2010年03月18日

勝手口から御用聞きが貞操帯の鍵持って

最高裁の判断によってネットで「実名」などという議論は破綻したというべきでしょう。悪いけどインターネット利用者はヤクザから身を守らなければならないのです。もちろん回し者諸氏には害はありません。しかし多くのユーザは諸氏のような卑劣な人間ではない、てゆーか無名なもんでどっからも何の便宜も図ってもらっていないのです。だからこそバックドアの確保が急務となっていたりするわけで。

ネットカフェ規制条例を巡り委員会で質疑

 東京都議会警察・消防委員会が17日開かれ、インターネットカフェ業者に利用者の本人確認を義務付ける条例案の質疑が行われた。
 委員会では、共産都議が「ネットカフェ難民には身分証を持たない人もいる。ネットを利用しない人も規制の対象となるのは不合理だ」と条例案に反対する質問を行った。一方、警視庁幹部は「氏名や住居、生年月日の記載があるものならば本人確認書類になり、かなり多くの人が利用できる」となどと答弁した。
 条例案は、ネットカフェのパソコンを使った犯罪を防止することなどが目的。違反業者には営業停止命令を出せ、命令に従わない場合、1年以下の懲役または100万円以下の罰金といった罰則を設けている。成立すれば7月1日から施行される。

2010年3月17日 産経


東京都は先ず最初に去年の10月に、例の前田雅英さん「インターネットカフェ等を利用した犯罪等の防止対策の在り方に関する有識者懇談会」というのを立ち上げ、11月には「インターネットカフェ等を利用した犯罪等の防止対策の在り方に関する報告書」を出させました。この時点では「インターネットカフェ」という場所における「犯罪等」が問題になっていたわけです。

この報告書では、中でオマンコするやつがいる等、民草どもが目の届かない所で何をしているかわからん、との懸念を示し、その空間性に敵意を剥き出しにするあまり、ネットカフェにおける犯罪について以下の事実を明らかにしました。

都内のインターネットカフェにおける刑法犯の認知件数 679件
(2009年1月〜8月)

うち、窃盗 579件(85.3%)
   詐欺  67件(9.9%)


個室に鍵がかかりませんので置き引きなどが発生するのは当然で、施錠できないようにした法律の方に原因があるのですが、個室を施錠できなくてもコインロッカーなどを設けることによって相当に改善されるでしょう。したがってインターネット端末利用営業者はロッカーを設置しなければならない、以上。

しかし事実は事実として、事実に屈服するような前田さんではありません。そもそもオマワリさんはコインロッカーが好きではありません。鍵かかかっているからです。同様に「密室」も好きではありません。実はネットカフェは個室から鞄とかを持ち去れる程度の「密室」なんですが、どうも相互のエチケットによって「密室性」が保たれているようです。いきなりドアを開けたり、背伸びをして覗き込んだりするのはエチケットに反する行為であり、相互にプライバシーを尊重をしているわけですが、オマワリさんはこのプライバシーの尊重という、文化的な「鍵」も好きではないのです。

そこでネットカフェを潰したいわけですが、そこでの犯罪の発生を問題にすることは、嫌いな「鍵」を増やすことになってしまいますので、窃盗についてはあっさりと無視することになりました。すなわち現在では「目的」とされる「犯罪等」のターゲットが変更され、「ネットカフェのパソコンを使った犯罪を防止することなどが目的」になってしまったのです。「インターネット端末利用営業の規制に関する条例案」にはロッカー設置義務は存在しません。

条例案ではまず、利用者の相当部分を形成すると想定される、いわゆる「ネットカフェ難民」の排除を図ることによってその経営を圧迫しようとします。これでネットカフェ業者には相当のダメージが与えられると考えられており、店舗数の減少が見込まれています。もちろん、難民の皆さんには致命的なダメージが与えられ、やはりその人数の減少が見込まれていることは言うまでもありません。

この点、実は警視庁でも気にはしている模様で、条例が成立した場合の施行を7月としています。この時期であれば、野外におっ放り出されてもイキナリ死ぬことはないでしょう。要は施行直後の「アツい」時期を涼しい顔でやり過ごせばいいわけで、半年後には未明から早朝にかけて都内の路上にはよく凍り付いた連中がゴロゴロしていることになるでしょうが、そんなことは報道発表しませんから。

しかしながら、あまりマスゴミが書かない点は、この条例案に存在する警察の重大なエチケット違反行為なのです。

(通信端末機器特定記録等の作成義務等)
第6条
 インターネット端末利用営業者は、役務提供を終了した場合には、直ちに、公安委員会規則で定める方法により、顧客の本人確認記録を検索するための事項、顧客に提供した通信端末機器を特定するための事項その他の公安委員会規則で定める事項に関する記録(以下「通信端末機器特定記録等」という。)を作成しなければならない。
2 インターネット端末利用営業者は、通信端末機器特定記録等を、役務提供を終了した日から、3年間保存しなければならない。


条例案によるとネットカフェでは「通信端末機器特定記録等」を作成しなければならず、それを3年間保存しなければならないとされています。「顧客の本人確認記録を検索するための事項、顧客に提供した通信端末機器を特定するための事項」というのは、誰が何年何月何日の何時から何時までどの端末を使用したかということです。「その他の公安委員会規則で定める事項」とはここには書けないような、例えば通信の記録もしくは端末機器の操作の記録であると考えられます。すなわち「what」に関する情報です。

いくらオマワリさんが「鍵」が嫌いだといっても、自分が合鍵を持った裏口がある場合はその限りではありません。しかし一体どこの喫茶店が客の会話を記録して警察に密告するというのか。「捜査協力費」でも頂ければ話は別かも知れませんが、金で魂を売りオマワリさんと一緒に冥府魔道に堕ちる覚悟をするんならともかく、密告を義務づけるなんて「北」でもアルマーニ。東京に居ながらにして「拉致被害者」になった気分ですが、警察官は「この条例の施行に必要な限度において」無制限かつ随意にネットカフェをうろつき、記録を覗くことが出来ますから大歓迎でしょう。実際にあなたが特定の時間にネットにアクセスし、キーボード入力でも筒抜けになれば、技術的に匿名性を確保しても何の役にも立ちません。

夜は串焼きで一杯、その後ラーメンを食べてからネットカフェに行って「不味い」とか「食えたもんじゃない」とか書き込むのは構いませんが、お店を経営する河相我聞さんや藤崎奈々子さん、デビット伊藤さんなどのことを色々と面白く書いたりしてはいけません。林家喜久扇さんについてはネタとして大喜利で悪口を言ってもよいことになっていますが、黒須英治さんは『笑点』のメンバーではありませんので注意が必要でしょう。交番のオマワリさんは出前のラーメンを食べているものと相場が決まっていますが、いつも美味しいラーメンを提供してくれるラーメン屋さんには恩返しをしたいと思っているものです。


posted by 珍風 at 10:02| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
情報統制が都合のいい国作りの第一歩。なんて言葉があるかどうかは知りませんが、彼らにとってはまぁそう言うことなんでしょう。
そう言えば白井サンジャッジに対して比較的リベラルだと誰かが言ってる朝日と東京が賛同の意を社説で示されておられますが、これはネットが自社の存亡に関わるものだと言う危機感の表れなんでしょう。ビヴァ自己防衛本能。ツッコミ所満載なのはご愛嬌です。
まぁ国民政治の最大の敵は民主主義なんて寄稿を載せる自称公平中立のサン何とかに比べればまだまだカワイイもんですが。
Posted by ika@最低レベルを競ってます at 2010年03月18日 16:09
ネットカフェ条例案、都議会委員会で可決
http://www.mbs.jp/news/jnn_4382177_zen.shtml

委員会では可決したらしい。あとは30日の採決次第だが、どうも民主は賛成に回る様子。
そういえば中国でもネットカフェ規制の話題が出てるねぇ。こんなんで日本のほうが先進国になってどうするんだか。

ネットカフェ国有化に抵抗を見せる中国ネットユーザー
http://ascii.jp/elem/000/000/504/504485/
ネットカフェ国有化とは、すなわち既存の私営ネットカフェを一旦一掃した上で、ネットカフェをすべて公営、公共のものとするということ。これをネットユーザーが見逃すはずもなく、賛否両論が巻き起こっている。
Posted by gen at 2010年03月18日 23:01
>ika様
画一的な情報が均一に流通している領域が、情報の面から見た国家とゆーもんでしてね、「公用語」ってのを定めるのが先ず第一でしょう。マスゴミは情報の多様性の振幅を決めてるんですけど、新聞が描く土俵の直径は狭い。TVはもっと狭いが。ネットはいわばアングラ言語が表に出て来たようなもんで、方言みたいなもんかね。人形塗ったり首から札下げたり。

>gen様
中国はある段階で「自由化」しかねない。そん時には日本はあらゆる意味で「後退国」に転落するんじゃないか。200年ばかり栄えて何も残さなかった島になる。
Posted by 最低国民珍風 at 2010年03月19日 09:46
まぁ現行マスコミは一プロレス団体みたいなんもんでリングの広さもルールもレフェリーも選手の選別もブッキングもストーリーもスポンサーの意を汲んで好きにやらせてもらってます。みたいな感じがしますね。
で、団体に参加しない選手は藁人形作って好き放題ぶっ叩いて凱歌を上げると。でもそんなウソをウソと見抜けずに応援する観客も多いようで。いやウソと解ってて応援している人も多いんだろうけど。
Posted by ヴィンス・マクマホン・ika at 2010年03月19日 12:12
WWEといえば、「アルカイダの友人」クニオ・ピジョンが出て来たり、日本平和神軍総督が軍団を引き連れて参戦したりと、あいかわらず目が離せません。
Posted by 珍風 Jr. at 2010年03月20日 11:50
我が知事さまも必ずこの規制を言い出すだろうと思ってましたが、こっちのネタが先でした。
「石原慎太郎都知事らしい、太い政治信条に基づいた条例案」なんてなかなか言える言葉じゃございませんぜ、ダンナ。
自称剣道有段者さんはまだかなー
http://sankei.jp.msn.com/politics/local/100319/lcl1003191318001-n1.htm
Posted by ika@大阪都民になる日も近い at 2010年03月24日 08:44
その話はここじゃないんだが。改正案のほうね。石原さんは「まだ精読していない」とか「作り方がまだ未熟」だとか、今から「僕自身の目で見届け」るんだとか、たしかに「石原慎太郎知事らしい」、「太い」態度であったといえるでしょう。橋下さんによるとああいうのが「政治信条」なんですって。きっと大阪弁やろね。一方、某半島の防犯党の非実在有段者さんはねー。「移動交番」も、千葉県では以前存在したものが復活しただけの話のようだし。あんまり話題がないので4月から千葉テレビで「おれは男だ!」を放送するんだそうです。
Posted by 珍風再再再再再再再再再再再再再再放送 at 2010年03月24日 21:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。