2010年03月23日

リサイクル禿

おやや

生方副幹事長の解任撤回=参院選考慮、小沢氏「おわびする」−民主

 民主党は23日夕の常任幹事会で、小沢一郎幹事長を批判した生方幸夫副幹事長を解任する執行部の方針を撤回し、続投させることを決めた。党内外から「言論封殺」などと激しい批判を浴び、解任すれば夏の参院選にマイナスになると判断した。これに先立ち、小沢氏は国会内で生方氏と会談し「もう一度副幹事長として私を補佐してほしい」と要請。生方氏は「私も民主党議員だから断る理由はない」と受け入れた。
 常任幹事会で、小沢氏は「融和、団結、挙党一致が大事だ。幹事長室としてお騒がせしたことをおわびする」と陳謝した。小沢氏は、自身の「政治とカネ」に加え、生方氏の問題でも世論の反発を招き、解任方針の撤回に追い込まれた。党内での求心力がさらに低下する可能性もありそうだ。
 会談後の記者会見で、小沢氏は「参院選を控えて党の団結、協力が大事なときだから、生方君も皆と仲良く職務に全力を挙げてほしい」と述べ、参院選を考慮しての判断であることを明らかにした。一方、鳩山由紀夫首相は記者団に「幹事長も考えた末の結論と思う。党の中でしっかり議論することになるから良かった」と語った。 

2010年3月23日 時事



「融和、団結、挙党一致が大事」なんだそうです。「追い込まれた」かどうかは知りませんが、そういえば小沢さんは始めから「もうちょっと何とかなんなかったの?」という感じだったようです。したがって生方さんは「権限と財源をどなたか一人が握っている」状況に助けられたという言い方も出来そうです。だって本当に行き場ってないんですから。せいぜい社民党くらいかなという感じなんですが、しかしそれじゃ「死ね」と言うようなもんです。それは芸者を止めてから言えば良いのです。

小沢さんは「みんなと仲良く」と言っているんです。「友愛」か何かの言い換えかも知れませんが、多分、小沢さんは「小沢派」だの「反小沢派」だのといったアングルを拒否したいのではないでしょうか。まあ確かに民主党には色々な人がいますから、色々な点で意見の合わないことも多いわけですし、事は世界観に関わったりもしますから、単にある論点に関する意見の相違、では片付けられなかったりもするわけですが、これを「点」ではなくて連続した抗争として見せているのはマスゴミなのかも知れません。

このようなアングルは、もちろんコイヌミが大々的に使用したものでした。コイヌミは党内における対立を先鋭化することによってストーリーを自民党内で完結する事によって勝利を収めたわけです。選挙を「自民党劇場」にしてしまうことによって。しかしその結果どうなったかというと、ご存知の通りのああいうことになっているわけで、実際のところ、あれはやっぱりマズかったとしか言いようがありません。もっとも、ああでもしなければ勝てなかった、という事情は理解できないでもありません。

コイヌミは自分は引退し、取るに足らないドラ息子が無闇に目立つ環境を整えたのですから個人的には成功したんでしょうけど、周りは良い迷惑であったというべきでしょう。しかしながらマスゴミにはマスゴミとしての思惑がある事も確かです。コイヌミの時は、要するに「盛り上がった」んで、また同じ事をしたいのです。

しかし小沢さんはマスゴミのアングルに乗る気はないようなのです。民主党はコイヌミのマネをしなければならない程に追い詰められているわけではないのですから、それは正解でしょう。マネしてもロクな事はないのでますます正解です。実際に小沢さんは去年の「疑惑」の時に党代表を辞任し、抗争アングルを無効化して勝ってみせたという実績があります。今回も小沢さんが狙っているのはアングルの無効化であると思われます。つまり対立点を党内ではなく党と党との間に置くことです。

しかし、去年とは違い、これは現在では困難になって来ています。一体どこの党と「対立」すれば良いのか。民主党の敵役となってくれる政党がいないのであり、党内抗争アングルはそのような状況を反映しています。しかしそのアングルは「対立点」に位置する小沢さんに状況を決する力を与えているでしょう。要するに例えば頃合いを見て一旦幹事長を辞任してみせるくらいの事は当然考えられるのであって、その際には現在の政治面を賑わしているような動向の全てが脱臼することになりかねません。

もちろん、民主党の勝利、あるいは敗北から政界再編へと、目指す場所によって動きは異なるかも知れません。しかしながら政界再編を目指すことができるほど自民党が十分に壊れていないのが現状ですから、当面は自民党にとどめを刺さなければならないでしょう。したがって今回の選挙の目標は自民党への解党的追い打ち、という事になると思われます。ところで、それで何をどうしようというのか。


posted by 珍風 at 22:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これは自民がお得意だったプロレスでも無さそうで何なんでしょうか。さっぱりわかりませんが、マスコミが喜んだことだけは間違いないぜit's true, it's damn true!
「民主の不安要素」小沢氏がトップ 朝日新聞世論調査」
http://www.asahi.com/politics/update/0324/TKY201003230549.html
「日本の不安要素」マスコミがトップ てな世論調査はありませんか、そうですか。
Posted by ika@カート・アングルのファンだった at 2010年03月24日 08:53
「小沢さんの影響力が強い」のが「不安」で1位、「期待」で3位。良い数字ですね。そこで今度はディーバの登場。カードキーを蛤の殻の隙間に挿し込んで中身を切り裂こうという、戦慄すべき荒技を繰り出すデスマッチの様相です。まあしかし、あの人は「新進党時代から同党の小沢一郎幹事長と政治行動をともにしてきた」なんて言われてるけど、外しちゃっていいんじゃないですかね。
Posted by ミスター珍風 at 2010年03月24日 21:54
「図に乗る」ってのを「ウブカタる」と言い換える法案成立か

生方氏「小沢氏、証人喚問を」 高嶋氏には謝罪要求
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100325-00000063-san-pol
そろそろロックさまが登場してピープルズエルボーをお見舞いするストーリーを書いてくれませんかね
Posted by ika@If you smellalalalala・・・ at 2010年03月25日 11:34
どうして高嶋さんがピープルに謝罪しなくちゃならんのだ。生方さんに対してならともかくとして。そんな生方さんは「彼の人間性だからあまり論評したくない」とまで言われちゃってるんだね。「人間性」か。何も千葉だからってそこまで言わんでも。
Posted by 性人間珍風 at 2010年03月25日 11:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。