2009年12月24日

艶っぽい嘘と無粋な騙しについて

「われらのテナー」と呼ばれたテノール歌手、藤原義江は恋多き生涯を送った。自伝で回想している。〈ぼくは彼女たちに嘘(うそ)をたくさん言ったが、一度だって騙(だま)したことはない〉と◆「嘘をつく」と「騙す」の違いは何だろう。艶(つや)っぽい方面には不案内で、語る資格を持ち合わせていないが、相手を傷つけないための嘘か否か、相手の身を案じるがゆえの嘘か否か、そのあたりが境界線かも知れない◆佐藤栄作元首相もいまは泉下で、「国民に嘘をついたが、騙してはいない」とつぶやいているか、どうか。沖縄返還交渉をめぐり、当時の佐藤首相とニクソン米大統領の間で交わされた有事の際の核持ち込みに関する「密約」文書が発見されたという◆東西冷戦のさなか、米国の「核の傘」なくしては有事のときに、国民の生命と安全が守れない。被爆の傷跡に配慮しながら、万一の事態に備えるには――密約は苦渋の選択であったろう◆新聞記者は事実を伝えるのが使命で、「国益にかなう嘘は容認する」とは口が裂けても言えない。言えないが、過去の時代背景に分け入り、ついた人の心情に思いを致す嘘もある。

2009年12月24日 読売新聞


ああそうか。しょうがないなあ。「艶(つや)っぽい方面には不案内」ですって。ご謙遜を。モテるんでしょ?お金にゃ不自由してないでしょう。お金で何とかなる分には大いになさったとか。それでもやっぱり「不案内」ですかあ。まあ、ねえ。

例えば、僕なんかが、結婚してますけど、まあ、これでも。とにかくこう、女の子といい具合になってきてですね、「結婚してない」って言うとしますよね。こりゃ「嘘」です。まぎれもなく。それこそ何処へ出しても恥ずかしくない大嘘のコンコンチキだ。何ですかね「こんこんちき」って。

それで、これは別に、良いんです。良くないけど。これは僕が勝手に思ってるんですが、女の子がその言葉を待ってるんですね。なんかそんな気がするわけです。言うとね、もうやれるわけです。その気になってるんですよ。そういうサインてか、出すわけですよ。彼女が。そこで「嘘」を言うわけだ。

もちろん女の子バカじゃないですから、わかってるのね、それは。本当は結婚してるってことは百も承知なんですね。僕はこんな風だし、第一、僕指輪してますし。平気で指輪してますよ。で、平気で「嘘」言っちゃう。分ってるんですから。女の子も平気でね、ああそうですか、なんて。これはまあ、2人のためのその場限りの「嘘」ですけどね。

2人のため、2人で楽しくやるためです。女の子のためじゃありません。別に女の子の気持ちを楽にしてあげるために僕が悪者になるって話しじゃない。うーん、そりゃカミサンのためにはなりませんけど。とにかく「嘘」が見破れないような女の子には言いませんよそんなこと。そういうコには「結婚してる」ってはっきり言いますよ。それでダメならそれまでです。追っかけない、別に。逆に後になってから「それでもいい」とか言われちゃうと、ちょっとコワいですよね。

んでまあ、楽しく過ごしてまいりましたが、ってわけで、こう、こじれてきますってえと、執着しちゃうですよね。それで、「妻とは別れる」とか、つい言っちゃう。これは良くないですな。別れるつもりなんかないですよ、全然。皆さん色々おっしゃいますけど、こんなんでも夫婦生活が破綻しているわけではないんですよ、実は。意外ですか。あららら。

まあよくある話しで、「別れる事になってる」とか「離婚の話し合いを進めているところだ」とか言っちゃって、ズルズルと引っ張るんですが、別に別れるつもりもなし、当然そんな「話し合い」なんてしてません。こういうのは「騙し」でしょうね。多分女の子が「結婚」とか言い出したらもう関係は終わりですよ。結婚てのは終わってからするもんです。そうでもないか。

とにかく女の子が結婚を言い出したら、それは別れるかどうかなんです。試してるんですよ。てことは別れるという結果が出ても良しとしているわけだ。ここでズルズルするのは、やっぱり男の勝手。自分がまだつき合いたいもんだから、それは自分の都合だけを考えてる。自分だけのために、ありもしない離婚の約束が、僕とカミサンとの間にあるかのように言って、女の子を「騙す」わけです。

これはいつか騙しきれなくなりますから、当然、修羅場が待っています。ええ、待ってました。待ってましたとばかりに待ってましたね。まあとにかく、そんな場合に「苦渋の選択だ」とか言ってたら、僕はここにいませんね。死んでます。殺されてますよ。どっちにって、うん、あの場合は、いや、両方ですな。

それで、要するに、国は「嘘」を言っていたと、こう言いたいわけですか。でもあれは、「騙し」ですよ。「騙し」には終わりがないのね。バレたら更に騙す。「国民の生命と安全が」なんて、そんなこと考えてなかったでしょう。国民のために「苦渋」をなめたとか、そんなこと今になって何を言ってんだかわかりませんよ。被占領国だから仕方ないんでしょう。それならそう言えば良いんですよ。

宗主国の手先という立場の我が身がかわいい、自分の立場を守りたかっただけでしょう。そりゃあねえ、ホントに修羅場になっちゃいますからねえ。もちろん、殺されてたかも知れませんよ。国民にか、アメリカにか。両方でしょうね。

でも、アレだ、「過去の時代背景に分け入り、ついた人の心情に思いを致す嘘」ってのは、「新聞記者は事実を伝えるのが使命で、「国益にかなう嘘は容認する」とは口が裂けても言えない」という「嘘」のことですよね。こいつぁ上手い「嘘」ですな。たしかに上手いもんですが、「艶(つや)っぽい方面には不案内」なのは、モテないせいじゃありません。嫌われているんです。薄汚ねえから。


posted by 珍風 at 23:01| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えー、こちらの新聞だったか自称全国紙だったのか両方だったかは忘れましたが、発覚は良い機会だからこの際三原則を見直して核持込を認めよう。てな論説を読んだ記憶がありますが、これはアレですね、どうせバレちまったんだからもう堂々と愛人を家に引っ張り込むのを認めろ。って話ですかね。開き直りもここまで来るとゲージツ的ですらありますが、いや元々ニッポンはアメリカにとって都合の良い二号さんみたいなもんだから、妾宅に愛人呼ぶみたいなんもんかぁ、そいや事の発端の一人であるエーサクさんがその昔アオシマダァさんに財界のオトコメカケなんて言われてたことがあったなぁ。なんて昔ばなしを思い出した今日この頃です
Posted by ika at 2009年12月25日 09:19
同じ調子で、民主党の国民のためを思っての嘘も寛大に許して差し上げるべきでしょ。
ねえ読売さん?
Posted by gen at 2009年12月25日 22:35
NHKでもやってましたけど、これってバレるのは時間の問題だったし、政権交代後にはまず民主党政権をウソでもデタラメでもいいからとにかく批判的に報道して、ある程度支持率が下がって来た頃合いを見て佐藤さんちが出す、そしてマスゴミは逆に「国民のせい」にするようなことを盛んに言い立てる、というやり方は最初から決まっていたんじゃないか。被害を最小限に食い止めるにはそれしかないでしょう。普天間基地の件で異様なほどアメリカに迎合的な報道が行なわれてるのもこれと関係してた気がする。で、それを更に逆手に取っておおっぴらに持ち込んじゃう、てゆーか持ち込んでるわけですが、そういう「論説」は日米合同の観測気球かもしれない。世論を観測するにはそれを変えようとするしかありません。

それにしてもアレですよ、その当時、「情を通ずる」とか言って盛り上がってたわけですね。「男妾」なんてのも言い得て妙ですが、やっぱり「艶(つや)っぽい方面には不案内」じゃあブンヤさんはつとまりません。そんな事を平気で書くのは勘違いも甚だしいですな。念のためにクギを刺しておく。千ンポには針を刺しておく。
Posted by 良い珍風は釘にならない at 2009年12月26日 05:36
>そしてマスゴミは逆に「国民のせい」にするようなことを盛んに言い立てる

マスコミ様はずいぶんお偉くなったんですな。
これじゃまるで戦後の総懺悔報道だぜ。
だいたい、「私たちマスコミも悪かったが、あなたたち国民も悪かった」っていうのは、暴力夫が被害者の妻にも罪悪感を持たせるときに使う文句と同じじゃん。
Posted by gen at 2009年12月26日 11:23
それじゃ、「ワイフ・ビーター」の生育歴を検討しなければなりませんな。栄ちゃんじゃなくて、虐待の連鎖を体現しているマスゴミが被った虐待について。
Posted by 隣の部屋でワイフが「ビート・イット」を踊っているので気が気じゃない珍風 at 2009年12月26日 21:24
ナベツネさんは昔からあちら側、てゆうか当事者みたいなもんですから、このコラムは読むに値しない自己弁護いや、見苦しい言い訳に過ぎませんね。自称新聞記者のナベツネさんはとっく昔に「新聞記者」であることを捨ててますし。ところで一年を振り返るみたいなニュースのスポーツ部門では、ナベツネジャイアン軍優勝ばかりが取り上げられるので、ややストレスが溜まっている私でございます。 千葉万歳! ロッテ万歳!
Posted by やきとり改めアメリカンパーティー万歳 at 2009年12月27日 12:46
ナベツネは名を遺したいと思っているようですね。そういう人に限って遺らないもんですが。死んでから嗤ってやりましょう。早くしねぇかな。
Posted by 珍風あらためアメリカンパイ万歳パイパイ at 2009年12月27日 20:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。