2010年03月12日

教員は手始め、次はオマエだ

教員の違法な政治活動、自民などが罰則法案

 自民党とみんなの党は10日、教員が違法な政治活動をした場合、3年以下の懲役か100万円以下の罰金を科せられるようにする教育公務員特例法の改正案を衆院に提出した。北海道教職員組合(北教組)が民主党の小林千代美衆院議員陣営に違法な選挙資金を提供したとされる事件を受けてのことで、自民党の義家弘介参院議員は記者会見で「法律違反の行為を断れる根拠をつくってほしい、という声は教員からもきている」と語った。
 北教組が加盟する日本教職員組合(日教組)は民主党の主要な支持団体の一つで、衆院で民主が多数を占める現状では、法案がすぐに通る状況ではない。ただし、世論の批判を受け、鳩山由紀夫首相は国会答弁で同法の見直しに言及。民主党内にも「国民の広い支持を得ることを考えれば日教組との関係にこだわらない方がいい」という声が出ており、今後議論が進む可能性がある。
 教育公務員特例法は18条第1項で教員の政治的行為を制限する一方、第2項では、違反しても刑事罰は受けないとしている。1954年の同法改正時、国会で「教員のことは教育界の内部や教育行政の手によって矯正されるべきだ」という意見が出て、刑事罰が見送られた経緯がある。

2010年3月11日 asahi.com


「教員からもきている」、なるほど、一時「教員」だったこともある義家さんからも来てますな。

天下の朝日新聞は、教育公務員特例法において教員の政治的行為に対する罰則が謙抑的である事実に対してひとつの解釈を提示しています。しかしそれは、当時こんな意見があったから、という表面的な事実関係の指摘に留まるものでしかありません。

同法が一定の身分関係に基づいて基本的人権を制限するものであることを忘れてはなりません。これは本来やってはならないことなのであり、そうであるからこそ「「教員のことは教育界の内部や教育行政の手によって矯正されるべきだ」という意見」が影響力を持ったわけです。つまりその「意見」には、それをもって「刑事罰が見送られ」るだけの根拠があったわけで、単にそのような意見が存在したというだけの問題ではないのです。

「政治的行為」というものは、時の政府の政策によって受益する集団においては特に必要とされません。したがって「政治的行為」が存在するならば、「教育公務員」と政府の間に何らかの対立が存在することになるのであり、そこでは「教育公務員」の側に不利益があるわけです。

教育公務員特例法における政治定期行為の制限は、公務員においては政府と利害を共にするものである、という前提に立つものです。しかしながらこれは極めて不自然な前提です。実際には政府と公務員との間には使用者と被使用者の関係が存在するのであり、この2社の間に利害対立が存在することは認められているのです。

そして政府の政策は、公務員にとっては民間企業における労働者の処遇に関する規定と同じ意味を持つのであり、したがって公務員においては政府との対立関係が存在することが当然に想定されるのです。

そこで公務員の「政治的行為」に関しては、それを制限することが国民に認めれた権利を制限することが出来る特殊な場合、として考えられているのです。これは語の本来の意味での「特例」であって、これについてはより尊重すべき、上位の原則が存在していることを前提としてそれに対する「特例」として位置付けられます。この上位の原則との関係において、それを制限するにしても抑制し過ぎないことが求められることになるでしょう。

このような場合、一応は制限されているわけですが、必要な場合にはこの「制限」が停止されることを暗黙に想定しているのではないでしょうか。「教育公務員」といえども国民の一員であり、主権者として「政治的活動」を行なうことが期待される局面があるわけです。そのような場合において必要な「政治的活動」を掣肘しないようにしておかなければならないのであって、その点において「違反しても刑事罰は受けない」理由が見いだされるでしょう。

ここには「抵抗権」の概念が生きているものと思われます。イザというときには「法」に反することが必要になるのであり、「法」に反する行為を、「法」が半ば「支援」するのであり、これは「法」に仕込まれた調整機能なのです。

したがってこのような行為に重い罰則を定めることは、国民の主権者としての行為を否定するものに他なりません。つまり、今のところ法によって妨げられているものの、可能な限りにおいて国民による政治的介入を排除しようとしているわけです。教育公務員特例法は、そういうことも出来るように作られているのです。

要するにたまたま公務員においてはそういうことも可能なようになっているわけですが、それを良いことにそれをやってしまうのであれば、それは国民の主権をいくらかでも奪い取ろうという意志を持つことを表明するものに他なりません。そのような連中がつい去年まで政権を保持し、司法判断まで歪曲して来たことを考えると慄然とするわけですが、国民が賢明にも権利を奪われる前に「政権交代」が行なわれたことを考えると、あぶねえところだった、と思うべきでしょう。


posted by 珍風 at 00:00| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この日本を立て直すのは麻生首相しかいない。
中川昭一大臣も戻ってきてほしい。

マスコミが隠す麻生内閣の実績リスト
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/258.html

政権交代詐欺の共犯者はマスゴミだ
http://www.youtube.com/watch?v=ADU_tXaY2WY

日本国民を騙し続けた、日本の朝鮮メディアTBS
http://www.youtube.com/watch?v=sgXFfrV0Fdk

マスコミが報道しない麻生太郎の真実
http://www.youtube.com/watch?v=0BvBK-lBdKM

マスコミ改めカスゴミの真実
http://www.youtube.com/watch?v=DqPhqqZs_B0


Posted by ゆらゆら at 2010年03月12日 15:22
千葉大臣は「被害者団体票で選挙勝つる」とか思っちゃってんのかなぁ…。時効撤廃なんて不必要だと思うが。それにしても可視化はどこ行った。

時効撤廃法案が閣議決定  6月施行目指す
http://www.j-cast.com/2010/03/12062170.html

政府は2010年3月12日の閣議で、殺人など最高刑が死刑の罪の時効(25年)を撤廃し、傷害致死罪など、その他の人命を奪う罪の時効を原則2倍に延長する刑事訴訟法の改正案を決定した。
今国会で成立させ、6月にも施行したい考え。
千葉景子法相は閣議後の記者会見で、「『逃げ得を許してはならない』という声に応えられると思う」と語り、法案成立への意欲を強調した。
Posted by gen at 2010年03月12日 15:50
その日本はどっかへ逝っちゃいました。今頃アル中が住んでいることでしょう。酒は旨いしネエちゃんは綺麗だ。酒とネエちゃんの取り合わせに不快感を抱かなければですが。ですから今度はヒョットコがそっちへ逝くのが最善の解決策ですね。でもアル中が寂しがるといけないからハライタ殿もお連れしてはどうか。
Posted by ゆらゆら天国から来た珍風 at 2010年03月12日 16:03
「時効撤廃」も「可視化」も警察の予算を膨らませるが、「可視化」の場合は本当にそのために使わなければならないのに対し、長期間にわたって解決を見ない事件は時効を撤廃したって同じことなんだから、増えた予算を何か他のことに使ったりすることが出来る。「可視化」は蛤の「逃げ得」か?
Posted by 裏金珍風 at 2010年03月12日 18:14
ドイツの牧師さんの詩か「まだ行けるはもう危ない」なんて交通標語かの状態なわけですね。んでケツに火が付いてるのは日教組か検察かマスコミか自民党か学会か民主党かオツジサンかヨサノサンかハトヤマ兄弟かマスゾエサンかオザワさんかマエハラサンか経団連か連合かウヨクかサヨクかはたまた総てのニホンジンなのか、ホントの所は良くワカリマセン。まぁケツから火が出てるアタシは昨日飲み過ぎただけだと自分を誤魔化しておこう
Posted by ika@キケン混ぜるな日本酒とキムチ at 2010年03月15日 09:18
キムチで飲むのはいいですね。そういえば昔はツマミに「沢庵2切れ」というメニューのある店もあったもんだ。今でもあるかもしれない。てゆーか、僕は安焼酎でケツから噴射、口からも逆噴射な堅気のリリック、愛と欲望の政界再編はCIAの枠組みを超えるか?
Posted by 鉄カブトの珍風 at 2010年03月16日 14:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

禁断の果実に手をだそうとする鳩山内閣
Excerpt: 時効撤廃法案が閣議決定  6月施行目指す - livedoor ニュース via kwout 鳩山内閣が時効撤廃を閣議決定しましたが、鳩山内閣は支持率が危険水域とされる30%が目前にせまっているため、..
Weblog: PiichanのBlog
Tracked: 2010-03-14 11:08
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。