2010年03月19日

規範意識の低下2.0 または規範低下の意識

ネットカフェ規制条例案が委員会で可決

 東京都議会警察・消防委員会が18日開かれ、インターネットカフェの匿名性を悪用した犯罪防止を目的とするネット端末利用営業の規制条例案が可決した。
 条例案はネットカフェなどに都公安委員会への営業届や利用者の本人確認を義務化。違反業者には営業停止命令を出せ、命令に従わない場合、1年以下の懲役または100万円以下の罰金といった罰則を設けている。

2010年3月18日 産経ニュース


産経ニュースさんの記事には「このニュースのトピックス」ってのが付いてて、「トピックス」別に分類されるわけですが、この記事の「トピックス」は「首都決戦’09都議選」というのです。何を去年の話をしてるんだと思うかも知れませんが、例えば有権者はこのようにして投票の結果を刈り取るのですから、この「トピックス」はナカナカ秀逸なもんだと考えることも出来るでしょう。

そこで、東京都議会の警察・消防委員会のメンバーを、東京都の有権者の皆さんの戒めのために選出選挙区を明らかにしながら以下に列挙致しますので、心当たりのある方はこれからでも遅くはないので心を入れ替えましょう。

警察・消防委員会(定数14人 現員14人)

委員長
石森たかゆき(自) 八王子

副委員長
東村邦浩(公) 八王子
酒井大史(民) 立川

理事
吉野利明(自) 三鷹 
和田宗春(民) 北 
吉田信夫(共) 杉並

委員
土屋たかゆき(無(維)) 板橋
ともとし春久(公) 足立
中嶋義雄(公) 世田谷
宮崎章(自) 立川
比留間敏夫(自) 府中
山下太郎(民) 北多摩第四
大沢昇(民) 江東
田中良(民) 杉並


もっとも、実はこの連中、共産党の吉田さんを除いて全員賛成しちゃったんですから呆れたものです。吉田さんは、それでもオマワリさんの気に触らないように、「難民」のことを心配してみせたのですが、

ネットカフェ規制 本人確認の書類 『免許証以外も広く』

 都内のインターネットカフェに、利用客の本人確認を義務付ける都条例案をめぐる警視庁への質疑が十七日、都議会の警察・消防委員会であった。運転免許証などを持たない人たちが利用できなくなるとの懸念に、警視庁は「本人確認できる書類の対象を広くすることで、多くは利用できる」と答えた。十八日の同委員会で採決される。
 今回の規制は、個室でインターネットが利用できるネットカフェや漫画喫茶など五百店舗ほどが対象。利用時に名前と住所、生年月日が分かる書類が必要になるため、共産党の吉田信夫議員は「失業や派遣切りで住居を奪われた『ネットカフェ難民』たちが排除されかねない」と指摘した。
 これに対し、山下史雄生活安全部長は「あくまで目的は犯行をやりにくい環境づくり」と強調。健康保険証や雇用保険受給資格者証、戸籍抄本など、本人確認できる書類を広く認めることで、「ネットカフェ難民のかなり多くの方が利用できる」とした。
 都内のネットカフェのうち、個室がないなど、規制対象にならない店舗も約一割あり、「まったく身分証を持たない人も従来通り利用できる」と述べた。
 警視庁ハイテク犯罪対策総合センターが、昨年一年間に受理した事件性のある相談二千百六十三件のうち、ネットカフェなどの利用は約百件。「接続元を特定できないものを除き、数十件のハイテク犯罪が摘発可能になる」との効果も挙げた。

2010年3月18日 東京新聞


警視庁は行き場のない人たちに極めて冷淡です。てゆーか、実はそんなことは考えてもいなかったようで、生安部長の山下さんの答弁はいい加減なものです。「難民」の皆さんは、こう言ってはナンですが、そんな「書類」なんて持ち合わせていないでしょうし、取得できる見込みもありません。仕事がないか、あっても健康保険に入れてもらえないので保険証はありませんし、住所がないので国民健康保険の加入も困難です。「雇用保険受給資格者証」に至ってはタチの悪い冗談としか思えませんし、ネットカフェを泊まり歩いている人は戸籍抄本をどこに送ってもらえば良いのか。

吉田さんの意見に対して、条例案の「目的」などを「強調」するのはお門違いです。「数十件のハイテク犯罪が摘発可能になる」という「効果」も、全然話が違います。「目的」の外で発生する「効果」を指摘しているんですから。お役人のよくやる手法で話を逸らしたつもりなんでしょうけど、オマワリさんが生活に困っている人のことなど思ってもみなかったという現状が明らかになっただけです。「個室がないなど、規制対象にならない店舗」で眠ってたら、それこそ「窃盗」が増えますが。もっとも、飲食店などで置き引きが「増加」したらしたで、これはしめたもので、コーヒー一杯飲むのにも免許証を提示しなければならなくすれば良いのですから、何も問題はありません。

ところで、「インターネット端末利用営業」をヤミで開設するのは極めて容易ですから、犯罪目的の人の需要に応じて色々な業態が考えられます。この条例案では、過去の犯罪であれば摘発可能かも知れませんが、犯罪の方で条例に対応してくれるので、これから発生する犯罪を抑止することは出来ません。オマワリさんが馬鹿なのか利口なのか知りませんが、「目的」は「効果」を挙げられず、目的外の「効果」が現れるのは当然、彼等の予想の範囲でしょう。

しかし「難民」の問題は、彼等の想定する「目的外の効果」においても度外視されていたようなのですから、やっぱりあまり利口とは言えないようです。条例案の提出者としては言い逃れに終始するのもやむを得ません。しかしながら、目の前で吉田さんが指摘しているにも関わらず、民主党と自民党と公明党と一人維新は、使い捨てられて放り出された人が路上で野垂れ死ぬのに賛成したようです。この次にはこの連中のほうが議会から追い出され、野垂れ死にするのが自然の流れでしょう。

ちなみに、何も悪いことをしていないのにオマワリさんに覗き見をされるというのは、あまり気持ちのいいものではありません。これはあたかも犯罪者に対する扱いを受けるが如きですが、自分は犯罪を犯した積もりがないのですから不協和が発生します。この不協和を解決するひとつの方策として、人は心理的に犯罪者に「接近」する可能性があります。いわば自らを法規範と対立関係に想定するべく追いやられるというわけですが、これこそが「規範意識の低下」というものです。何を隠そう、当ブログは「規範意識の低下」でググると11件目に出てくるのです。僕が「規範意識」を重視することかくの如くでありますが、当たり前の世の中であればともかく、法が法たらざればそれこそが当たり前の心がけというものでしょう。


posted by 珍風 at 11:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
委員会での民主のスルーは残念だな。まあ反対しても多数決で負けるから可決されてたけど。30日の採決で民主、ネット、共産で否決にもっていけるかな? 無理か。
Posted by gen at 2010年03月19日 13:05
民主も権力の座についてみれば上から目線、下々がちょろちょろ走ったり巣穴を出たり入ったりするのは目障りなものなんじゃない?
Posted by 鼠小僧珍風 at 2010年03月20日 11:56
築地は民主が妥協したみたいね。
こういうことやってるから支持落とすと思うんだがなー。
あとやっぱりネットカフェ規制来たな。

東京都議会で来年度予算が成立
http://www.mbs.jp/news/jnn_4391681_zen.shtml

築地市場の移転問題で揺れた東京都議会は、30日午後、本会議が行われ、市場の移転先となる江東区豊洲の土地購入費を盛り込んだ来年度予算案が可決・成立しました。

「築地での再整備の検討結果を知事が尊重する」ことなどが条件として加えられました。
また、全国で初めてインターネットカフェに対し、利用者の本人確認や利用記録の保存などを義務づけた罰則付きの条例も成立、7月から施行されます。(30日15:18)
Posted by gen at 2010年03月30日 16:32
「ネット犯罪」がネットカフェでは行なわれていないことを警察は知っています。無線LANでやるに決まってるじゃないか。
Posted by 珍風死毒市場 at 2010年03月31日 11:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。