みたいなテロリストを擁するUIゼンセン同盟では徴兵制を主張しておるところであります。当然、兵隊さんはやっぱり素手で排泄物に親しむことになるでしょう。そこで軍隊内に病気が蔓延するおそれがあるわけですが、まあ、戦争というのはお国のために死ぬことだそうですから、戦死するより病死の方が平和的です。ノーベル賞でもやっときなさい。
Posted by 性病部隊糞便投擲班珍風 at 2009年12月12日 09:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。