2010年02月18日

サイバー直人バキバキ消費税

企業内部留保への課税検討=首相、共産委員長に表明

 鳩山由紀夫首相は17日午後、共産党の志位和夫委員長と国会内で会談し、経済政策などについて意見交換した。同党によると、志位氏が「大企業の内部留保が日本経済の成長力を損なっている」と指摘したのに対し、首相は「内部留保に適正な課税を行うことも検討してみたい」との考えを示した。
 また、志位氏が「国民の所得格差が広がっている」として、高額所得者への課税強化のため、所得税の最高税率引き上げや証券優遇税制を見直すよう要望。首相は「政府税制調査会で検討できるのではないか」と答えた。 
 首相は会談後、「具体的に申し上げるつもりはないが、共産党が持ってきた案だから、『検討してみましょう』と言ったのは事実だ。前向きとか後ろ向きとかでなくて、検討してみようと(いうことだ)」と記者団に語った。
 これに関し、政府筋は「(内部留保への)課税に限らず、いろんな方策がある。そこだけ取り上げられると違ってくる」と指摘した。

2010年2月17日 時事


内部留保課税は実は問題ではありません。マスゴミは税制といえば消費税の話にしてしまうんですが、要するに見出しに「所得税」という文字を載っけてはいけないことになっているようで、今日は志位さんは所得税の話と内部留保課税の話をしたので見出しには内部留保課税が載ることになります。

報道によると税制改革とは消費税率を上げることであるかのようですが、例えば毎日新聞なども15日付の寺田剛さんの「消費税:増税論議前倒し 財源への不安強く」という見出しの記事で

 だが、鳩山首相自ら、消費税率引き上げを封印する中、「税調でできるのは、消費税を含めた税制の抜本改革を表明することぐらい」(税調幹部)との見方は多い。10年度の国の税収が37・4兆円と、84年度以来の低水準にとどまる上、中期フレーム期間中、歳入増加策の柱に消費税を位置付けることもできないため、「フレームでかえって財政危機が浮き彫りになる」(財務省幹部)ことになりかねない。


などと「消費税を上げられないから財政危機」というようなことを嬉々として書き散らしているかと思いきや

 税調主査の峰崎直樹副財務相は15日の会見で、「国際的にみて(日本の所得税収が)やせ細っている。(高額所得者から低額所得者への)所得再配分機能も持っている所得税について、重要な改革をやるべきだ」と表明。86年の70%から、消費税増税の見返りなどで現在は40%まで下がっている所得税の最高税率についての論議を消費税より優先させたい考えを示唆した。

2010年2月15日 毎日新聞


と、世の中には消費税以外にも税金というものはある、ということを改めて思い起こしていたりしたものです。てゆーか峰崎さんは志位さんとほとんど同じことを言っているみたいです。

もっとも財務相の菅さんが14日にフジテレビなんかに出て「所得税、法人税、場合によっては消費税、環境税といった本格的な税制の議論を3月には始める」と喋ると日本経済新聞はその日のうちにこの見出しですから始末に負えません。

財務相「消費税論議、3月から」 税収減受け前倒し

 菅直人副総理・財務相は14日のフジテレビ番組で、消費税を含めた税制抜本改革について「所得税、法人税、場合によっては消費税、環境税といった本格的な税制の議論を3月には始める」と述べ、2010年度予算案の衆院通過後に政府税制調査会で検討に着手する考えを示した。国税収入の減少を受け、財政再建に向けた道筋を早期に示す必要があると判断、議論を前倒しする。
 鳩山由紀夫首相は、4年間は消費税率引き上げを凍結すると言明している。菅氏は番組後、記者団に「任期の間は上げないというのは鳩山政権の基本方針だ。本当に大改正をする時は国民に判断してもらうことは必要だ」と述べ、次期衆院選では消費税増税を公約に掲げる可能性を示唆した。
 政府税調に設ける専門家委員会(神野直彦委員長)で、学識経験者を交えた論議を始める見通しだ。菅氏は番組で、消費税に関して「複数税率や、ある所得以下の人には還付するやり方もある」とも述べた。食料品などに適用する軽減税率や、低所得者の負担軽減を図るための給付付き税額控除なども併せて検討する考えだ。

2010年2月14日 NIKKEI NET


消費税は「場合によっては」なのです。ついでに環境税も「場合によっては」になってしまったようですが、税制論議の中心は所得税であり、法人税であって、消費税は後回しになることになっています。てゆーかどうもそれは「次期衆院選」の話のようです。前倒しどころか以前よりももっと後回しになっています。2週間くらい前には「夏まで」だったのです。

政府税調、「消費税」夏まで封印 検討チーム、所得控除など優先

 政府税制調査会は28日、学識経験者でつくる「専門家委員会」と、政治家で構成する「作業部会(プロジェクトチーム)」の大枠を決めた。専門家委には11人の委員を起用。3つの作業部会を新設し、非営利組織(NPO)を支援する税制などを検討する。中長期を見据えた税制改革を議論する舞台は整ったが、焦点の消費税や地球温暖化対策税(環境税)を巡る議論は夏の参院選まで封印する見通しだ。
 専門家委員会の大きな役割は、2011年中に中長期の税制改革ビジョンをとりまとめること。自民党政権下の旧政府税制調査会は首相の諮問機関だったが、実際の税制改正への影響は限定的だった。専門家委が税制改正にどの程度の影響力を持つかは不透明。菅直人税調会長は28日の税調会合で「権限は税調への助言、報告という位置づけだ」と述べ、「政治主導」で税制改正に臨む姿勢を強調した。
 具体的な税項目では、所得税の見直しを優先的に議論する方針だ。鳩山政権は所得再分配の機能強化を打ち出しており、所得控除の縮小や給付つき税額控除の導入に向けた課題の整理が必要になる。

2010年1月28日 NIKKEI NET


見出しでは消費税が主役ですが記事の中ではそうではありません。消費税増税は「所得再分配の機能強化」とは逆行しますから、基本的に出る幕はない、そういう話です。その「専門家委員会」の委員長である神野直彦さんは毎日新聞のインタビュー(2月4日)のなかで

今の税制の問題点は90年代以降、所得税、法人税の減税が相次ぎ、税収調達能力が低下したことにある。深刻な不況の中、税率引き上げは難しいとしても、所得税、法人税の課税ベース(対象)拡大はできる。景気が回復すれば、自然に税収が伸びる本来の姿を取り戻すべきだ。


と明確に述べているところです。ところがインタビュアの赤間清広さんは「財政再建の観点から消費税増税を求める声があります」とか「消費税は、どう位置づけるべきでしょう?」などと、執拗に消費税のことばかり聞きたがるのは記者の鏡というか鏡が割れるというか自分の描いた絵に無理矢理当てはめようとするところが警察でも検察でもマスゴミでも一緒ですが、これに対して神野先生、赤間さんの気持ちを知ってか知らずか

福祉や子育てなど公共サービス充実のため、国民全体で等しく負担を分かち合うという理念であれば、消費税も有力な選択肢になる。友愛型の社会を目指すなら、消費税と所得税を税収の両輪とし、環境税などで補完する仕組みが望ましいのではないか。一方、日本が米国型の「小さな政府」を標ぼうし、公共サービスを最小限に抑えるというなら、高所得者の課税に重点を置いた所得税中心の税制を築き、消費税自体を廃止する選択肢もあり得る。どういう社会を目指すのか、将来ビジョンをまず明確にすることが必要だ。


「友愛型」だと消費税は所得税と「両輪」であって、これはバランスが悪いとひっくり返るからさっきの所得税と法人税をターゲットにした改革の話に戻ります。一方「米国型」だと消費税の話自体が消滅し、「高所得者の課税に重点を置いた所得税中心の課税」ということになり、やっぱり所得税の改革になります。取りつく島もありません。

ところが菅さんは、おそらく手っ取り早く税収が上がるということだろうと思いますが、消費税を何パケかぶち込みたい様子です。ポンプで行くかアブリで逝くか知りませんが、これは罠だ。一生抜けられなくなるぞ。手を出しちゃなんねえ。確かに「やせ細」っちゃうけどよ。


posted by 珍風 at 12:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えー、マスコミでお仕事している種族ってのは「消費税上げないと死んじゃう病」とか「オザワを悪人にしないと死んじゃう病」とか「アメリカの言うこと聞かないと死んじゃう病」等々複数の重病に罹っておられる様に見えるのですが、それでもまだ死なないってことはゴキブリ並の生命力をお持ちの様です。ただ財源不足=消費税増税としか考えられないところを見ると知能がアメーバ程度なのか飼い主さまの意向通りに動く忠実な犬なのかはたまた未知の新種なのか種分けに悩むところです。
Posted by キメラika at 2010年02月19日 11:04
民主党の中にもそういう病人はいると思う。感染するのかもしれない。新聞を読んだりテレビを見たりした後はうがい手洗いが欠かせません。

隔離病棟である自民党としては自分たちが投げ出して押し付けた案件について、病棟外の病人が症状としての政策をもって片付けてくれると、いわば替わりに泥をかぶってくれるので一石二鳥ですから、病人はこぞってそっちの方に追い込もうとしているわけですが、だからといって病人が褒められたり患者が尊敬されるというわけでもないんですが。

キャンプシュワブ陸上とか消費税とか言っている人は脳にアメーバが回っちゃった。たしかネグリジェとかいうアメーバが脳を食べちゃって、替わりにものを考えてくれるんだそうですけど。未知の新人類ですね。ゴケミドロとか。茶髪の佐藤友美のネグリジェとか。
Posted by 珍風代理ネグレリア・フォーレリことPAM Glia at 2010年02月19日 11:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。