2010年01月21日

限定ミッション「暴走せよ!」

エヴァか何かですか?

なりふり構わぬ民主 検察威嚇も見え隠れ、可視化法案 政府・与党には異論も

 民主党が取り調べを録音・録画する刑事訴訟法改正案(可視化法案)の提出を突然打ち出したのは、小沢一郎幹事長の資金管理団体の土地購入事件が重大局面を迎え、検察当局への牽制(けんせい)を狙ったためのようだ。党執行部は「捜査情報の漏洩(ろうえい)(リーク)問題対策チーム」を発足させるなど、なりふり構わぬ“暴走”を続けており、政府側は困惑を隠さない。可視化法案が政権内の新たな火種になる可能性もある。(山田智章)

 「連日過剰な報道が繰り返されるが、国民もようやく本質がなんであるか気づきつつある。可視化法案を出すべきだという意見をいただいている。執行部もきちんと対応していきたい」
 輿石東(あずま)参院議員会長は20日午前、参院議員総会で唐突に可視化法案の提出をぶちあげた。平田健二参院国対委員長も同日午後の記者会見で「できるだけ今国会で成立する方向で検討するのは当然だ」と語った。
 もともと可視化法案について、中井洽(ひろし)国家公安委員長・拉致問題担当相が昨年10月の記者会見で法案提出まで2年かかるとの見通しを示しており、政府・与党の今国会提出予定法案リストにも入っていなかった。
 にもかかわらず、輿石氏が可視化法案を持ち出したのは、法案を検察当局の揺さぶり材料にしようとした可能性が大きい。ある党幹部は「衆院選のマニフェスト(政権公約)に沿っているだけだ」ととり繕うが、別の党幹部は「幹事長室がすべて音頭をとっている。検察への対決姿勢のひとつだ」と打ち明ける。
 輿石氏は、16日の民主党大会で小沢氏から「幹事長の表向きの仕事は任せる」との指名を受け、党務ナンバー2にのし上がった。よほどうれしかったとみえ、その後は小沢氏擁護に奔走。19日は東京・赤坂の小沢事務所を訪ね、「党は一致して支える」と激励。報道陣には自らのホームページに寄せられた小沢氏激励のメールのコピーを配った。
 輿石氏ら党執行部は検察当局のリークを流布することにも熱心だ。高嶋良充筆頭副幹事長は「検察がマスコミに情報をタレ流している。基本的には世論操作だ」と断じるほどだ。
 このような党執行部の“暴走”に政府・与党から困惑の声も上がる。
 ある閣僚は可視化法案提出の動きを聞き、「そんなバカな話があるか」と絶句。党中堅は「与党が数の力で小沢氏のためにやっているとみられ、集中砲火を浴びてしまう」と不安を隠さない。国民新党の下地幹郎政調会長も「このタイミングで可視化の問題を表に出すと誤解を招く。何で言うのか」と苦言を呈した。
 このような声を受けて、鳩山由紀夫首相は20日夕、可視化法案について「政府として提出は考えていない。事件が起きたからといって反作用的に行動すると検察批判と受け止められる可能性がある」と慎重な姿勢を強調。さらに「党もここは捜査の行方を冷静に見守るべきだ。あまり熱っぽく行動することは控えた方がよい」と党執行部の動きを牽制してみせた。
 さすがの輿石氏もまずいと思ったらしく、「私は『冷静に検討を』と言っただけだ」とトーンダウンした。だが、輿石氏らは20日夜、小沢氏を囲んでちゃんこ鍋をつつき、小沢氏擁護に向け、決意を新たにした。捜査の進展次第では再び暴走し始める可能性は否定できない。

2010年1月21日 産經新聞


産經新聞の「なりふり構わぬ“暴走”」も例によって好調であります。「本質がなんであるか」、国民は気がついているのかも知れませんが、産経さんは気がつきません。いや、気がついても金輪際気がついたとはいわないんでしょうけど。

「牽制」でも何でもこの時点で刑訴法改正法案を出すのも悪いタイミングではありません。検察は人を捕まえて来てはああいったこう言った泣いたの喚いたのと虚偽情報をリークし、その度に弁護士が否定するということが繰り返されていますから、そろそろみんな呆れ返ったり、親戚に検察官がいることを隠したり、検察官の家族だというだけで食料品を売ってもらえなかったり、検察官を志す若者を親が泣いて止めたりしているのではないか。

ところでいわゆる「牽制」というのはこの「可視化」法案と、原口さんが言っていたクロスオーナーシップ規制あたりが主なところだと考えられますが、まずこれらはそれ自体別に間違ったことをしようというわけではありません。むしろ大いにやった方がよろしいでしょう。これらも、自民党長期政権下では不可能であったことであって、これをやらなければ何のために民主党にやらせているのかわかりません。

てゆーかむしろ「牽制」しているのは検察の方なのね。牽制っつーか阻止しようとしているわけですが。刑訴法改正なんてトンデモナイですよ。このようないわば「国策捜査」、てゆーか「国策」じゃないな。「官策」じゃないかという人もいるわけですが、「奸策」と言う人もいる。まあ、こういう場合はもちろんですが、そうでなくても一般の刑事事件でも日本の捜査当局には大して能力はないようです。概ね「大体の感じ」くらいでやっちゃってて、それが司法まで貫徹してますから、そんな、「可視化」なんてされたら、オマワリさんは何をどうしたら良いのか分りません。

というわけで民主党による検察とマスゴミに対する「牽制」と見えるものが、実は逆に「牽制」される当のものであったことを考えてみれば、法案提出は検察にとっては藪蛇であります。「故事ことわざ辞典」に載っけたいくらいの、実に的確な例として歴史的な意味を持つといって良いくらいでしょう。山田智章さんのペンにも力が籠るというわけです。

検察としては、当然鳩山さんみたいな「事件が起きたからといって反作用的に行動すると検察批判と受け止められる可能性がある」という反応を引き起こすことを想定している、てゆーか鳩山さんが言わなければマスゴミにそういう風に書いてもらうわけですが、そうであれば尚のことこの時点で刑訴法を改正してしまうのが良策と言えましょう。

国民新党は、「このタイミング」だろうがどのタイミングだろうが、静香ちゃんなどは取調べの瑕疵には目をつぶっても取調べの可視化には反対ですから。大体あの人の死刑廃止論は冤罪の可能性、というよりはその「必要性」を前提としています。さすがは元オマワリさんの体験の重みってやつですが、静香ちゃんがそう言うんだったら、やっぱり可視化は一刻も早くやった方が良いわけです。今日も誰かが無実の罪に陥れられようとしているのであって、石川さんなんかはそのほんの一例でしかないのでした。


posted by 珍風 at 11:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日の読売社説もなかなかでしたよ。民主党は「検察をゆさぶろうと」するために「取調べの全面可視化法案を成立」させようとしているそうです。さらに原口さんの「関係者」を明確にすべきという発言に対しては、「情報源の秘匿」を理由にあげて批判しています。それ以前に「リーク」自体が公務員の犯罪で、テメエラはその片棒を担いでるくせによく言うよこの死に損ないめが、ということですね。それにしても自民党は明日は我が身と考えないんでしょうか。それとも自分たちは狙われないという自信でもあるのかな?

あと千葉さんにはガッカリです。夫婦別姓なんかより先にやることがいくらでもあるだろうと言いたい。
Posted by なりふりかまわず”暴走”するやきとり at 2010年01月21日 13:00
よく分からんが、民主党の捜査情報の漏洩問題対策チームっていうのは、情報を漏らしてる検察を攻撃するためのものじゃないの?
記者に取材源を明かせと迫ってるわけ?
それだったらまずいけど。
Posted by gen at 2010年01月22日 04:45
エヴァと言われるとゴールデンハーフを連想してしまうオヤジですが、彼女たちもあの時代にしては暴走しておりましたが、それはこちらにしては好ましい疾走に見えたものでした。
そんなわけでどっち向いて暴走するかで人によって善悪の判断が分かれるわけで、もっと言えばこっちが止まっているのにそっちが暴走すれば、そっちから見てこっちが暴走している様に見えたりしているのかもしれません。
まぁサンケイ記者氏にはこちらから見てどう見ても暴走した様にしか見えない海自の護衛艦も漁船が暴走した様に見えたらしいんで、要するにそう言うことなんでしょう。
ただ今日辺りの朝日の社説を読むと暴走しているのはサンケイだけでは無い様でマスコミ挙げて全力の暴走夜露死苦。
Posted by ika at 2010年01月22日 09:09
やきとり様が失望している千葉ちゃんも、19日の参詣の「腫脹」では「踏み込んだ発言」とされていて、評価が高いんですよ。まあika様のおっしゃる通り「こっちが止まっているのにそっちが暴走すれば、そっちから見てこっちが暴走している様に見えたり」するわけですね。ゴールデンハーフは「暴走」というより「のってけのってけ」ですな。アレに入りそこなった人が「しらけ鳥音頭」を歌って南の空に飛んで行ったらしい。

gen様ご心配のように記者を逆さに吊るして鞭打ったりして取材源を割らせたりしないでしょうけど、親しい記者に探りを入れたりしているんじゃないでしょうかね。でも記者さんは自分で取材したりしないから、お役人様がほとんど唯一のネタもとなんで、それをなくしたら一言半句も書けなくなっちゃうわけだからねえ。

日本テレビ妄想網の杉本敏也社会部長によると、「関係者」には検察の他にも捕まってる人の弁護団とか小沢さんとかゼネコン関係者が含まれるんだって。つまりマスゴミは逮捕されたものの供述内容とされることを、どうやら建設会社のオッチャンに聞いて来たと言いたいらしいんですね。ということは検察は裏でゼネコンと手を組んでるんだ成る程そうですかよくわかった。
Posted by スージー珍風 at 2010年01月22日 10:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。