2010年04月14日

「オリコン」のチャートってのは「アレ」だから

たちあがれ日本:略称は「日本」


 新党「たちあがれ日本」は13日、7月の参院選比例代表で使う略称を「日本」とする方針を決めた。昨年の衆院選比例代表では新党日本が「日本」を使用しており、今回の参院選で両党が同じ略称を使えば、獲得票数に応じて案分される。「日本」票がすべて新党日本の得票になるのを防ぐ狙いがある。総務省によると同一略称は法的に問題ないが、前例はない。

2010年4月13日 毎日新聞


せっかく「たちんぽ」という秀逸な略称を考えてあげたのに、採用されなかったのは残念至極であります。複数の政党が同じ略称を使っても良い、てゆーか「法的に問題ない」というのは、立法者がそういうことが起こることを想定していなかったわけです。こういうのを日本語の一般的な表現で「法の網をくぐる」といいます。

ほとんどの政党はプライドというものがあるようなので、そういうことはしません。政党というものの本質からして他との違いを強調したいところでありますから、混同されるようなことは避けるのが常識であります。まあ、他の政党、わけても自民党との「違い」を強調しようにもしようがないというアイデンティティの希薄さがこのような事態に立ち至ったもともとの原因なのかもしれません。

たちんぽは今後誰かが当選しても、他党の票を詐欺的にかすめ取った疑いが永久について回るわけですが、同じことは新党日本にも言おうと思えば言えることになるわけです。そこで「元祖日本」の田中さんは「同じ物書きなのに著作権の意識が違うのか」と苦言を呈するのももっともなことなのですが、事は『アルプスの少女ハイジ』に種本があったとかいう次元の話ではありません。これは「コピー商品」とか「偽ブランド」に該当するのです。

世間にはこのような例が多いようで、「Hitacchi」とか「SQNY」という家電ブランドがあったり、「PolyStation」というゲーム機も存在します。「NICE」のシューズなどはあるいは有名かもしれませんが「NIRE」とか「NKIE」などというワケの分かんないものもあるのが世間の広いところです。「TUNA」は単なる冗談でしょう。「FOUM」とか「PMUA」などは「PUMA」のニセモノです。

しかしこれらのパチモンは、フォントを同じにしたりして見た目を似せているとはいえ、商標そのものはよく見れば違うわけですから、比較的良心的な例です。全く同じデザインを使用した言い訳のきかない「完コピ」商品もあります。そして「本物」のブランド品がまるでウソみたいな価格で販売されているのに対して、「偽物」の方は比較的納得しやすい価格で販売されていたりするものです。

まあ、いずれにしてもマトモな職人はそういうものを作っていないようです。政党というものは言葉で活動するもんですから、言葉の職人としての「物書き」というものを考えるとすれば、石原さんはマトモな鞄職人が偽物作りに堕ちたようなもんでしょう。

ところで今週のヒットチャート情報ですが、禿ネズミは橋下とユニット結成か!?

橋下氏 舛添氏と“電話会談”したけど連携否定


 大阪府の橋下知事は、舛添氏が新党旗揚げの模索を始めたことに関連し「同じ党とか、国政でどうのこうのというのはない。一緒にという話は全くない」と述べ、新党との連携や同一行動を強く否定した。橋下氏は大阪府と大阪市の再編などを目指し19日に立ち上げる「大阪維新の会」を念頭に、「僕は地域政党でやる」と述べ、夏の参院選よりも来春の統一地方選を重視する考えを強調した。ただ、最近舛添氏と経済特区に関して電話で話したという。

2010年4月14日 Sponichi Annex


橋下さんは例によって「ない」と言っていますが、言ったことが信用できない点ではこちらが元祖、嘘つきの本家本元ですからまたもや20000%です。もっとも「2万パーセント」は多分橋下さんの言い間違いで、職業柄債権利回り単位に使うベーシスポイント(万分率)のことを言いたかったのですが、たまたま頭の調子が悪くて「万パーセント」と言ってしまったのかも知れません。あり得る話です。

2ベーシスポイントは最小単位の2倍すなわち0.02%であり、ほとんど可能性がない事、否定を表します。あの時は二重否定で肯定を表したものでしょう。今回は頭の調子が更に悪いようで、「ベーシスポイント」も「万パーセント」も忘れてしまったようで、「全くない」と言っていますが、接触している以上「全く」はあり得ないでしょう。「ない」可能性は1ベーシスポイント=0.01%=1「万パーセント」。

もっともプロデュースにやしきたかじんがつく可能性があり、彼は宝塚や吉本新喜劇のTV中継同様、関東のチャートでは上位を狙えませんから「地域政党でやる」可能性も否定できません。「関ジャニ8」みたいなもんですか。違いますか。間者ニエット・ハラショー。


posted by 珍風 at 11:50| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なりふり構っていられない自民党も「日本自民党」に改名しちゃえばいいのに。あれ? 「日本」票は日本共産党には「案分」されないのでしょうか。何だかよく分りません。それにしても、そのまんま&チンカス弁護士を呼び寄せて舛添新党ですか。ズバリこっちの党名は「タレン党」で決りでしょう。
Posted by やきあがれ日本 at 2010年04月14日 12:45
プライドだけじゃぁメシは食えねぇぜ。ってのを身を持って教えてくださる奇特なご老人の方々のことはさて置き、ハシゲさんにはとっとと知事辞めてもらって国政でもハンカクセイでも何でもいいから参加していただきたいと切に願う身勝手な大阪市民なのでありました。
Posted by ひまだ@ウソツキは知事の嗜み at 2010年04月14日 13:52
>やきあがれ日本様

あれは「生えてこい日本」。何がって、あなた、そんな。


>ひまだ@ウソツキは知事の嗜み様

髪の毛ですよ。そんなこと言ったらバカすぎてどこからもお声のかからない森田さんを抱えちゃった千葉県のやきとりさんはどうすればいいんですか。カツラを取れば仲間に入れてくれますか。

Posted by お、俺だって珍風 at 2010年04月14日 21:25
またまた千葉県に言及してくださり、まことにありがとうございます。健作は今日もクチを「ヘ」の字に結び、議会で道徳教育の必要性などをブッております。しかしあの人が言うと全部冗談に聞こえるのが救いです。県民の誰もが半笑いで聞いています。千葉テレビの深夜バラエティ番組のレギュラーが4月から始まりました。つまり「タレント知事」ではなく「知事タレント」なのですね。あ、男根もそのまんまもチンカス弁護士もそうか。
Posted by はげあがれやきとり at 2010年04月15日 11:55
もしかしてコレですか?
http://www.chiba-tv.com/boso-tv/

八波一起さんですか。お懐かしいですな。仕事が見つかって何より。てゆーか何よこれ。

>千葉をいじって、いじって、いじり倒す!

僕もたまにいじりますからいいんですけどね。そんなモノいじってると病気になっちゃうよ。

>生で!熱血BO-SO人

生ですか。ますます病気ですが、森田さんは季節感がどーかしてる青いジャケットに白いパンツ、知らない人が見たら八波一起さんのほうが知事に見えますが。森田さんはブッチャーブラザーズの鞄持ちにしか見えません。芸能人と混じると知事には見えず、知事として出てくるとタレントにしか見えない、どこから借りてきたやら「レント知事」。
Posted by レンタル珍風 at 2010年04月16日 03:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。